Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

この映画にムネアツ!
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』/『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』

2018.04.05

物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは? “豪快でマイペースなチャーチルに共感‼”
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

第2次世界大戦時の英国首相で、葉巻を手にした姿やVサインがトレードマークのウィンストン・チャーチル。これまでも『英国王のスピーチ』など数々の映画に登場していたけど、ここまで正面から本人にフォーカスし、彼が戦況を変える決断をした瞬間を克明に描いた作品ははじめてだろう。歴史のターニングポイントの裏で、一国のリーダーがどう動くべきか。現代にも通じるテーマが貫かれた一作だ!



昨年日本でもヒットし、本作と同じくアカデミー賞作品賞にもノミネートされた『ダンケルク』。これを観た人なら、フランスの港町ダンケルクへのドイツ軍の侵攻に対し、チャーチルがどう対処しようとしたかを知るうえでも必見! その場しのぎの判断ではなく、冷静かつ大局的な視点がリーダーには必要だと本作は教えてくれる。



強く印象に残るのは、チャーチルがロンドンの地下鉄に乗りこむシーン。これは事実の再現かどうかはわからない。しかし、地下鉄での一般市民との会話によって、チャーチルが自身の決意を確信するというのは、映画ならではの絶妙な演出だ。このシーンを含め、チャーチルの人間くささは全編に充満していて、朝から酒を飲み、風呂場で大切なミーティングをするなど、豪快なマイペースぶりに共感せずにはいられない。偉人としてだけでなく、隣にいそうなオジさんという存在として描くからこそ、終盤がエモーショナルな展開になってくる。彼を支える女性たち、特に秘書の視点も効果的だったりして、観客を飽きさせない演出が冴えている。



最大の見どころは、アカデミー賞を受賞した2部門の仕事だろう。主演男優賞受賞のゲイリー・オールドマンは、首相としての頼もしさや、憎々しさ、素直さ、狡猾さなど何層もの側面を巧みに演じたうえ、われわれ観客をも圧倒するスピーチを披露する。とはいえ、予備知識ゼロでこの映画を観たとき、チャーチル役がゲイリー・オールドマンだと気づかないかもしれない。

外見で彼だと判別できるのは“目”くらいで、チャーチルそのものを変身させた特殊メイクの最高テクニックには驚くばかり。表情に応じて繊細に動く顔の筋肉。血管の位置までも計算した皮膚の色。あごのたるみ具合や、1本1本の皺まで、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘の仕事に感動してしまう。「メイクをしていると感じさせないのが、最高のメイクの仕事」といわれる特殊メイク。その究極の世界を、本作はあからさまにではなく、あくまでも映画の一部として届けてくれる。



●『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

監督/ジョー・ライト 出演/ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ 配給/ビターズ・エンド/パルコ
2017年/イギリス/125分

TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー中

© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 
BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ