Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.05.21

話題のクルマを品定め!
〈キャデラック〉XT5 クロスオーバー

「これだけ流行すると、カブりが心配」、な〜んて理由で、SUV選びを諦めている人、いませんか? その気持ち、よ〜くわかります。人気モデルはまわりの誰かがすでに所有しているからマネしたみたいでイヤだし……。だからといって、あまりにマイナーなクルマはハズす可能性が高そうだし。

人とカブらないSUVが欲しい!


「これだけ流行すると、カブりが心配」、な〜んて理由で、SUV選びを諦めている人、いませんか? その気持ち、よ〜くわかります。人気モデルはまわりの誰かがすでに所有しているからマネしたみたいでイヤだし……。だからといって、あまりにマイナーなクルマはハズす可能性が高そうだし。

だったらこんな選択肢はどうだろう。〈キャデラック〉XT5 クロスオーバーだ。

クルマニアな『Safari』読者なら、今の〈キャデラック〉に対して“デカくて乗り味はゆったり、しかも大食い(=高燃費)”なんていう、旧世代のイメージを未だに信じている人なんていないとは思う。

とはいえ例外もある。あえて説明するならば、同社ラインナップ中で今もそんな乗り味を継承しているモデルは、フルサイズSUVの“エスカレード”のみ。というのも、エスカレードはスーパーセレブを顧客に持つ、同社でも特殊なモデル。コレだけは独自性を貫くしかないため、今となっては唯一、往年の“キャディー”らしさを踏襲しているモデルになっているってわけだ。

じゃ、ほかのモデルはどんな感じになっているのか?

答えはこうだ。めちゃめちゃモダンでスポーティになっているんです!









 

NEXT では、〈キャデラック〉XT5の魅力とは?

2/2PAGE

 

上質なSUVだけどコスパがすごい!


歴史ある〈キャデラック〉さえも、いまや生き残りを賭け、グローバルでの販売台数を伸ばすことが至上命題。その世界戦略として、同社は徹底的にジャーマン3(メルセデス・ベンツ、ビー・エム・ダブリュー、アウディのこと)をベンチマークし研究。欧州の競合に打ち勝つために、マジメにクルマづくりに励んできたのだ。

むろん、勝つためにはバリューも求められる。特にアメリカの顧客はクルマにプラスαの価値を求める傾向にある。つまり、いくらいいクルマでも「高けりゃ買わない」という、消費者心理をことさらに強く持っている。

そんな背景の中で誕生したのが、このXT5クロスオーバー。おすすめの理由はズバリ、コスパの高さにある。

サイズ的にはDセグメントとCセグメントの間に位置する。しかし、価格帯はDセグメントクラス。導入当時は“プラチナム”という上級グレードしかなかったが、最近“ラグジュアリー”という下位グレードが登場したのも朗報!





プラチナムが税込み価格754万9200円、ラグジュアリーが668万5200円、その価格差86万4000円なのだが、正直、この下位グレードは“買いグレード”。大きな違いは20インチか18インチか、〈ボーズ〉のスピーカーが14個か8個か、リアカメラがつくか否か、あとは内装の選択肢のみ。

〈キャデラック〉ならではの、ギラっとした高級感は内外装ともに遜色なし。安全性能や走行性能にも差はないどころか、むしろ18インチタイヤはアタリが柔らかく、ソフトな乗り心地が快適そのものなのだ。





クルマとしての性能もとてもイイ。3.6ℓV6エンジンは自然吸気ならではのタイムラグのない加速を楽しめるうえ、低〜中負荷時には気筒休止をして燃費向上に貢献。大型エンジンとて、実燃費はなかなかのものだ。
しかも全モデルAWD(四輪駆動)ときているんだから、ホラ、コスパ最高でしょ?

さらに、居住性も素晴らしい。
なんとリアシートには1m近いスペースをレッグルームに確保しているほか、シートアレンジも競合を研究し尽くしたのか、日本のミニバン並みに多彩。カーゴスペースもやたらに広く、欧州勢とはまた違ったおもてなしの形を見つけることができる。











まさに、今どきの形をバリューたっぷりに装備したこのクルマ。しかも、〈キャデラック〉のブランドには、アメリカ好きにとってはそれなりの神通力もあるはず。「今どんなクルマ乗ってるの?」「ん?〈キャデラック〉」。な〜んて、一生に一度は言ってみたい、憧れワードだと思わない⁉

Information

●GMジャパン・カスタマーセンター 
TEL:0120-711-276

文=今井優杏 text:Yuki Imai
1月15日から22日までの期間限定!〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!
PR
2019.01.15

1月15日から22日までの期間限定!
〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!

1月15日から22日の1週間、阪急メンズ東京1Fのエントランススペースに〈テスラ〉モデル3が展示される。

TAGS:   Cars
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ