Safari Online

SEARCH

2016.12.27

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第24回】ピーター・デール[ネリウム インターナショナル ジャパン ジェネラルマネージャー]

書き損じできない適度な緊張感が心地いい! 万年筆で書くことは実はリラックスに繋がる! 日本で生まれ育ち、日本と海外を結ぶ国際事業を手掛けてきた〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。墨絵好きだったアメリカ人の父親の影響で…

書き損じできない適度な緊張感が心地いい! 万年筆で書くことは実はリラックスに繋がる!

日本で生まれ育ち、日本と海外を結ぶ国際事業を手掛けてきた〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。墨絵好きだったアメリカ人の父親の影響で、自身も幼い頃からカリグラフィや文字を書くことが好きだったという。そんなピーターが愛用する万年筆は、左ページのブルーの2本。使いこまれた2本の万年筆にはどんなストーリーがあるのだろうか!?

最愛の人への手紙

ジェフへ

あなたのリーダーシップとビジョンにいつも感謝しています。
ネリウム ジャパンの設立が大成功し、業務の記録を更新し続けていることを
嬉しく思います。

ピーターより

万年筆はプライベートの密かな楽しみ!

父親の仕事の都合により、京都で生まれ、幼少期を神戸で過ごした〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。授業で万年筆を使う機会はなかったが、万年筆はずっと憧れの存在だったという。
「父は墨絵好きで、そのうえ筆まめ。父が机に向かって手書きする背中を見てきたので、私自身も書くことは好きでした。でも当時の私にとって万年筆は高級品。使ったことすらありませんでしたね」

はじめて万年筆を手に入れたのは、ビジネスをスタートさせてから。ある案件の成功を祝して、取引先の社長からプレゼントされたんだそう。それが写真左上の〈ウォーターマン〉のマエストロ。
「傷だらけでスミマセン(笑)。1994年にいただいたものなので、かれこれ20年以上になりますね。細身のフォルムが私の手にしっくり馴染み、ペン先も私のクセに合わせてちょっと曲がっているんです。さすがにくたびれてきたので、新しく〈パーカー〉の万年筆を買ってからは、思い出とともに保管しています」

では、実際にどんなシーンで万年筆を使っているのだろうか。それを尋ねると、意外な答えが返ってきた。契約書へのサインやビジネスレターといった例外を除き、使うのは主にプライベートだという。
「万年筆で書くことは、私にとってリラックスの時間なんです。デジタルで疲れた脳のリハビリのようなものです(笑)。私は江戸や明治期のアンティークガラスを収集しているのですが、その情報を万年筆で一冊のノートにまとめています。もともと書くことは好きなのですが、万年筆で自分の好きなことについて書いている時間は、本当に心が和みます」

アンティークガラス以外にも、コンテンポラリーの版画なども収集していると話すピーター。万年筆はその対象にならなかったのだろうか?
「確かに、万年筆の世界も魅惑的ですよね。思わずハマってしまいそうなので、あえて目を背けているんですよ(笑)」

愛用の万年筆

アーバン ベイシティブルー/パーカー

自分ではじめて購入したシンプル&スタイリッシュな1本!

男らしく大きな手を持つピーターだが、万年筆はボディもペン先も細いほうが好み。コチラは試し書きをして、即購入を決めた1本。人間工学に基づき美しくシェイプされたボディは、握りやすく書き疲れもしないそう!

マエストロ /ウォーターマン

はじめての万年筆にして18年使い続けたよき相棒

日本では1992~96年頃まで発売されていた絶版モデル。洗練された細身のフォルムとネイビーブルー×ゴールドのカラーリングがお気に入り。今はあまり使わなくなったものの、自宅で大切に保管中とのこと!

万年筆にこれを合わせる!

お気に入りのブルーがコーディネートのポイント!

特に意識はしていないというものの、万年筆は2本ともブルー系。シャツやタイなどもブルー系が圧倒的に多いピーター。仕事中もボトムはほぼ毎日ブルーデニム。カジュアルながらも、ブルーを基調としたコーデがスマートな上品さを漂わせる。ちなみにインクも必ずブルー!


PROFILE

京都生まれ、神戸育ち。14歳のときにNYへ。マサチューセッツ州立大学卒業。在学中にイベントおよび旅行会社を起業し、アメリカと日本を結ぶビジネスをスタート。その後、日本に戻り、グローバルダイレクトセリング業界へ転身。アメリカ、日本、アジア太平洋地域において活躍する。2015年6月に〈ネリウム インターナショナル〉の日本法人立ち上げとともに、ジェネラルマネージャーに就任。現在に至る。


COMPANY DATA

●NERIUM INTERNATIONAL JAPAN[ネリウム インターナショナル ジャパン]
急成長を続ける大人のスキンケアブランド

独自の研究開発から生まれた成分を配合したエイジング&スキンケア製品を提供。2011年にアメリカ・テキサス州で創業し、4年間という短い期間で累積収入10億ドルを達成。その後も業績を更新し続けている。現在では、北米、南米、そしてアジアに展開し、世界中に製品愛用者を増やしている。日本での事業開始は’16年。

雑誌『Safari』2月号 P262・263掲載

『Safari』2月号の購入はコチラ!

写真=川上 守 文=真下武久 photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベントラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!
PR
2018.08.14

〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベント
ラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!

8月24日、〈阪急メンズ東京〉がひと足早い秋の訪れとともに見た目も心も満たす、響く、刺激する秋冬ファッションを刺激するファッション&ライフスタイルイベントを開催。こちらのクローズドイベントに10組20名様をご招待!

TAGS:   Fashion Event
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ