Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.08.20

話題のクルマを品定め!
〈アルピーヌ〉A110

たま〜にこういう“飛び道具”みたいなクルマを出してくるから、ラテンは面白く、目が離せないのだ。

自動車ギョーカイの重鎮達、つまり普段は“ジャーマン・ファースト”なクルマの嗜好を持ち合わせる目の肥えたエンスー達だって、コイツの登場にはザワついたっていうほどの1台。それが今回ご紹介する〈アルピーヌ〉A110だ。そう、かのフランスの誇る往年のコンパクトスポーツの復活版が、いよいよ日本にもやってきたってわけ!

クルマ好きなら見たことのあるあの名車!

1995年に一度消滅したものの、〈アルピーヌ〉の歴史は華々しい。1956年、フランスのレーシングドライバーであるジャン・レデレによって設立されたのち、この小さな自動車メーカーの作るクルマは、山岳を駆け抜けるアルペンラリーやル・マン24時間レースなどで、〈ポルシェ〉〈フォード〉〈フェラーリ〉と肩を並べる活躍を見せた。
特にラリー界において、〈アルピーヌ〉の名を不動のものにしたのが、ほかでもない初代A110。その生産は1977年に終了し、今回の復活が実に40年ぶりとなる。









そんな昔のことをよく知らない若い読者でも、このA110に心を奪われる人は少なくないはずだ。小柄で流麗なボディラインを持つ、2シータースポーツクーペ。どこか爬虫類を思わせるような有機的なデザインは、先進的であると同時に既視感を抱かせるという、相反する不思議な印象を兼ね備えている。それもそのはず。この新型A110、初代A110のデザインやコンセプトを多く踏襲しているってことは、新旧のデザインを比較すれば一目瞭然! それにしても改めて、今見ても古さをまったく感じさせない、初代A110のデザイン性の高さにはビックリしてしまう。
 

NEXT 軽量コンパクトボディで異次元の走りへ!

2/4PAGE

 

軽量コンパクトボディで異次元の走りへ!

ボディサイズは全長4205mm×全幅1800mm×全高1250mm。先代ほどとはいかないまでも、十分にコンパクトだ。さらに注目はレーシング由来らしい、徹底した軽量化。なんと日本導入の最初のモデルとなる“A110 プルミエールエディシオン”(現在は完売)でも1110kgとかなりスキニー。車体はオールアルミ製で、剛性と軽量化を高い次元で実現している。







この軽量かつコンパクトなボディを動かすエンジンは新開発1.8ℓ直4ターボ。最高出力は252ps、最大トルクは320Nmを2000rpmという低いところから発生させる。組み合わされるのは7速DCTで、最高速度は250km/hとなる。
駆動方式は初代のRRを踏襲せずにMRに。ミッドシップにしたことが、唯一大きな変更点ともいえるだろう。
 

NEXT スペック以上の楽しさがある!

3/4PAGE

 

スペック以上の楽しさがある!


で、さぞやスパルタンなスパルタンフィーリングを叶えているに違いないと思うでしょう? それを絶妙に心地よく裏切るところもまた、小悪魔的なのだ。サスペンションはほどよくしなってむしろソフト。ハンドリングも過敏過ぎずに驚くほど扱いやすい。なのに一度踏みこめば、スロットルワークに対しての反応速度は鋭くドライバーに呼応してくれる。正直、数字だけでいえば弩級のスペックではない。しかし、数字が表す以上にこの走りはエキサイティングな感動をもたらしてくれる!



販売は“ルノージャポン”が行うことになり、すでにアルピーヌ・ジャポンも存在する。先述のとおり、導入モデルの“A110プルミエールエディシオン”はすでに受注受付を終了しているが、今年の末にはカタログモデルとなって通常販売がスタートするというから、続報を待ってほしい。この独特のフレンチ味を、是非体験して!
 

 
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE

 
★DATA  A110プルミエール・エディション
●全長×全幅×全高:4205×1800×1250mm
●車両重量:1110kg
●エンジン:ターボチャージャー付き1.8ℓ直列4気筒DOHC 
●トランスミッション:7速AT(7DCT)
●最高出力:185kW(252PS)/6000rpm
●最大トルク:320Nm(32.6kgm)/2000rpm
●駆動方式:後輪駆動
●定員:2名
●ハンドル:左

Information

●アルピーヌコール 
TEL:0800-1238-110
URL:alpinecars.com/ja/

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ