Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

同じブランドでも“香り”は大違い!
爽やかなのに渋みがある大人のオトコの香り!

2018.01.14

ポール・スチュアート
PAUL STUART


ドレスアップするシーンが多い季節。紳士的なイメージのNY発のブランド〈ポール・スチュアート〉なら、品のある装いにぴったりの香り。柑橘系の爽やかな香りながら、渋みがあるので落ち着いた大人の印象だ。


フレグランスアドバイザー
MAHO
外資系メーカーや香水関連会社を経て独立。セミナー講師のほか、パーソナルカウンセリングサロン“プライベート トワレ”を運営。


――今回はニューヨーカー御用達〈ポール・スチュアート〉が登場です。

MAHO(以下M) 
NYらしいスタイリッシュなブランドイメージよね。

――洗練された大人の雰囲気ですね。でも、定番の“リフレクション”は意外にスポーティな香りですね……。

M 
そうなの。シトラスがキリッと効いていながら、ムスクでセクシーさも出ているでしょ。これ海にもおすすめ。

――柑橘系は夏のイメージですが、こちらは落ち着きがありますね。

M 
プチグレンというビターオレンジの枝葉から抽出される香料が渋みを出しているからなのよね。爽やかなだけでないちょっと変化球系のニクい演出だわ。

――大人の男は一筋縄ではいかない、ということなんですかね?

M 
あら、上手なまとめ方ね。一方で新作は、“真の紳士”に捧げるというブランドコンセプトを象徴する香水として登場。ボトルも素晴らしく大変身したわよ。

――摩天楼をイメージしたデザインとか。カッティングが美しいです!

M 
スパイスや多種多様なウッド類、そこにコニャックが香って、知的で上品。クラシックな感じだけど、きちんとトレンドも押さえているわ。

――そういえば、こちらの新作も最初に柑橘が香りますよね?

M 
新旧ともにベースが共通しているから、昼のショッピングに定番、ディナーに新作と重ねづけしてもいいわよ。

――ドレスアップしたくなります!

M 
女ってね、普段カジュアルな印象のある男性がたまにキチッとすると、そのギャップにやられるものなの。

――き、着替えてきますね!





ポール・スチュアート
オード パルファン リフレクション〈右〉

遊び心をさりげなく表現した軽やかでスポーティな香り!
親しみのある爽やかなシトラスをベースに、大人の余裕を表現できるムスクを組み合わせている。軽やかでスポーティなスタイルにぴったり。存在感のあるプチグレンが効いているので、小僧っぽくならない調合はお見事。50㎖ 5000円(ポール・スチュアート)

ポール・スチュアート
オード パルファン N〈左〉
洗練された大人の男にぴったりな嫌味がない正統派がコチラ!
フレッシュさとコクがほどよく調和した、大人にこそふさわしい正統派な香水。様々な樹木の香料に加え、NYらしいコニャックがラストに香るのが特徴。たまにはスーツやジャケットなど凛とした印象のある装いに合わせるのも一興だ。50㎖ 8000円(ポール・スチュアート)

INFORMATION

雑誌safari2月号P211掲載

写真=川上 守 構成・文=藤村 岳
photo : Mamoru Kawakami
text : Gaku Fujimura

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ