Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.06.18

話題のクルマを品定め!
〈メルセデス・ベンツ〉Gクラス

ワイルド&タフな『Safari』世代ならみ〜んな大好き、〈メルセデス・ベンツ〉Gクラスがとうとうフルモデルチェンジ! 

先日、六本木にある同社の情報発信拠点“メルセデスミー東京”にて、日本のファンにもお披露目となった。
実は今回のフルモデルチェンジ、クルマ業界やクルマニアたちをもザワつかせた、“超大改良”を孕んでいる。なにがどう変わったか? 高感度なお洒落さだけでは語り尽くせない、Gクラスの真の魅力をおさらいしよう。

シビれるのは四角いカタチと武骨な走り!

いわずと知れた本格派オフローダー“Gクラス”は、日本のみならず世界中のセレブを虜にしてきた超人気モデル。その大きな理由のひとつは、流行を超えたところに存在する普遍的な機能美。つまり、無駄なくシンプルなラインで構成された典型的な“四駆ルックス”を、1979年のモデル誕生当時から継承し続けていることだろう。
さらに、コレをただの武骨な“四駆ルック”に終わらせないのが〈メルセデス・ベンツ〉。ドアを開けたらそこに広がるのは、本革を多用したゴージャスなインテリアなのだからたまらない。





そして、さらなる魅力は走りにこそ存在する。
ほかの〈メルセデス・ベンツ〉車とは一線を画す個性的な走行フィールは、道なき道を行く、軍用由来の悪路走破性を守り続けて来た結果によるもの。誕生以来、モデル消滅の危機が囁かれたこともあったけれど、今日こうして無事、ドル箱売れっ子アイドルとして、堂々モデルチェンジを果たしたのだ。




 

NEXT 新型Gクラスの注目点とは?

2/2PAGE

 

ついに自慢のラダーフレームを新設計!

今回の注目点は、なんといっても1979年以来ず〜っと継承されてきたラダーフレーム(はしご型のボディ構造)が、新設計のそれに置き換えられたこと。
骨格から別モノになる、というのがややもすればショッキングに受け止められがちなのだが、むろんこれは強度や剛性、そして安全性が高められたということにほかならない。



併せて、サスペンションも変更。メルセデスAMG社との協業により、登坂能力を向上。最低地上高を高め、また渡河水深も従来比で10cm以上(!)拡げているなど、オフロードでの走破性の向上はもちろん、オンロードでの走行性を高めている。

人気を支えるデザインは、コンセプトを踏襲してくれたのが嬉しい限り。とはいえ、よ〜く見ればちょっとお目目(ヘッドライト)がつぶらになったかも。しかし、ライトをONにすれば印象一転。丸形LEDの縁取りによって、かつての目力を、より先進的に取り戻すのが面白い。ラジエターグリルやバンパー、リアライトも最新デザインにアップデイトされているから、ここにも注目を。



面白いのは、Gクラスの個性ともいえるフラットなガラス類(フロント/リア/サイド)に、実はすべて微細な曲面をつけ、エアロダイナミクスに貢献させている、というところ。オンロード使用も多分に見込まれるGクラス、さすがの職人ワザがここでも効く。

また、オンロード使用といえば気になる燃費だが、こちらも改良。G 550に積まれる4.0ℓV8ツインターボエンジンは最高出力422ps、最大トルク610Nmというモンスタースペックだが、今回の改良で気筒休止システムを搭載し、燃費の向上を図ったのは喜ばしいニュースだろう。「Gクラス、燃費がね……」はオーナーの常套句だったもの。もちろんインテリアも一新され、よりモダンなイメージに生まれ変わっている。





ここまで説明をすると、実物を見てみたくなったでしょう!
今まさに、六本木の「メルセデスミーネクストドア」にはGクラスの魅力が体験出来る本格派オフロードコースが誕生! 予約制で堅牢な走破性を体験できる。6月24日までだから、気になる人は急いで!
また、関西方面のファンは7月に期待! 国内2つめの“メルセデスミー”である“メルセデスミー大阪”プレゼンツのイベントが、7月14、15、16日の3日間で開催予定。グランフロント大阪のうめきた広場にて、オフロード体験コースなどを企画中だそう。乞うご期待!





★DATA(G 550)
●全長×全幅×全高:4817×1931×1969mm
●エンジン:DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付き
●トランスミッション:9速AT
●最高出力:310kW(422PS)/5250~5500rpm
●最大トルク:610N・m(62.2kgf・m)/2000~4750rpm
●駆動方式:4WD
●税込み価格:1562万円

Information

●メルセデス・コール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ