Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.07.30

話題のクルマを品定め!
〈マクラーレン〉600LT

ブランド名からして世界のモーターレースの最高峰“フォーミュラ・ワン”にイメージが直結。孤高のスポーツカー&スーパーカーメーカーといえば“マクラーレン・オートモーティブ”だ。

モータースポーツ由来のスーパーテクノロジーを駆使。手作業でプロダクトを組み立てるという魅力的なこのメーカーは、ハイパフォーマンスなロードカーを数多く輩出してきた。
だけど、クルマはあまりにもスパルタンだし、どこで買えるのかよくわからないし、憧れはあるけれど見たことないしで、距離を感じていた読者諸兄も多いのではないだろうか。

しかし、今後はちょくちょく“マクラーレン・オートモーティブ”の名前を耳にする&手に入るチャンスが多くなりそう。その可能性を感じさせるニュースが先日、イギリスで発表されたのでいち早くチェックしておこう。


 

NEXT 気になるニュースの内容は?

2/5PAGE

〈マクラーレン〉の快進撃はじまる!

先日、同社の本拠地イギリスで発表された“トラック25”という戦略がソレ。
なんと12億ポンド(日本円にして約1800億円!)を投資し、2025年までに18のニューモデルを市場に導入することをアナウンス。しかも同社のスポーツカー及びスーパーカーシリーズすべてをハイブリッド化。ミッドエンジンのスポーツカーおよびスーパーカーの生産台数を年間6000台に拡大するという。自動車販売において6000というのは、決して大きな数字ではないのだけど、少なくとも同社にとっては、画期的な数字であることは間違いない。

さて、この“トラック25”を成功に導くため、“マクラーレン・オートモーティブ”は昨年からすでにコンスタントにニューモデルを日本にも導入してきている。
2017年は第二世代のスーパーシリーズである“570S スパイダー”、そしてかのF1 ドライバーの名を冠し、すでに全車ソールドアウトという“マクラーレン セナ”と立て続けに新車を発表した。そして今年2018年7月30日、いよいよ日本でもお披露目となったのが“600LT”!







LTというのは“ロングテール”の意味。かつて限定発売され、レースでのパフォーマンスを想定していなかったにも関わらず、数々の優勝や好成績を勝ち取った伝説のロードカー、〈マクラーレン〉F1 GTR“ロングテール”に由来し、真のハイパフォーマンスモデルに与えられる称号だ。
 

NEXT 気になる動力性能は?

3/5PAGE

怒涛のスペックに超軽量ボディ!

3.8ℓV8ツインターボエンジンで最高出力は600PS、最大トルクは620Nmとまさにレーシングスペック。注目はその車両重量で、なんとわずか1247kgしかない。そのため、パワーウエイトレシオが2.08Kg/PSと、異次元の加速やクルーズを体感できる仕上がりになっている。






 

NEXT 内装だってスパルタン!

4/5PAGE

カーボンとアルカンターラ使いにシビレる!

そんなにもスパルタンなのにもかかわらず、内装はカーボンファイバーとアルカンターラに覆われ、エレガンスさえも醸し出す演出。しかし、この材質にももちろん、軽量化が図られているあたりはさすがのひと言だ。









生産はすべて英国・サリー州ウォーキングの“マクラーレン・プロダクション・センター”にて手作業で制作され、完全なる限定生産(2018年10月から約12カ月間の製造)にて台数を限定するそうだ。

現在、“マクラーレン・オートモーティブ”は日本にも正規法人を置き、ショールームも展開している。発表されるモデルのほとんどが2週間くらいで完売してしまう同社プロダクト。「一生一度は〈マクラーレン〉!」なアナタは、是非2025年までに検討を!
 

NEXT 気になるスペックは?

5/5PAGE

 

★DATA
●全長×全幅×全高:4604×1930×1194mm
●車両重量:1247kg
●エンジン:3.8ℓV8 M838TEツインターボ
●トランスミッション:7速SSG
●最高出力:441kW(600PS)/7500rpm
●最大トルク:620Nm/5500~6500rpm
●駆動方式:RWD
●最高速度:328km/h

Information

●マクラーレン・オートモーティブ 
URL:jp.cars.mclaren.com/

 

文=今井優杏 text:Yuki Imai
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ