Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2017.03.24 PR

プロBMXライダー・内野洋平さんが〈ミツビシ〉RVRに試乗!
アスリート好みのSUVは精悍顔と走りが自慢!

白ブルゾン2万3000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、パーカ1万1000円(イーブンフロウ/サンライズ パートナーズ)、デニットパンツ3万9000円( タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、スニーカー9800…

白ブルゾン2万3000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、パーカ1万1000円(イーブンフロウ/サンライズ パートナーズ)、デニットパンツ3万9000円( タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、スニーカー9800円( プーマ/プーマ お客様サービス)、腕時計32万円( エドックス/GMインターナショナル)

BMX競技で世界を制した内野洋平さん。最近では講演など世界各国で活躍中。新世代のアスリートは、なにごとに対してもアクティブだ。で、そんな内野さんのキャラにぴったりなのが、フロントデザインを一新した〈ミツビシ〉のRVR。BMXも真っ青な(?)軽快さが味わえるうえ、力強い走りも魅力。精悍さを増した顔つきには、〈ミツビシ〉らしいアクティブ感が漲る。今回はこのクルマで内野さんが海へ。さて、その印象とは⁉

アスリート好みのコンパクトSUVは、BMXがライバル!?

競技やイベントで、世界中はもちろん日本各地へも遠征。そんな内野さんのライフスタイルには、BMX同様クルマも欠かせない存在だという。

「BMXは、自分を表現する“言葉”のようなもの。というのも、競技中は技だけで自分がどんな人間なのかを伝えないといけませんから。そう考えると、BMXは自分にとってまさに相棒。いつも一緒じゃないと気が済まないんです。それはクルマも同じ。自分はクルマの運転も大好きです。だから出かけるときは、必ずクルマにBMXを積んでというパターンになって
しまうんですよ」

そんな内野さんだが、“RVR”にはどんな印象を持ったのだろうか?

「純正っぽくないホイールを含めて、ルックスがかっこいい。しかも乗ってみると、思ったより車内が広く感じます」
 
と、まず気になったのが外観。それもそのはず、この“RVR”は、フロントに新しいデザインコンセプト“ダイナミックシールド”を採用。左右から、真ん中のグリルへ向けてあしらわれたクロームの造形のおかげで、印象はよりシャープに進化。研ぎ澄まされた感覚を持つアスリートらしく、内野さんは多少の悪路でも安定した走行ができるAWC(オールホイールコントロール)についても、さっそく感じ取ったよう。これは〈ミツビシ〉のSUVの特徴のひとつでもある。

「特にコーナーで感じたことなのですが、タイヤと地面がガッチリかみ合っているようで、すごくスムースに走れたんです。それに、小まわりがきいて、街中で乗ってもとっても気持ちいい。“RVR”のキビキビとした乗り味を体験してみて、自在に操れるBMXの楽しさに近いものを感じました」

なるほど、BMXのような楽しさを感じるとは、実に彼らしいコメント。もはや“RVR”は、内野さんの相棒決定!?

街にも海にも似合うルックスはアクティブなシーンにぴったり!

遠征と遠征の合間の休日。内野さんが“RVR”にBMXを載せて向かった先は、海沿いの広大なスペース。競技から離れ、なんの制約もないひととき。青い海を見ながら思う存分BMXを楽しむ姿は、とっても嬉しそう。そして、そんなリラックスしたシーンによく馴染むのも“RVR”のいいところ。とはいえ、そのルックスはあくまでも都会的。 ダイナミックシールドと呼ばれる新デザインコンセプトが宿る力強いフェイスをはじめ、佇まいも、スタイルを重視する内野さん好みだ

右:6:4分割可倒式のリヤシートを前倒しにすると、大容量のラゲッジスペースが出現。BMXも前輪を外すことなく、余裕で収納できる。載せる荷物や乗車する人数による調整も自由自在だ
左:お得意の、ダイナミックなスピンで遊ぶ内野さん。世界トップレベルの実力の持ち主は、遊びももちろん本気モード!


内野洋平さん

1982年神戸生まれ。BMXのフラットランドという競技において、2008年の世界大会で自身初の世界チャンピオンに。その後も通算5度にわたり世界タイトルを獲得。また、ソーシャルイベントTEDのスピーカーに選ばれるなど、ライダー以外の活動にも精力的に挑戦中。愛称はウッチー。


〈ミツビシ〉“RVR” G 4WD

●全長×全高×全幅:4355×1770×1630mm
●車両重量:1430㎏
●駆動方式:4WD
●燃料消費率:14.4km/ℓ
●乗車定員:5名
●税込み価格:248万7240円
※リサイクル料金が別途必要となります
※撮影車のボディカラー:チタニウムグレーメタリック
※ルーフレールはメーカーオプション

●三菱自動車 お客様相談センター
TEL:0120-324-860(月~金曜9:00~17:00、土・日曜9:00~12:00、13:00~17:00)

雑誌『Safari』5月号 P280・281掲載

『Safari』5月号の購入はコチラ!

写真=正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=城生なみ子 文=遠藤 匠
photo:Tomoo Syoju(BOIL) styling:Masahiro Enomoto(remix)
hair&make-up:Namiko Shiroo(+nine) text:Takumi Endo
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ