Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.01.10

話題のクルマを品定め!
〈マツダ〉CX-8

国産のモノづくりが見直されている。ファッション界でも純国産ダウンジャケットやデニム、レザーシューズなど、枚挙に暇がない。あるいは、みなさん大好きなサードウェーブ系コーヒーだって然り。焙煎はおろかコーヒービーンズを栽培する、な〜んていうレベルにまで進化しちゃっているんだから。日本人の勤勉さって、今あえて「スゴイ!」っていってもいいのかも。



で、実はこれ、クルマにもいえること。特に〈マツダ〉は、『Safari』世代にも注目してほしいメーカー。なかでもCX-8はとってもデキがいい。パッケージ的にも仕上がり的にも、若年世代のみならず家族を持つ世代にも絶賛&おすすめできる1台なのだ。

CX-8は2017年12月に発表されたモデル。だが、昨年の秋には早くも商品改良を受けて、さらに魅力的に生まれ変わっている。ご存知のとおり、近年〈マツダ〉の代名詞が“美デザイン”。もちろんこのCX-8もそんな魅力がたっぷりだが、実はひと皮剥いたその中身、クルマとしての“スキモノ感”こそが実は面白いって知ってました? とはいえ、やはり進化し続ける美デザインには触れないわけにはいかない。先に内外装をチェックしてみよう。





CX-8は〈マツダ〉の最上級SUV。ボディサイズも、全長4900mm✕全幅1840mm✕全高1730mmとたっぷりしていて、自社初の3列シートを備えている(7〜8人乗り)。

たっぷりとしたグラマラスボディながら、間延び感のないスッキリしたエクステリアデザインがまず秀逸。フロントマスクが表現するシャープな“マツダ顔”から、サイドビューにかけての収束のさせ方、ラインの処理が見事だ。スッと描いた美しい線の上にただ車輪を載せました、みたいなシンプルな手法は、ゴテゴテとキャラクターラインをあしらいがちな国産カーデザインの中でも異色のもの。デザイン力に自信がなければできない方法ともいえる。
 

NEXT 価格を超えた内装もいい!

2/3PAGE

価格を超えた内装もいい!

〈マツダ〉のエクステリアデザインが優れているのは、なにも今にはじまったことじゃないんだけど、ここ近年で急激に伸びを見せたのが、内装デザインの質感だ。





オーナーは圧倒的に室内で過ごす時間が多いもの。いくら外観が優れていたって、内装がイマイチじゃ興醒めだもの。CX-8の内装は正直、価格を超えている。特にホワイト内装の美しさたるや、まるで某北欧メーカーの、1000万円クラスのそれに迫る勢い!



さらに秋の商品改良時には、もともと2.2ℓ直4ディーゼルのみだったCX-8に、2.5ℓのガソリンターボと、なんと2.5ℓのノンターボ(自然吸気エンジン)が追加。3種類のエンジンが選べるようになったことがユニークだ。デザインばかりが話題に登りがちな同社。だけど、実は“走り”にその真価があることこそ、コアな〈マツダ〉ファンのみならず、輸入車からの乗り換え層に訴求している理由でもある。また、この商品改良から、“Gベクタリングコントロール”と呼ばれる電子制御も搭載。ますますクリアなハンドリングを実現している点も、走り重視派には嬉しいニュースになるだろう。

じゃ、この3つのエンジンのうち、どれがベストなの?な〜んて質問には、こう答えておこう。やっぱりご自慢のディーゼルエンジンは最高! しかしご近所ユースが多いなら、2.5ℓNAエンジンで十二分。さらに、中〜高速の伸びを満喫したいならガソリンターボといった具合。迷うのもまた楽し!
 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE


★DATA〈マツダ〉CX-8  25T Lパッケージ(4WD)
●全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
●車両重量:1890㎏
●ホイールベース:2930mm
●エンジン:2.5ℓ直列4気筒DOHC 16バルブ直噴ターボ
●最高出力:169kW(230PS)/4250rpm
●最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:424万4400円

Information

●マツダコールセンター  
TEL:0120-386-919

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ