Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.10.04

話題のクルマを品定め!
〈アウディ〉A8

フラッグシップセダンなんていうと、ちょっと大人なイメージ。人生の後半に選ぶべきクルマ、な〜んて思ってない!? 実は今、ジャーマン3と呼ばれる〈メルセデス・ベンツ〉、〈ビー・エム・ダブリュー〉、そして〈アウディ〉のフラッグシップが、メッチャ“攻めてる”ってご存知?



最初に誤解を解いておくと、そもそも“フラッグシップセダン=コンサバ”の図式自体が間違っていると思っていい。それらの多くがフルサイズセダンだから、“エグゼクティブなオヤジ用”な〜んて思われがちだけど、コンサバなんてとんでもない。今も昔も“フラッグシップ”という名の免罪符のもと、これからの自動車産業の行方すら示唆するような、ものすごいテクノロジーがたくさん搭載されているハイテクカーなんだから!
 

NEXT オヤジっぽさがない若々しいルックス!

2/5PAGE


オヤジっぽさがない若々しいルックス!
そ〜んな前置きをちょっと頭の隅に置いといてもらったうえで、この9月に日本にも導入が叶った、〈アウディ〉A8をチェックしてみよう。まずはルックスから。









エクステリアは横方向の広がりを感じさせるデザインに変更され、ひとめで〈アウディ〉とわかるデザインなのに、久々に若さを手に入れた感じ。リアビューも同じく、垂直方向の直線基調を強調。上品かつアイコニックなヒップラインがエレガントだ。
〈アウディ〉といえば“ヒカリモノ”。ライト類には並々ならぬ情熱を注ぐのが常だけど、今回も期待を裏切らない。
HDマトリクスLEDハイビームは個別に制御される32個の小型LEDからなるシステム。これとともにはじめて組みこまれた”アウディレーザーライト”は一般的なハイビームの2倍の照射距離を誇るなど、目立つだけでなく技術的にも工夫を凝らし、視認性という安全面に貢献させているのがスゴイ。
 

NEXT インテリアもさすがにフラッグシップ!

3/5PAGE


インテリアもさすがにフラッグシップ!
インテリアもリッチ&クリーンな雰囲気で上質をこころゆくまで堪能できる。





コックピットに座っただけで先進感を感じることが出来る。その大きな要因のひとつは、このA8から装いを新たに生まれ変わる、〈アウディ〉の新世代インフォテイメント・システム“MMIタッチレスポンス”。





インパネの中央には2枚のスクリーンが用意されている。アッパー部は10.1インチ、ロウワー部には8.6インチ。双方タッチ式での操作が可能だ。アッパー部はナビや走行モードなど車両に関するインフォメーションが。下部には空調やナビの目的地などを入力するキーボードなどが備えられる。
実はこのシステムが登場するまで、〈アウディ〉が独自に備えていた先代MMIは、文字入力システムが独特すぎて、熱烈なファン以外はなかなか使いこなすのが難しかった。それが新世代になったことで直感で操作が可能に。これは嬉しい。
 

NEXT 最先端の技術は走りにも!

4/5PAGE


最先端の技術は走りにも!
注目したいのは、量産車ではじめての搭載となる、フロント1基のレーザースキャナーを含む最大23個のセンサーが生み出す、高度なセンサリング技術によるドライバーアシスタンス。たとえばすっかりお馴染みの全車速追従型クルーズコントロールは、まるで人間が(しかも運転が上手な人が)操作しているかのようなナチュラルなアシスタントを叶えている。



パワートレーンは2種類。
3.0ℓV6と4.0ℓV8、双方ターボのガソリンエンジンとなり、340psのV6はA8 55 TFSIクワトロに、460psのV8はA8 60 TFSIクワトロとA8 60 L TFSIクワトロに搭載される。トランスミッションはどちらのエンジンも8速AT。



そしてこれらすべてのエンジンには、欧州で人気の48V電源によるマイルドハイブリッドが組み合わされていて、燃費に大きく貢献しているのがポイント。
「えっ、V8 モデルで1800万円を越えるクルマが燃費を気にするなんて!」と思うことなかれ。エグゼクティブほど環境コンシャスなのはご存知のとおり。そう、日々のコストよりもCO2排出量に考慮したクルマを選ぶのは、もはやジョーシキってワケ。

肝心の乗り味なのだが、特にV8は悶絶級の陶酔系。しっとりシックでフラットなキャビンは、さすがフラッグシップセダンの一言! そう、超攻めてる先進と、最上級の贅沢さ、ド級のスペックを高い次元で両立させていることこそ、フラッグシップの妙味なのだ。
 

NEXT 気になるスペックは?

5/5PAGE


★DATA 〈アウディ〉A8 55 TFSIクワトロ
●全長×全幅×全高:5170×1945×1470mm
●ホイールベース:3000mm
●車両重量:2040kg
●エンジン:3ℓV6DOHCインタークーラー付きターボ
●最高出力:250kW(340PS)/5000~6400rpm
●最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370~4500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1140万円

Information

●アウディコミュニケーションセンター 
TEL:0120-59-8106

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ