Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
遊び心を見せるにはチラリと覗く手元が効果的!

2018.01.13
テンデンス
TENDENCE


いつも身につけていつであろう腕時計。男らしいものが無難だと、いつも同じようなものをつけているのでは? そんなときは〈テンデンス〉のコチラ。コレなら手元でさりげなく遊び心を感じさせてくれるから、印象にも違いがでる!?

遊び心。これって年を重ねれば重ねるほどに大切になってくる。なぜなら、遊び心があると柔軟性が生まれる。柔軟性があるといろいろな新しいものを取り入れることができるし、そうすることで男の魅力だってさらに磨かれるはず。だから、年をとればとるほど、遊び心は持ち続けていたいもの。それは、ファッションでも同じことがいえる。たとえば無難にジャケットにニットにデニムという合わせもいいけれど、それだと型にはまりすぎていてツマラナく見えてしまう可能性も。そう、おカタすぎるのも困りもの。そうならないために、腕時計で“遊び”を取り入れるのはどう? 見え隠れするくらいの手元だけなら、ちょっと遊んでもこれ見よがしにならないはず。

そこで、〈テンデンス〉の腕時計に注目してほしい。この立体的な腕時計、デザインが実にユニーク。なんと、コンパスモチーフという、遊び心たっぷりなデザインになっているのだ。しかも、ダイヤル部分には腕の動きに合わせて華麗にクルクルと回転する仕掛けもついていて、茶目っ気を感じられるのもいいところ。そして、ガラスケースはドーム型だから、まるで本物のコンパスみたいで存在感も抜群というわけ。北を指さないコンパスモチーフの時計なんて、ほかには見かけないから人とかぶることなく個性出しができるかも! また、パッと見ただけで時間がわかりやすいようにインデックスは立体的な作り。なので、デザインだけではなく腕時計としての使いやすさも、ちゃんと考えられている1本なのだ。

これだけデザイン性が高い遊び心たっぷりのアイテムだが、手元でならさりげなく身につけられる。この腕時計さえあれば、いつものジャケット姿だとしても、ジャケットの袖口からチラッと見せれば「大人なのにどこか遊び心があって素敵♡」と思わせられるかも!?


〈テンデンス〉の腕時計史上、一番大きいサイズ感のコチラなら、シンプルな装いにもアクセントになってくれるはず。また、サイドからも美しく見えるようにベゼルがないのも特徴のひとつとなっている。ケース径50㎜、クォーツ、ポリアミドケース、シリコンストラップ、5気圧防水。5万5000円(テンデンス/テンデンスジャパン)

INFORMATION

雑誌『Safari』2月号P235掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ