Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

この映画にムネアツ!
『パシフィック・リム:アップライジング』/『さよなら、僕のマンハッタン』

2018.04.12

セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは?“ジョン・ボイエガがアクション俳優として覚醒‼”
『パシフィック・リム:アップライジング』

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を獲得したギレルモ・デル・トロ監督が、日本の特撮作品への愛をたっぷりと注ぎこんだ『パシフィック・リム』。その続編がいよいよ公開される。今回、デル・トロ自身は製作にまわったものの、怪獣や日本文化へのリスペクトは引き継がれ、前作以上の仕上がりになっている。地球の存亡を賭けて、東京、富士山を舞台にKAIJU対イェーガーの超ヘビー級バトルが勃発する!



前作から10年後を描く本作。主人公は、先の大戦で活躍した英雄ペントコストの息子ジェイク。このジェイクを演じるのが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で名を馳せたジョン・ボイエガだ。まだ26歳の若手俳優で、しかも製作費が1億ドルを超えるビッグバジェット作品の主演は今回がはじめて。しかしながら、臆することなく堂々と演じ切っている。



これまでのジョン・ボイエガといえば、『スター・ウォーズ』シリーズでは並みいるキャラクター陣の後塵を拝し、突出した魅力を発揮できずにいたのだが、今回は大違い! 直情的だが正義感があるジェイク役は、彼の特長を見事に引き出していて、アクション俳優としての才能を覚醒させたといっても過言ではないほど。これまでアクション俳優の若手スターがなかなか出てこなかったハリウッドだが、スクリーンで躍動する彼に、待ちに待ったスターがついに誕生した!と胸躍らせる人も多いはずだ。



さて、本作での日本文化へのリスペクトは演出の面からも感じられる。日本人だからこそ思わずニヤリとしてしまう妙味があるのだ。というのも、日本のアニメや戦隊ヒーローからインスピレーションを得たのではないかと思われるシーンが随所に登場するから。地球侵略を目論むKAIJUと国際防衛組織の人型巨大兵器イェーガーがクライマックスで激突する地は、なんと東京! 巨大ビルが建ち並ぶ近未来の街並みもさることながら、そこではあの“RX₋78₋2ガンダム”が、一瞬だけだが登場するので、そちらにも是非注目してほしい!



●『パシフィック・リム:アップライジング』
製作/ギレルモ・デル・トロ 監督・脚本/スティーヴン・S・デナイト 出演/ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド 配給/東宝東和
2018年/アメリカ/上映時間111分

4月13日より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
 
BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ