Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.10.11

話題のクルマを品定め!
〈ニッサン〉GT-R

最近にわかに、〈ニッサン〉のフラッグシップ・スポーツカー、GT-Rがアツいと思いません? たとえば突如降臨したテニス界の、いや、世界をも熱狂の渦に巻きこんだスポーツ界のニューヒロイン、大坂なおみ選手。



全米オープンでの快挙わずか数日後に発表された、〈ニッサン〉とのブランドアンバサダー契約にも驚かされたけれど、サプライズはむしろそのあと。ピュアEVのリーフが彼女への献上品として用意されたステージ上で、大坂選手はまさかの「GT-Rが好き」発言。しかも「白がいい」とボディカラーの指定まで! 出席した役員から「わかりました、用意しましょう」とその場で貸与が決定。近く、彼女がGT-Rをドライブする日が来るかもしれない。


 

NEXT 特別なGT-Rに世界が驚いた!

2/4PAGE

特別なGT-Rに世界が驚いた!

さらに最近でいえば、お値段約9200万円から(!)の“GT-R 50 by イタルデザイン”が発表されたのも記憶に新しい。GT-Rがまさかのイタリアン・カーデザイン界の重鎮とコラボレーション⁉ これにも世界が驚いた。









このクルマは、GT-Rが2019年に、そしてイタルデザイン社が2018年にそれぞれ生誕50周年を迎えることを記念してローンチされる、生産台数50台以下の限定モデル。購入者は、すでにお披露目されているプロトタイプをベースに、自分好みにカスタマイズが可能なのだという。よって“約9200万円(90万ユーロ)以上”というクルマが、ユーザーの選択肢によっては、さらに高額なモデルへと膨らむ可能性を示している。

「う〜ん、なんだかとっても気になって来た!」な~んていうアナタ! ではさっそく、今改めて注目を集めるGT-Rを再検証。いったい、どんなクルマなの?
 

NEXT ビッグマイナーチェンジで乗りやすさが向上!

3/4PAGE

ビッグマイナーチェンジで乗りやすさが向上!

現行型のGT-Rは、それまで“スカイラインGT-R”として存在していたワングレードから、スピンオフするかたちで2007年に登場したハッチバック型スポーツクーペ。R35(アールサンゴー)と、愛をこめて型式で呼ばれることもあるほど、熱狂的なファンを持つ。



毎年のように細かなブラッシュアップが行なわれている同車だが、2017年モデルでは2007年の発売以来、最も大きな変更(ビッグマイナーチェンジ)を受けた。その変更箇所は多岐にわたる。内外装はもちろんのこと、パワートレーン、車体、サスペンション、また吸音・遮音分野にまで手を加えられた。結果、どうなったか? もんのすご〜っく、乗りやすくなったのだ。

V6 3.8ℓツインターボエンジンは、いまや570psを発生させるまでに進化。スペックだけを見れば、その刃はさらに研ぎ澄まされて、さらに尖ったかのように見受けられる。しかし、今のGT-Rはむしろ、登場してすぐの頃のそれよりも、ある意味でスポイルされたかのようだと言ってもいい。もちろんよい意味で、だ。いや、誤解のないように言っておくと、硬く締まったサスペンションや獰猛なパワーを生むエンジンはむろん健在だし、このままサーキットに持ちこんだって、レーシングカーそのままのキレた走りを楽しむことが可能なことに変わりはない。



しかし、その“硬く締まったアシ”は、一般道において(つまり速度に応じて)至極素直に、路面からの入力をいなすようになった。
四輪駆動のGT-Rは、リアにマルチリンクのサスペンションを採用しているのだが、これがよい仕事をしているのが理由だと感じる。
それから、ノーマルモードでは飛び出すようなトルクも抑えられ、ドライバーアンダーコントロールで操作できるのも心地よい。

つまり、ある意味、過敏なまでにレーシングカーライクだったそれまでのモデルよりも、もう少し大人のエレガンスを手に入れた感じ、それが今のGT-R。
コレなら息詰まる試合を終えた大坂なおみ選手を、優しくも激しくも受け止めてくれること間違いなし!?
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE


★DATA〈ニッサン〉GT-R ピュアエディション
●全長×全幅×全高:4710×1895×1370mm
●ホイールベース:2780mm
●車両重量:1760kg
●エンジン:3.8ℓV6 DOHC+ツインターボ
●最高出力:419kW(570PS)/6800rpm
●最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300~5800rpm
●トランスミッション:GR6型デュアルクラッチ
●駆動方式:4WD
●税込み価格:1023万840円

Information

●日産自動車お客さま相談室 
TEL:0120-315-232
URL:http://www.nissan.co.jp

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ