Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.11.01

話題のクルマを品定め!
〈アウディ〉A7 スポーツバック

ちょっとした豆知識として覚えておいてほしいのだけど、〈アウディ〉の場合、“スポーツバック”というのは単なるハッチバックモデルを指すのではない。同社いわく、「〈アウディ〉の“スポーツバック”は、クーペの美しさにセダンのプレステージとアヴァントの機能性を兼ね備えた独自のコンセプトです」。つまり、ステーションワゴンとは一線を画する特別なルックスを持っている、っていうこと。さらに「荷室の使用感にもこだわりました」、なんて殺し文句もあるんだから、チェックしてみない手はないのかも。な〜んて能書きはともかく、このデザインには理屈抜きで目を奪われる!









今回、7年ぶりのフルモデルチェンジで2代目に進化したA7 スポーツバックは、初代である先代モデルよりも強いプレスラインの入った、凛々しい佇まいが印象的だ。そのラインがまるで折り鶴のように、どこかフォーマルな凛とした空気感を漂わせている。にもかかわらず、全体像はあくまでもレディのようなムードを漂わせ、ひたすらにエレガントなのだから、〈アウディ〉のデザイン神話は未だ健在と思わざるを得ない。
 

NEXT 見た目以上に余裕の居住性!

2/4PAGE


 

見た目以上に余裕の居住性!

ボディサイズはかなりたっぷりしていて、4970×1910×1405 mm(全長×全幅×全高)。特に、5mに達するかという全長のゆとりは2925mmというホイールベースにも現れていて、実に伸びやかだ。





むろん、このサイズ感は居住性にも大きく貢献している。
こんなにも見た目タイトそうな室内空間なのに、乗れば後席のニースペースに驚くほどの余裕を生んでいるから、ときには後席にも是非座ってみてほしい。



インテリアはクールな〈アウディ〉らしさを充分に感じさせるものだ。
シンプルなコンソール周りは、スイッチなどのボタン類をなるべく排除。そのかわりに、同時期に日本導入がなされた同社フラッグシップセダンA8と同じ、新世代のインターフェースが用意された。上下2段構えになった2枚のモニターは、上部が10.1インチでナビゲーションや車輌情報などを表示。下部が8.6インチで文字入力画面や空調などが集約され、これまでのものよりも使用感が劇的に向上! もちろん、〈アウディ〉といえばのメーターパネル部分のデジタルディスプレイも健在だ。
 

NEXT もちろん走りもズバっと爽快!

3/4PAGE

もちろん走りもズバっと爽快!

A7スポーツバックは上級スポーティオプションのSラインが標準装備されているから、最初から“高級車”の雰囲気を充分に享受できるのも嬉しい。



パワートレインはV6 3.0ℓガソリンエンジンと、最新世代のクワトロ(四輪駆動)システムの組み合わせ。さらに、48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載し、電気アシストならではのズバっと鋭い加速と燃費を高い次元で両立させている。サスペンションはスポーティな締まり感で、エキサイティングなハンドリングが楽しめる。シャキッとしていいて印象はとっても若々しい。



さらに先進安全装備の充実も語るに外せない! 量産車としては初搭載となるレーザースキャナーなど超最先端の技術が導入され、より安全に貢献。デザインとダイナミクスだけでなく、テクノロジーまでも網羅した、先世代の〈アウディ〉。それがこのA7スポーツバックなのだ。
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE


★DATA 〈アウディ〉A7 スポーツバック55 TFSI クワトロSライン
●全長×全幅×全高:4975×1910×1405mm
●ホイールベース:2925mm
●車両重量:1900kg
●エンジン:3ℓV6DOHCインタークーラー付きターボ
●最高出力:250kW(340PS)/5000~6400rpm
●最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370~4500rpm
●トランスミッション:7速Sトロニック
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1066万円





Information

●アウディ コミュニケーションセンター 
TEL:0120-598106

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ