Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

ジェットセッターたちのとっておきバカンス自慢!
【第98回】ニューポートビーチの定宿で海や水族館を楽しんだ家族旅!

2018.02.28

今回登場してもらったダニエルは、ロシア生まれのニューヨーク暮らし。彼のベストバカンスは、ロスの中心地から約50マイルほど南下したニューポートビーチだ。同じアメリカでも東海岸と西海岸は、彼いわく別物。行くたびに新たな発見があるんだとか。定番の海や山はもちろん、水族館にも立ち寄った、アクティブな旅の思い出を聞いた。


ショーツを使った
大人バカンスコーデ!

トップは〈ジョルジオ アルマーニ〉のジャケットと〈ベルサーチ〉のシャツできちんと感を出しながらも、〈ヤコブ コーエン〉のショーツでうまくドレスダウン。バカンス先では、クルマで移動することが多いので、足元はドライビングシューズ。あえて明るめのカラーを選び、彼らしい明るいキャラを演出している。


Profile

〈ティレット〉デザイナー兼CEO

ダニエル・ラザー
ロシアで生まれ、1981年に家族でニューヨークに移住。1985年からジュエリーデザイナーとして活動を開始し、1999年からは宝飾時計の世界へ。たくさんのヒットアイテムを生み出した後、2004年より自身のブランド〈ティレット〉をスタート。わずか14年でアメリカを代表する高級時計ブランドに成長させた。4歳と11歳の子供を持つ

ジュエリーと高級宝飾時計のスペシャリストであるダニエルは、ラグジュアリーな世界を知り尽くすデザイナー。彼がベストバカンスに挙げるのはさぞ豪華絢爛な旅だろうと思いきや、意外なことにカジュアルに過ごせるカリフォルニア有数のリゾートだった。

「基本的にバカンスは、家族と過ごすために取る。仕事で常にラグジュアリーな世界にいるから、カジュアルに楽しめる暖かい場所に行きたくなるんだ。いろいろと行ったけど、ニューポートビーチにあるペリカンヒルというリゾートホテルがベスト。ここは有名なゴルフコースがあるホテルだからゴルフ目当ての人が多い。だからプールがいつも空いているんだよ(笑)。近くにあるラグジュアリーホテルよりもかなり広いし、どこに行くにもアクセスがよくて気に入っているよ。きれいなビーチがクルマですぐの場所に多いし、子供たちが気に入っているサンディエゴのシーワールドだってクルマで1時間もあれば行ける。ほかにも自然がいっぱいの国立公園など、遊べる場所がたくさんあるよね。そしてホテルに戻れば、思いっきりリラックスできる。こんなに贅沢な場所はないよ!」

そのほかに挙げたのが、ニューポートビーチからほど近いマリブビーチと、東海岸きってのリゾートであるボカラトン。

「このふたつは、仲間たちと集まるのがすごく楽しい場所。大好きなマリブは、ビーチからすぐの場所に友人がビーチハウスを持っているんだ。みんなドレスダウンして、リラックスしながら過ごすのが最高。カリフォルニアの人たちは、すごく温かくて社交的。同じアメリカでもニューヨークといろんなものが違うんだよね。もうひとつの大好きな場所はフロリダにあるボカラトン。ここは友人が持っているボートがあって、そこで寝泊まりして、みんなで過ごしているよ。その船でディナーを食べにマイアミに行ったり、キーウエストまで遠出してみたり。船での移動っていうのが面白いでしょ?どこも共通しているのが、暖かくて海がきれい。そこは譲れないね!」


旅慣れ大人の必須アイテム Best3!

〈TRAVELING MUST ITEM 1〉スイムパンツ



小銭の入るポケット付きのスイムパンツは欠かせない!

バカンスは海のある場所で過ごすため、多機能なスイムウエアは欠かせない。「水着のまま海辺にある街も歩きたいから、ショーツタイプでポケットのあるものがマストなんだよ」


〈TRAVELING MUST ITEM 2〉ニット帽



機内などで髪型を気にせずリラックスするための帽子!
ブランドの頭文字が入ったオリジナルのニットキャップは、機内などでくつろぐために欠かせない。「移動中はできるだけリラックスしたいから、ニット帽を被るのが基本なんだよ」


〈TRAVELING MUST ITEM 3〉〈ティレット〉の腕時計



ラバーストラップなら水辺でも気にせず使える!

バカンスでは、〈ティレット〉の人気モデル“ゴッサム”を相棒にすることが多いそうだ。「ラバーストラップにしているから、プールサイドでもためらわずつけることができるんだよ」


心に残るバカンス BEST3!



〈MY FAVORITE DESTINATION 1〉ニューポートビーチ in USA

カリフォルニアのオレンジカウンティにある旧い港町。「サンディエゴとロサンゼルスの中間にあるからどっちにも遊びに行けるのが利点。落ち着いた街の雰囲気が気に入っているよ」




〈MY FAVORITE DESTINATION 2〉マリブビーチ in USA
サーフィンのメッカとしても知られるロサンゼルスを代表する場所。「海はもちろんのこと、ここに住んでいる人の温かさが好き。美味しいレストランも多くて、最高なんだよ」




〈MY FAVORITE DESTINATION 3〉ボカラトン in USA
マイアミと並ぶフロリダきってのリゾート。「ニューヨークからアクセスがいいし、深みのあるブルーの大西洋もおすすめだね。クルーザーでゆっくりとするのに最適な場所さ」

INFORMATION

雑誌Safari4月号 P254・255掲載

写真=鈴木規仁 文=佐藤周平 photo : Norihito Suzuki text : Shuhei Sato

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ