Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.11.12

リアム・ペインがお手本!
黒ライダースのひと味違う着こなし!

リアム・ペインは、ワン・ダイレクションのメンバーで現在ソロ活動も順調の人気歌手。プライベートではカラダを動かすことが好きで、ボクシングにハマったり、学生時代はクロスカントリー部で朝練に励んでいたこともあるとか。音楽もスポーツも万能、それでいてこのルックスなら、そりゃあ女性がほっとくわけがない。

さらに、ファッションセンスだって抜群。というのも、彼は男らしさに加え、今っぽさの取り入れ方がとても上手いのだ。そんな彼が最近ハマっているのは、黒のライダース。ライダースというと、ワイルド感たっぷりで武骨さが出せるのが特徴。とはいえ、いつもハードな着こなし一辺倒じゃ芸がない。たとえば、リアムのようにパンツの合わせに気をつければ、男らしさはありつつも、今っぽく洗練された印象に見えるはず。今回は、彼のひと味違うライダースこなしを是非参考にしてほしい。

NEXT リブパンと白スニで軽やかに見せる!

2/5PAGE

 

ライダース着こなし01
裾リブパンツ合わせ

スポーティさを出して軽やかに!

イギリスのラジオ局へ訪れたリアムがこちら。朝イチの出演だったにもかかわらず、お洒落な着こなしをしているのはさすがだ。ライダースのいいところは、楽ちんな普段着に羽織るだけで存在感を高めてくれるってこと。むしろ、スウェットパンツと合わせるくらいが、ハード&ソフトなバランスが生れて今っぽい雰囲気になる。さらにキャップや〈リーボック〉のクラシカルな白スニも、軽やかさの演出に貢献。重い印象になりがちなライダースだが、こうすることで彼は全体のバランスを取っているってわけ。

NEXT ほどよいリラックス感ときちんと感

3/5PAGE

 

ライダース着こなし02
ゆる太パンツ合わせ

リラックスした雰囲気がありつつ“きちんと感”も!

続いてはNYのソーホーを歩くリアム。彼がこの日、黒ライダースに合わせたボトムはゆったりシルエットの黒パンツ。ウエストライン高めのエレガントなタイプを選んで、”きちんと感”を演出したのがポイント。これにより、ライダースの男クサさをほどよく消臭。これが黒デニムだと、こうはならない。さらに足元には、話題の〈オフホワイト〉×〈コンバース〉チャックテイラー オールスターで、今どき感を投入。そのへんの”ストリート小僧”とは一線を画しているところはさすが。

NEXT パーティスタイルにもライダース!

4/5PAGE

 

ライダース着こなし03
サイドラインパンツ合わせ

サイドラインも落ち着いた色で大人な印象

つい先日、ロンドンで行われたパーティにもライダース姿で登場。トレンド感のあるサイドライン入りパンツをライダースに合わせて、品のある雰囲気に仕上げているのはなんとも新鮮。また、スラックスタイプのパンツに合わせて、足元を上品なレースアップブーツにしたのも品よく見せるワザ。これぞ、ライダースをパーティスタイルに取り入れる上級テク!

NEXT 人気の黒ライダース3選!

5/5PAGE

  

大人に最適な黒ライダースはコチラ!

リアムの着こなしをご覧のとおり、黒ライダースは武骨な着こなしだけじゃなく、すっきりと今っぽくも着こなせることはおわかりいただけたかと。もちろん、ライダース自体は流行に関係なくずっと着られるアイテム。というわけで、ここでは今季新たに手に入れたい1着をご紹介しよう。

[デウス エクス マキナ]
DEUS EX MACHINA

9万8000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム)

バッファローレザーを用いた武骨なボアライダース!

珍しいバッファローレザーは肉厚でもやわらかく、意外にも着やすいのが特徴。徐々にカラダに馴染んでいき、風合いも出てくるので経年変化も楽しめる。襟まわりには上質なボアをあしらい、保温性とデザイン性をアップ。さりげなくコインポケットを備えるなど、リアルバイカーも好む本格的仕様だ。

[リプレイ]
REPLAY

8万円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)


王道スタイルには王道の1着をチョイスして

王道のライダースジャケット。スッキリとしたシングルタイプだからミニマルに着こなせるし、ラムレザーで柔らかな風合いを実現しているから着心地だって快適。ショルダーや袖下、ベルトにはパッドをオン。袖のジップ横のブランドロゴも、さりげない着こなしのアクセントに。

[ジェームス グロース]
JAMES GROSE

12万5000円(ジェームス グロース/Safari Lounge

いつの時代も愛されるクラシックスタイル

イギリスの老舗レザーウエアブランド〈ジェームス・グロース〉。アーカイブのクラシックなスタイルをディテールまで再現。すっきりとしたシルエットでモダンに仕上げた、大人が着るのにちょうどいいライダースジャケット。ダメージデニムでワイルドに仕上げるのはもちろん、あえて細身のスラックスを合わせてハードさを中和させる技ありコーデもおすすめだ。

Information

●Safari Lounge
TEL:03-4485-1305

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ