Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.06.14

映画『OVER DRIVE』公開もブームを後押し!
ラリー人気が再燃しているってホント!?

突然ですが、みなさん、モータースポーツはお好き?



たとえばフォーミュラカーの最高峰“F1”に、近年、欧州自動車メーカーがこぞって参戦している電気自動車レース“フォーミュラE”。アメリカでは“NASCAR”が依然大人気だし、耐久レースならもうすぐ“ル・マン24時間レース”がフランスで開幕する。一方、日本国内でいえば、トップ・フォーミュラレース“Super Formula”に最高峰ツーリングカーレース“Super GT”などなど、そのバリエーションはクルマ同様非常に豊か。異次元の速度域に、心を奪われた経験のある人もきっといるはずだ。

近頃ラリー人気が高まっている!

そして、そんな自動車レースの中でも、ここ数年で急に人気を伸ばして来たカテゴリーがあるのをご存知だろうか?
それがラリー!
とくに自動車業界関係者の中で、この赤丸急上昇は超有名なハナシ。知らない人はいないってほどの盛り上がりっぷりなのだ。



そもそもラリーは長い歴史を持つ自動車競技。はじまりは1911年ともいわれている。競技主催者が決めたコースで1台ずつタイムアタック。速く駆け抜けたほうが勝ち、というシンプルなルールだ。
しかし、走行するコースは主に公道を封鎖したもので、アスファルト舗装道もあればグラベルロード(砂利道)も、また、ぬかるみのある未舗装道も含まれる。それらのコースをドライバー(運転手)とコ・ドライバー(案内人)が2人1組で乗りこんで戦うのだ。
同じモータースポーツでも、きれいに舗装されたレーシングコースを周回し、音速のバトルを繰り広げる“レース”とは、自動車を使って競技するということ以外、共通点はほぼナシ。発祥の地である欧州では、今も昔も大人気のモータースポーツなのである。



ではなぜラリーがこんなに人気なのか? その理由は、競技車両と観客の距離の近さ、そしてラリードライバーの異次元のマシンコントロール力にある。
ラリーは常設コースで行なわれるわけではないため、観客席(そもそも“席”なんて概念がないところも多い)とラリーカーの距離が近く、まさに“砂被り”状態で観戦できる。これが観客にはたまらないライブ感を提供してくれるのだ。

また、あらゆる路面を走破するため、ラリードライバーのドライビング・テクニックはまさに“技のデパート”状態! そして、その技術を正確に引き出すのがコ・ドライバーの役目。2人の息がぴったりと合わないとよいタイムが出せないという点も、ラリーならではといえるだろう。

ついに日本でも世界ラリー選手権が開催か!?

そんなスリリングなラリーの頂点といえば、世界ラリー選手権(WRC)。実は来年の2019年、この大会の日本開催が叶うかもというビッグニュースが駆け巡っている。日本のラリー人気が再び活況を呈しているのは、そんな背景があるのも大きな理由となっている。
そして、WRC誘致の立役者となっているのが、今まさにWRCを戦う“TOYOTA Gazoo Racig”ではないかというもっぱらのウワサ!

“TOYOTA Gazoo Racing”のチーム総代表は、かのトヨタ自動車株式会社の豊田章男社長。そして社長本人こそ、ラリーを愛するラリードライバーでもあるのだ。そんな豊田社長が熱望した母国WRC開催が実現する可能性は、実は相当高まっているそうな!
というわけで、空前のラリー歓迎ムードまっただ中、追い打ちをかけるように心躍る映画が公開されているのはご存知? それがラリーを題材にした『OVER DRIVE』だ。

主人公である天才ラリードライバーを演じる新田真剣佑さんが駆るのが、まさにWRC仕様の〈トヨタ〉ヤリス(日本名:ヴィッツ)!
ラリーをよく知らない人でもグイグイ引きこまれる内容で、見終わったときにはコンマ1秒を削るラリーの過酷さはもちろん、競技としての魅力までインプットされていること間違いなし。
ラリーがブームになる前の予習としても、是非『OVER DRIVE』を観ておいて!

『OVER DRIVE』
監督/羽住英一郎 出演/東出昌大、新田真剣佑、森川葵 配給/東宝
2018年/日本/上映時間104分

TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー中

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ