Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.04.27

話題のクルマを品定め!
〈フォルクスワーゲン〉アルテオン

ある筋のディーラー関係者からの情報によると、最近、なんと3ボックスのセダンタイプのクルマが、20代の若者にヒタヒタとセールスを伸ばしているんだそうな! SUV大好きな『Safari』世代には意外に思われるかもしれない。だけど、無駄な出費を嫌う、“ゆとり〜さとり世代”の若者にとって、堅実なイメージのあるセダンって、賢い選択肢として“アリ”なのかも。

SUV人気をよそにセダンが売れてる!?

そんなワケで、流行っていると聞けば、押さえておいたほうがいいに決まっている。「確かに、最近セダン系は守備範囲外だったなぁ」というみなさんにこそ、乗り遅れにご用心。若い世代に学んでこそ、真のトレンドセッター(?)といえるんじゃない⁉ というわけで、今リアルに若者に支持を伸ばしている1台をご紹介したい。それが〈フォルクスワーゲン〉アルテオンだ。
昨年末に日本導入されて以来、実に2018年モデルは完売。現在もバックオーダー状態になっているという、隠れたヒットモデルでもある。



写真はすべて、アルテオンR-Line 4MOTION Advance
 

NEXT このクルマがウケてる秘密は!?

2/2PAGE

 

なんたって見た目がスタイリッシュ!

2017年の東京モーターショーでお披露目されたコチラ、実に端正なルックスがウリだ。リアエンドに向かって大胆に傾斜しているルーフラインは、遠目に見るとクーペのようにも見える。
それもそのはず、このアルテオンはセダンライクなんだけどセダンではない。
〈フォルクスワーゲン〉はコレを“ファストバック”と呼んでいて、一種、クーペのような位置づけにしている。
モデル体系でいえば同社パサートの兄貴分に当たり、ライバルは〈メルセデス・ベンツ〉のCLSや、〈ビー・エム・ダブリュー〉の4シリーズなどに相当する。





満足できる高い質感と使い勝手のよさ!

さらにこのアルテオンは、先述の、強力かつ個性豊かなライバル達に食いこむべく作りこまれた、あらゆる質感の高さも目を見張る。
エクステリアでいえば、キリっと眼光鋭いライトまわりからシャープなボーダーラインで構成されたグリル、そしてサイドビューからリアエンドにかけて、どこを切り取ってもまさに絵になる端正なクールビューティ。それほど巨大なボディサイズでもないのに、存在感を強烈にアピールしてくる。

内装だって負けちゃいない。ドイツ車らしい、かっちりと硬派でいて、システマティックに配置されたスイッチ類や、グラフィックの美しいディスプレイ。加えて、間接照明のように車内をノーブルに照らすアンビエントライト。まるでデザイナーズホテルのロビーラウンジのような雰囲気を醸し出す。
上位グレードであるR-Line 4MOTIONとR-Line 4MOTION Advanceには、ブラックベースにチタンブラックでパイピングを効かせたナッパレザー製のシートが用意されるのだが、これがまた、ほどよくレーシングでイイ。アダルトなヤンチャさを兼ね備えていて、シックな室内にピリっとスパイスを効かせていて、セダンに漂いがちなジジ臭さをも微塵も感じさせない。

 





路面に張りつくような走りはさすが!

走りの質感も、まさにクールビューティそのもの。2ℓのターボエンジンは、いざというときにこそスペックを遺憾なく発揮するが、普段は至ってジェントルなもの。市街地走行での室内の静粛性は抜群。だけど、いざ山道に持って行けば、コシのあるサスペンションと四輪駆動が路面をしっかりと掴んで、スルスルと駆け上がる。正直コレって、背の高いSUVでは味わえないオン・ザ・ロード感。そう、スポーティな走りが気持ちいいのだ。 





しかもアルテオンの魅力は、外観から想像できないくらい広い荷室にもある。公式サイトでも謳われているように、とにかくトランクが広〜い! つまり、スタイリッシュに見えても、使い勝手は至って実用的。大型のスーツケースでもラクラク飲みこむその広大さは、まるでワゴンのようなんだから! 
クルマをレジャーに、プライベートに、そして仕事にと、マルチに使い倒したい『Safari』世代にも、この選択は“大アリ”なのだ。



Information

●フォルクスワーゲンカスタマーセンター
TEL:0120-993-199

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ