Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.10.04

すぐに役立つ
セレブ流のスタンスミス使い!

お洒落な人なら必ず持っているのが白スニーカー。足元に軽快さやヌケ感を出したいとき、これほど有効なアイテムはない。なかでも圧倒的な人気を誇るのが〈アディダス オリジナルス〉の“スタンスミス”。すっきりしたフォルムと、シンプルで飽きのこないデザインで、1971年の発売以来、時代を超えて愛されてきた名作だ。もともとはテニスシューズとして誕生し、オリジネイターであるスタン・スミス本人もいまだ健在。旬なアーティストやデザイナーたちと組んだコラボ作品も数多く、発売されるたびに話題を呼んでいる。


そんな“スタンスミス”は、もちろんセレブの間でもすっかり定番化。“スタンスミス”の持つ爽やかさやクリーンさは、彼らが打ち出したいイメージにもぴったりハマる。しかもクラシカルなコート系デザインや、レザーアッパーの落ち着いた上品さは、大人の足元にふさわしいもの。それでいて、あのヒールパッチやスリーストライプスが効いていて、それとなく自己主張してくれる。まさにセレブの求めている要素が詰まっているのが、“スタンスミス”というわけだ。では、そんな“スタンスミス”ラバーのセレブたちの着こなしを、一気に見てみよう。

NEXT 01 淡青デニムとの相性はやっぱり最高!

2/6PAGE

 


01 淡青デニムとの相性はやっぱり最高!

Justin Timberlake[ジャスティン・ティンバーレイク]

洒落者のジャスティンらしい、スポーティなデニムスタイルがコチラ。トップに蛍光色のアノラックを着ているぶん、足元はシンプルな白の“スタンスミス”。淡く色落ちしたデニムを合わせて、まさに最強の爽やかさを演出している。やっぱり淡青デニムと“スタンスミス”は抜群に相性がいい。定番を飾らず素直にコーデすると、こんなふうになるという好例だ。家族揃っての外出だから、あまり個性を出さず、シンプルにまとめているのかも。

NEXT 02 武骨なミリタリーコーデに軽快さをプラス!

3/6PAGE

 


02 武骨なミリタリーコーデに軽快さをプラス!

Jake Gyllenhaal [ジェイク・ギレンホール]

カーキのMA-1に黒のTシャツとパンツを合わせた、骨太な着こなしのジェイク。ここにゴツい黒ブーツでも合わせたら、ちょっと男クサくなりすぎるところ。ブーツ好きな彼のことだから、それもあり得ない話じゃないけれど、やっぱりちょっとヌケ感がほしいところだ。というわけで、足元にはやっぱり“スタンスミス”。オーソドックスな白×グリーンを選んでいるから、MA-1のカーキにもよく馴染んでいる。

NEXT 03 アウトドアなのに都会的な理由は足元にあり!

4/6PAGE

 


03 アウトドアなのに都会的な理由は足元にあり!

Liev Schreiber [リーヴ・シュレイバー]

タフな雰囲気が魅力のリーヴだけに、この日の着こなしもヘビーデューティなアウトドアジャケットがメイン。存在感のあるアウターだから、ほかのアイテムはできるだけシンプルにまとめたい。ということで、グレーニットや細身の黒スウェットを合わせて、大人っぽく都会的な着こなしに。さらに彼がウマいのは、足元に白の“スタンスミス”を取り入れたところ。アウターやスウェットのアクティブさを生かしつつ、すっきりした都会派の雰囲気は壊さない、絶妙なチョイスといえそう。

NEXT 04 大人アメカジのヌケ感作りに!

5/6PAGE

 


04 大人アメカジのヌケ感作りに!

David Beckham [デビッド・ベッカム]

ガゼット付きのグレースウェット、濃紺デニムパンツ、白の“スタンスミス”という、北カリフォルニアあたりの空気感を出したアメカジは、まさにベッカムの得意とするところ。そこへキャスケットやチェスターコートを合わせてシックにまとめあげるのも、彼らしいテクニックといえる。〈アディダス〉と契約していることもあり、スリーストライプスのスニーカーは何足も持っているはず。あえて定番の白をチョイスしたところが、今回の着こなしのキモといえるかも。

NEXT 05 モードなセットアップも足元次第!

6/6PAGE

 


05 モードなセットアップも足元次第!

Ewan McGregor [ユアン・マクレガー]

洒落者の間でよく見られるのが、“スタンスミス”をスーツやジャケットに合わせるコーデ。スマートなフォルムの“スタンスミス”だからこそ、そんな着こなしもサマになる。コチラのユアンも、今どき感のあるサルエル風シルエットのセットアップに、くるぶし見せで“スタンスミス”をコーディネート。これならモードっぽくなりすぎず、明るく爽やかなドレスダウン・スタイルに仕上がる。Tシャツが黒なだけに、足元を白で軽やかに見せているのも大正解だ。

セレブにも人気の高い、スポーティな定番グリーン。コチラは、パンチング加工やスリーストライプスはそのままに、アッパーとライニングに上質なレザーを使用したラグジュアリーな1足“スタンスミス リーコン ”。1万8000円(アディダス オリジナルス/アディダスグループ お客様窓口)

Information

●アディダスグループ お客様窓口
TEL:0570-033-033

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ