Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.08.27

話題のクルマを品定め!
〈ルノー〉カジャー

お盆という名の大人の夏休みも、気づけばあっという間に終了。

なんとな〜くカラダがビジネスモードに戻りきらず、倦怠感を覚えている人も多いのでは? そんなときこそ、次の休暇に想いを馳せられるような(?)ハッピーなクルマに乗りたくなるってモノ。ならば、“バカンスのために生きている”なんていわれるフランス人を見習って、こんなフランス産SUVはどう?

それが〈ルノー〉カジャーだ。キャッチフレーズも魅惑的で、ズバリ“人生にアクティブバカンスを”というもの。バカンスのことばっかり考えて生きている人種が、バカンスのためのクルマを作っちゃったらこうなりました、ってこと? だったらこれほどゴキゲンなパケージはないかも。


 

NEXT カジャーってどんな意味?

2/4PAGE

カジャーってどんな意味?

大体、“カジャー”って名前自体が、どことなく無国籍で、旅情を誘う響きだと思いませんか? 実はこれ、完全なる造語なのだ。SUVといえば四駆、ということでquad(4つ)をイメージさせるKAD(ただし日本導入モデルはFFのみ)にフランス語のagile(機敏)、またjaillir(湧き出る)からJAR、それらを組み合わせてKADJAR=カジャー。なんとも不思議な余韻を持っている。



ルックスもまた個性的だ。他国製のSUV(日本のソレを含め)が、直線基調で男性的なデザインに追従する中、カジャーはまるで同社のコンパクトハッチバックである“トゥインゴ”を連想させるような、丸みあるボディラインが特徴。ボンネットや前後フェンダーのあたりなんて、ちょっと有機的なほどに曲線を使用して、かわいらしさすらも感じさせる。
しかし、足元には19インチホイールを標準装備。サイドビューはかなり勇ましい。ただかわいいだけで終わらせず、ピリッとスパイシーなエッセンスを加えるあたりはさすがフレンチらしいセンスだ。









対して、インテリアはシンプルで硬派。ブラックレザーに覆われたコクピットは余計な装飾を排除していて、なんとナビも車載のモノは用意なし。オーナーのスマートフォンに依存して、Apple CarPlayもしくはAndroid Autoに絞るという割り切りっぷりだ。とはいえ、高価な車載ナビなんて必要ないと考える若年層ユーザーが増えているのも事実で、考えようによっては無駄を省いた賢い装備だともいえる。
 

NEXT インテリアでの注目はラゲッジスペースにも!

3/4PAGE

インテリアでの注目はラゲッジスペースにも!

“アクティブバカンス”を推奨するカジャーだが、ちなみにフランスでは今、トレイルランニングのようなエクストリーム・スポーツが大人気。そんな彼らの多彩なギアを飲みのむために、ワンタッチでシートバックが倒せてラゲッジスペースを拡大出来るレバーを用意。また様々なサイズのモノが収納できるように、備え付けのフロアボードを使ってアレンジが可能だったり、工夫がなされている。







そしてCセグメントSUVだというのに、搭載されたエンジンがわずか1,2ℓということに驚いてほしい。“エコノミー”をクルマに求める、実に合理至上主義なフランス生まれらしいパワートレーンだ。
しかし、数字だけを見て非力を嘆くのは早とちりというもの。むろんターボチャージドがなされているこのエンジン、驚くほどにパワフルだから!
その秘密は、このカジャーから新搭載になった7速の湿式多板クラッチの賢さ。エンジンの足りないところは下のギアの選択で素早くカバーし、登坂も高速もソツなくこなす。このシフトアップ、ダウンのあざやかさは拍手モノだ。
もちろんそもそものエンジンサイズが小さいのだから、燃費も上々。ランニングコストもご心配なく、と来ているんだから、気兼ねなく遠出できそうなところも嬉しい。


 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE


★DATA
●全長✖️全幅✖️全高:4455✖️1835✖️1610
●エンジン:1.2ℓターボチャージャー付き直列4気筒DOHC
●トランスミッション:7速AT
●最高出力:96kW(131ps)/5500rpm
●最大トルク:205N・m(20.9kgm)/2000rpm
●駆動方式:FF
●ハンドル:右
●税込み価格:347万円









Information

●ルノー・コール 

TEL:0120-676-365

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ