Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.11.15

ドライブは楽し! Vol.41
最先端を行けばクルマも“ボーダーレス”になる!?

電動化、自動運転……。クルマの進化が止まらない。となると、もはやクルマのジャンルすら意味を持たなくなってくる!? 進化した〈アウディ〉はついにここまで来た!


[アウディ A7 スポーツバック]
AUDI A7 SPORTBACK


ステレオタイプという言葉がある。「一般的にいわれている」ことや、「社会通念的な概念」をたとえる言い方だ。ときとしてネガティブに使われることがあり、流行りの歌の歌詞にもよく見受けられる。面白いのは、この言葉とオーディオのステレオは関係ないということ。個人的にずっとスピーカーから流れるステレオサウンドに関する言葉だと思っていたが、どうやらそうではないらしい。どうもこの場合のステレオは印刷技法に関することらしいのだ。詳細はここでは省くので、興味のある方はこれを機会に是非ググってみてはどうだろう。


それはともかく、自動車業界もまたステレオタイプには物事が進まなくなってきた。昔は4ドアといえばセダンだし、2ドアといえばクーペやオープンカーを指していた。が、今4ドアで思い浮かべるのはSUVもあればミニバンもある。ドアの枚数だけではクルマのジャンルを計れなくなってきたのだ。


今回スポットを当てる〈アウディ〉A7スポーツバックもそう。ボディタイプはまさに4ドアクーペ。2ドアに負けないくらいシュッとしたスタイリングをしている。この新型は2010年にリリースされた初代からのフルモデルチェンジになる。特徴はやはりそのデザインで、先代で好評だったフォルムをそのままに細部を徹底的に見直した。一見して違いがわかるのはテールエンドで、シェパード犬にたとえられた低いテールを33㎜だけ上げ、ルーフラインからの流れをなだらかにしている。従来のモデルもあれはあれでいいのだが、今となっては少しクラシックにすら思える。


全体的にはキープコンセプトながら新型はプラットフォームが最新のものに変わっているのも見逃せない。A8、A4、Q5、Q7にも使われるMLB evo(エム・エル・ビー・エヴォ)と呼ばれるのがソレだ。軽量かつ高剛性で、様々なタイプのクアトロシステムが使える。

A7 スポーツバックのエンジンは3リッターV6ターボのみで、最高出力は340psを発揮。で、ここで注目したいのがグレード名。A7 スポーツバックの後に55TFSIクアトロ云々と続く。ではなぜ“55”という数字がつくのかというと、今後排気量のない電気自動車に対応するため。EVもこういった数字でくくればガソリン車に置き換えてイメージできるからだ。これから各メーカーもきっとこうしたカテゴリーを作るだろうが、この辺は〈アウディ〉の先見性が光る。


ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


A7 スポーツバックには〈アウディ〉らしい先進技術がたっぷり注入されている。それはエンジンをスタートさせた直後からそうで、“HDマトリクスLEDヘッドライト”と“LEDリアダイナミックターンインディケーター”が、独特のサインで起動をまわりに知らせてくれる。まるでサイボーグが目覚めるように。

そしてインテリアではブラックアウトされていたメーターパネルやダッシュボードセンターのモニターがデフォルト画面を映し出す。しかもセンターは上下2画面。走りに関しての様々な情報を得るのが上で、エアコンを中心とした快適なキャビンを作り出すのが下の画面での操作となる。どちらも直感的に操作できるタッチスクリーン式だ。

個人的に便利だと思ったのはスマートフォンとの接続で、一部コンテンツを画面に表示させ操作することができる。〈アウディ〉専用の“my Audiアプリ”というのを使うとナビの目的地をクルマに送信することも可能だそうだ。また、“アウディコネクトナビゲーター”というのもいい。24時間365日専任のオペレーターが施設検索や予約手配をしてくれる。もはやこの辺は高級車のデフォルトかもしれないが、使い勝手がいいのは確か。使い出すとクセになるほど役に立つ。

といった気になる装備はここには書ききれないほど。〈アウディ〉の先進性は知れば知るほど驚かされるから脱帽だね。

ココにもソソられる!


01 スタイリング
レジャーにも使えそうなハッチドア

先代から受け継いだクーペラインをさらに妖艶にした新型。エレガントさは格別。リアゲートを開けると大型ハッチバックのように使えるのもこのクルマの優位点。4ドアのフォーマルさも残しながら多岐にわたる実用性の高さを感じさせる。

02 ドライブアシスト
クルマ全体でドライバーをアシスト!

交差点の先の見えないエリアに対してレーザースキャナーやセンサー、カメラを駆使して接近する車両を監視したり、右折時のドライバーの死角をレーダーが監視したりと、ドライバーをアシストする安全装備はてんこ盛りこれで安心!

03 マイルドハイブリッド

このクラスで好燃費も期待できる!

このクルマには48V(ボルト)のマイルドハイブリッドシステムが搭載される。これによりエネルギー回生と加速アシストが実現され燃費向上が見こまれる。時速55~160㎞ /hの間でのコースティング中ではエンジン停止されるのもグッド。

Information

SPECIFICATIONS
アウディ A7 スポーツバック55 TFSI quattro S line 
●全長×全幅×全高:4975×1910×1405㎜
●ホイールベース:2925㎜
●エンジン:3ℓ V6 DOHCインタークーラー付きターボ
●最高出力:250kW(340ps)/5200-6400rpm
●最大トルク:500Nm /1370-4500rpm
●トランスミッション:7速Sトロニック
●車両重量:1900kg
●駆動方式:四輪駆動
●定員:5名
●税込み価格1066万円
●アウディ コミニュケーションセンター
TEL:0120-598-106

雑誌Safari12月号 P298・299掲載

文:九島事務所 text : Kushima Office
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ