Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2018.04.01

ビジネスエリートの愛する万年筆! 第39回
鉛筆やボールペンとはフィーリングが違う! 万年筆は気持ちを引き締める 毎日の特別なセレモニー!

大手グローバル企業で要職を歴任しつつ、EBC(欧州ビジネス協会)の会長職を2期連続で務めているダニー・リスバーグ。生まれ育ったアメリカでは万年筆に親しむことはなかったものの、社長やCEOを務めるようになってからは万年筆が欠かせないと語る。デスクの上に置かれるのは愛用の万年筆とノート。歴戦のビジネスエリートはどんなふうに万年筆とつき合っているのだろうか!?

ダニー・リスバーグ[EBC(欧州ビジネス協会)会長]
PROFILE
アメリカ出身。世界的なエレクトロニクス企業にてアジア太平洋部門や国際部門の要職を歴任。関連企業の代表取締役社長、CEO、COOなどを務めた後、取締役会長に就任。その一方で、欧州の商工会議所からなる貿易政策を司る団体EBC(欧州ビジネス協会)の会長を2期連続で務める。30年以上日本と欧州の行き来を繰り返し、日本語も堪能。日本人の奥様とアメリカに留学中のお嬢様の3人家族。愛車は〈ポルシェ〉ひと筋。



友人への手紙



ジュリアンへ

君の仕事は素晴らしかった、
ありがとう。
プランは素晴らしく、
君がビジネスとともに
成長するのを楽しみにしています。

̶ダニー


万年筆はエモーショナルな筆記具!

EBC(欧州ビジネス協会)の会長を務めるダニー・リスバーグの手に握られていたのは、ご存知〈モンブラン〉のマイスターシュテュック149。かれこれ10年以上愛用し続けているという。ダニーが万年筆を使うようになったのは、グローバル企業の代表取締役社長に就任した20年近く前から。以来〈モンブラン〉ひと筋。万年筆のみならず、ボールペンも〈モンブラン〉で統一しているそうだ。「仕事の立場上、書類にサインするために万年筆が必要になった際、友人がすすめてくれたのが〈モンブラン〉でした。もともとクラシックでオーセンティックなデザイン、さらには時代を超えて愛される定番モノが好きなんです。ですから〈モンブラン〉の万年筆は私の好みにピッタリでした。実際、手にもよく馴染み、なにより書きやすいですしね」

ダニーが万年筆を使うのは、主に契約書やドキュメントにサインをするときと、プライベートなカードをしたためるとき。それ以外にも愛用のノートにアイデアを綴ったり、イラストを描いたり……。「筆記具に特別なこだわりがあるわけではないのですが、やはり万年筆は鉛筆やボールペンとは少し違うように感じます。もちろんPCやスマートフォンとも違いますよね。万年筆はある意味、人の心や創造力を刺激する、エモーショナルな筆記具といえるのではないでしょうか」

書いているときは無意識だが、改めて万年筆で書いたものを見返すと、そのときの気持ちやイメージが蘇ってくるという。万年筆で手書きすることは、思いがけず感情が入るものなのかもしれない。「確かに感情も入りますし、万年筆を使うことで気持ちも引き締まります。他の筆記具にはない“いい緊張感”がありますよね。毎日のデスクワークをピリッと刺激する、特別なセレモニーのような役割も果たしていると思います」

インタビューの最後に、新しい万年筆を買うならどんな万年筆がいいかを訊ねると、こんな答えが返ってきた。「やはり〈モンブラン〉の同じモデルを選ぶと思います。この万年筆自体にすでに感情移入してしまっていますから(笑)」


愛用の万年筆
マイスターシュテュック149
/モンブラン
 

モンブランひと筋15年以上。
一度惚れこんだらとことん使い続ける派!


万年筆の王道中の王道、〈モンブラン〉のマイスターシュテュックの中でも、最も大きく重厚感のある149を10年以上愛用している。いかにも万年筆然としたオーセンティックな佇まいがお気に入りなんだとか。それ以前は同じデザインのコンパクトサイズ、モーツァルトを使っていたそう。ボールペンも〈モンブラン〉を愛用中!


メモだけでなく、思いつくままにイラストも!



万年筆を使うのは主に書類にサインをするとき、と語るダニーだが、思いつくままにイラストを描くこともあるそう。万年筆は論理的な思考の手助けをしてくれるだけでなく、なにげないイマジネーションを刺激してくれる存在でもあるという。万年筆で下絵を描き、カラーボールペンで軽く色づけをすることが多い


愛用の名刺入れは、なんと奥様の手作り。クラフト好きの奥様がトカゲの革で作ってくれた本格派。中指に光るのはお嬢様から贈られた〈ティファニー〉のリング


愛車の〈ポルシェ〉911カレラにちなんで購入したという〈タグ・ホイヤー〉のカレラ。クラシックなデザインを好むダニーはシンプルなカレラをチョイス!


万年筆同様、ノートも同じブランドの同じモデルを使い続ける主義。3年前に使いはじめて以来、現在は〈モレスキン〉を愛用している。購入するのはレッドかブラックと決めている


COMPANY DATA


European Business Council[EBC(欧州ビジネス協会)]
日本と欧州の貿易環境改善に貢献!
1972年設立。欧州17カ国の各商工会議所や駐日経済団体の貿易政策を提言する機関。日本や欧州企業の貿易、投資環境の改善を目的に活動。欧州の商工会議所に属する2500超の企業や個人会員を代表しており、約350社がEBCのセクター別委員会に参加している。

Information

雑誌Safari5月号 P300・301掲載

写真=川上 守 文=真下武久
photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ