Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.11.29

今季人気のボア付きレザーJK、
お洒落セレブはどう着こなしている?

セレブの定番アウターの1つがレザーJK。ワイルドなミリタリー系から、キリッとした男らしさが漂うライダースまで、選んでいるアイテムは人それぞれ。なんだけど、今シーズンはそのレザーJKに、ある共通の変化が見られるのだ。それはなにかというと、襟元にモフモフのボアが付いているってこと。このトレンドはちょっと見逃せない!

で、気になるのは、ボア襟レザーにすることで、どんな効果があるのかってこと。セレブたちの着こなしを見てみると、レザーの武骨さはそのままなのに、ボアの効果でリッチかつ柔らかい雰囲気が加わっているのがわかる。そしてもう1つ気付くのが、ボアはボアでも、その色が白派と黒派に分かれるということ。自分のキャラに合った1着を選ぶことで、ボア襟の効果をより生かしているようだ。ということで、白ボア、黒ボアを巧みに着こなしているセレブたちを早速見てみよう。



〈白ボアの効果はコレ!〉


黒や茶のレザーとのコントラストが際立つのが白ボア。着こなしにメリハリが生まれて、顔立ちをパッと明るく見せる効果も期待できる。ミリジャケに多いディテールだけど、むしろ無骨なレザーJKを優しげに。白という色の爽やかさで、着こなしにヌケを作りたい時にも重宝するはずだ。

NEXT 01   メリハリのあるブラックワントーンコーデに!

2/6PAGE

 


01 メリハリのあるブラックワントーンコーデに!

James Franco [ジェームズ・フランコ]

白の裏ボアになったB-3ジャケットで、黒ベースの硬派な着こなしにヌケを作ったジェームズ。ボアのおかげで首元にボリュームができ、シルエットにもメリハリが生まれている。ムートンならではのリッチ感も漂い、カジュアルなのに大人っぽさ満点な見え方に。暖かさも十分だから、寒いNYでもコレで問題なし!
 

NEXT 02 白ヌケをポイントにした優しい武骨コーデ!

3/6PAGE

 


02 白ヌケをポイントにした優しい武骨コーデ!

Michael Polish [マイケル・ポリッシュ]

武骨な雰囲気の茶レザーも、マイケルのように白ボアのものを選べば優しげに見せられる。こちらも暖かいムートン素材だから、インは白T1枚というシンプルさだ。全体的に男らしい武骨なアイテムを重ねているけど、白の分量が多いから爽やかにまとまっているという、お手本にしたい大人のワザだ。
 

NEXT 03 白の軽快感を生かしたスマートコーデ!

4/6PAGE

 


03 白の軽快感を生かしたスマートコーデ!

Pete Wicks [ピート・ウィックス]

俳優のピートも茶のムートンJKを愛用している1人。インに合わせたユル~い白ニットが、白ボアの素材感と絶妙にマッチ。軽快なヌケ感が生きた着こなしに仕上がっている。一方、ボトムはすっきりタイトなフォルムで逆三角形シルエットを作って引き締めている。これもボリュームのあるトップをスマートに見せるコツ!



〈黒ボアの効果はコレ!〉


黒レザージャケットを愛用しているセレブの場合、黒ボアのタイプにシフトしている人が多いようだ。白ボアが爽やかさやヌケ感をもたらすのに対して、黒ボアはリッチで洗練された雰囲気を演出してくれる。大人っぽく都会的な着こなしに仕上げたいなら、黒レザー×黒ボアを取り入れてみては?
 

NEXT 01 黒ボアを強調してリッチ感マシマシ!

5/6PAGE

 


01 黒ボアを強調してリッチ感マシマシ!

David Gandy [デビッド・ギャンディ]

襟がボアになった黒レザーJKを着た都会派モデルのデビッド。上下とも黒でまとめたスタイリッシュな着こなしだが、インナーの白、ブーツの茶を効かせることで、奥行き感のあるシックな装いに格上げしている。ボア襟を立てて強調しているのも、トレンドに敏感な彼らしいテクニックだ。
 

NEXT 02 カジュアルコーデをリッチに格上げ!

6/6PAGE

 


02 カジュアルコーデをリッチに格上げ!

Luke Evans [ルーク・エヴァンス]

味デニムにワークブーツを合わせたアメカジ調の着こなしに、黒ボアのムートンJKを羽織った俳優のルーク。アウター一発でリッチ感が出て、大人っぽく洗練された雰囲気に。これが白ボアのタイプだったら、もっと爽やかなカジュアル感が出ていたはず。小物もすべて黒にして、キリッと引き締まった雰囲気に仕上げているのもポイントだ。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ