Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.09.20

話題のクルマを品定め!
〈メルセデス・ベンツ〉CLS

スポーティ? エレガント? それとも貞淑? はたまた堅実さ? クルマ選びにおける要求は、本命の彼女に求めるイメージにも似て、どれも捨てがたいものばかり。上品であってほしいんだけど、かといってエイジング(?)しすぎていなくて……となると、その選択肢は困難を極めてしまう。あ~、理想のクルマ選びってホント悩ましい! では、そんな悩めるアナタにこんな贅沢な1台はどう? それが7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした〈メルセデス・ベンツ〉CLS!



CLSは“4ドアクーペ”という新しいカテゴリーを開拓したモデル。
ルーフラインはリアエンドに向けて強く傾斜するエレガントなクーペスタイル。
なのに、4枚のドアを持ち、セダンの快適性と機能性を兼ね備える。まるでこれまでのクルマづくりの常識を覆すかのようなパッケージは、2004年の初代モデルの登場以降瞬く間に人気に。今では他メーカーも参入するセグメントに成長した、というのは有名な話だ。






 

NEXT 流麗さに加えて迫力もたっぷり!

2/5PAGE

 

流麗さに加えて迫力もたっぷり!

今回のフルモデルチェンジではまたまたボディが拡大され、全長5000mm×全幅1895mm×全高1425mmという、実に威風堂々たるたっぷりしたサイズで登場した。
だけど、注目したいのは実寸以上に大きく見えるエクステリアデザインの妙!



横から見れば、フロントエンドがかなり前傾しているのがおわかりいただけるかと思う。また、ヘッドライトも低い位置に設えられ、レーシングカーのような“ロー&ワイド”な印象を見ている側に与えるのだ。実際、ベースとなるEクラスとは250mmしか変わらないのに、もっと車高を低く感じさせるのは手法の賜物。この新型CLSのデザイン・キーワードは“Sensual Purity(官能的純粋)”。ラインやエッジを削ぎ落としたその姿は、〈メルセデス・ベンツ〉の新しいデザイン語法の体現なのだという。
 

NEXT セクシーで贅沢な内装にドキドキ!

3/5PAGE

 

セクシーで贅沢な内装にドキドキ!

内装には、EクラスともSクラスとも違う、独特の色気が添えられている。「さすが贅沢パッケージカー!」と唸らせられるような仕掛けに驚いてほしい。





インテリアカラーは新色を含む5色。でも、それだけじゃない。新型CLSのインパネにはタービンエンジンをイメージしたフォルムのエアコン送風口が備えられているのだが、この内側になんと全64色からカラーを選択出来るイルミネーションが仕込まれているのだ。またこのライト、エアコンの温度を下げたときには青く、上げたときには赤く光る仕組み。色の選択はナビゲーションを含むセンターディスプレイにて随時行えるので、シーンや相手によって使い分けても♡
 

NEXT パワートレーンの選択肢は2つ!

4/5PAGE

 

パワートレーンの選択肢は2つ!

エンジンによっては走りの性格が変わるのがクルマ。新型CLSでは選択肢は2つ。直6エンジンにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)+48ボルト電気システムを併せ持つ“CLS 450 4MATICスポーツ”はいわゆるマイルドハイブリッド。もうひとつはEクラスにも搭載されている2,0ℓ直4のディーゼルエンジンの“CLS 220d スポーツ”だ。





最も“CLSらしい”のはやはり“CLS 450 4MATICスポーツ”。ちなみに先に書いたISGというモノ、簡単にいえば“エンジンにかかる不必要な負担を軽減する”というもの。プリウスなんかに搭載されている、モーター走行を積極的に行うタイプのハイブリッドとは立ち位置が違うのでご注意を。しかし、小さなモーター&バッテリーで低回転時のトルクを足す、その味付けは実に爽快! スッキリズバっとした加速はもちろんのこと、高級車にふさわしい静粛性まで叶えていて、かなりの陶酔系だ。さらにこの素性であるエンジンがそもそも心地よい。直6の滑らかさ、深さを心から味わえる仕上がりになっている。

対して“CLS 220d スポーツ”は、クーペらしい性格にフィーリングを寄せたかのようなワイルド系。ステアリングも実に素直だし、エンジン音もそれなりにワイルドで、クルマ好きにはこちらに軍配が上がりそう。

これにSクラス同等の安全運転支援システム“インテリジェント・ドライブ”が全車標準装備されるほか、テレマティック・サービス“Mercedes me connect”が搭載されるなど先進性もぬかりなし! さあ、ドラマティックなドライブに出かけてみない⁉
 

NEXT 気になるスペックは?

5/5PAGE


★DATA 
●全長×全幅×全高:5000×1895×1425mm
●ホイールベース/2940mm
●エンジン:2ℓ直列4気筒ディーゼルターボ、3ℓ直列6気筒ツインターボ
●トランスミッション:9速AT
●最高出力:2ℓ直4=143kW(194PS)、3ℓ直6=270kW(367PS)
●最大トルク:2ℓ直4=400Nm(40.8kg)、3ℓ直6=500Nm(45.9kg)
●駆動方式:CLS 220 d スポーツはFR、CLS 450 4MATICスポーツは4WD
●税込み価格:CLS 220 d スポーツ799万円、CLS 450 4MATICスポーツ1038万円



Information

●メルセデスコール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ