Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.05.21

話題のクルマを品定め!
〈キャデラック〉XT5 クロスオーバー

「これだけ流行すると、カブりが心配」、な〜んて理由で、SUV選びを諦めている人、いませんか? その気持ち、よ〜くわかります。人気モデルはまわりの誰かがすでに所有しているからマネしたみたいでイヤだし……。だからといって、あまりにマイナーなクルマはハズす可能性が高そうだし。

人とカブらないSUVが欲しい!


「これだけ流行すると、カブりが心配」、な〜んて理由で、SUV選びを諦めている人、いませんか? その気持ち、よ〜くわかります。人気モデルはまわりの誰かがすでに所有しているからマネしたみたいでイヤだし……。だからといって、あまりにマイナーなクルマはハズす可能性が高そうだし。

だったらこんな選択肢はどうだろう。〈キャデラック〉XT5 クロスオーバーだ。

クルマニアな『Safari』読者なら、今の〈キャデラック〉に対して“デカくて乗り味はゆったり、しかも大食い(=高燃費)”なんていう、旧世代のイメージを未だに信じている人なんていないとは思う。

とはいえ例外もある。あえて説明するならば、同社ラインナップ中で今もそんな乗り味を継承しているモデルは、フルサイズSUVの“エスカレード”のみ。というのも、エスカレードはスーパーセレブを顧客に持つ、同社でも特殊なモデル。コレだけは独自性を貫くしかないため、今となっては唯一、往年の“キャディー”らしさを踏襲しているモデルになっているってわけだ。

じゃ、ほかのモデルはどんな感じになっているのか?

答えはこうだ。めちゃめちゃモダンでスポーティになっているんです!









 

NEXT では、〈キャデラック〉XT5の魅力とは?

2/2PAGE

 

上質なSUVだけどコスパがすごい!


歴史ある〈キャデラック〉さえも、いまや生き残りを賭け、グローバルでの販売台数を伸ばすことが至上命題。その世界戦略として、同社は徹底的にジャーマン3(メルセデス・ベンツ、ビー・エム・ダブリュー、アウディのこと)をベンチマークし研究。欧州の競合に打ち勝つために、マジメにクルマづくりに励んできたのだ。

むろん、勝つためにはバリューも求められる。特にアメリカの顧客はクルマにプラスαの価値を求める傾向にある。つまり、いくらいいクルマでも「高けりゃ買わない」という、消費者心理をことさらに強く持っている。

そんな背景の中で誕生したのが、このXT5クロスオーバー。おすすめの理由はズバリ、コスパの高さにある。

サイズ的にはDセグメントとCセグメントの間に位置する。しかし、価格帯はDセグメントクラス。導入当時は“プラチナム”という上級グレードしかなかったが、最近“ラグジュアリー”という下位グレードが登場したのも朗報!





プラチナムが税込み価格754万9200円、ラグジュアリーが668万5200円、その価格差86万4000円なのだが、正直、この下位グレードは“買いグレード”。大きな違いは20インチか18インチか、〈ボーズ〉のスピーカーが14個か8個か、リアカメラがつくか否か、あとは内装の選択肢のみ。

〈キャデラック〉ならではの、ギラっとした高級感は内外装ともに遜色なし。安全性能や走行性能にも差はないどころか、むしろ18インチタイヤはアタリが柔らかく、ソフトな乗り心地が快適そのものなのだ。





クルマとしての性能もとてもイイ。3.6ℓV6エンジンは自然吸気ならではのタイムラグのない加速を楽しめるうえ、低〜中負荷時には気筒休止をして燃費向上に貢献。大型エンジンとて、実燃費はなかなかのものだ。
しかも全モデルAWD(四輪駆動)ときているんだから、ホラ、コスパ最高でしょ?

さらに、居住性も素晴らしい。
なんとリアシートには1m近いスペースをレッグルームに確保しているほか、シートアレンジも競合を研究し尽くしたのか、日本のミニバン並みに多彩。カーゴスペースもやたらに広く、欧州勢とはまた違ったおもてなしの形を見つけることができる。











まさに、今どきの形をバリューたっぷりに装備したこのクルマ。しかも、〈キャデラック〉のブランドには、アメリカ好きにとってはそれなりの神通力もあるはず。「今どんなクルマ乗ってるの?」「ん?〈キャデラック〉」。な〜んて、一生に一度は言ってみたい、憧れワードだと思わない⁉

Information

●GMジャパン・カスタマーセンター 
TEL:0120-711-276

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベントラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!
PR
2018.08.14

〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベント
ラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!

8月24日、〈阪急メンズ東京〉がひと足早い秋の訪れとともに見た目も心も満たす、響く、刺激する秋冬ファッションを刺激するファッション&ライフスタイルイベントを開催。こちらのクローズドイベントに10組20名様をご招待!

TAGS:   Fashion Event
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ