Safari Online

SEARCH

2016.12.27

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第24回】ピーター・デール[ネリウム インターナショナル ジャパン ジェネラルマネージャー]

書き損じできない適度な緊張感が心地いい! 万年筆で書くことは実はリラックスに繋がる! 日本で生まれ育ち、日本と海外を結ぶ国際事業を手掛けてきた〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。墨絵好きだったアメリカ人の父親の影響で…

書き損じできない適度な緊張感が心地いい! 万年筆で書くことは実はリラックスに繋がる!

日本で生まれ育ち、日本と海外を結ぶ国際事業を手掛けてきた〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。墨絵好きだったアメリカ人の父親の影響で、自身も幼い頃からカリグラフィや文字を書くことが好きだったという。そんなピーターが愛用する万年筆は、左ページのブルーの2本。使いこまれた2本の万年筆にはどんなストーリーがあるのだろうか!?

最愛の人への手紙

ジェフへ

あなたのリーダーシップとビジョンにいつも感謝しています。
ネリウム ジャパンの設立が大成功し、業務の記録を更新し続けていることを
嬉しく思います。

ピーターより

万年筆はプライベートの密かな楽しみ!

父親の仕事の都合により、京都で生まれ、幼少期を神戸で過ごした〈ネリウム インターナショナル ジャパン〉ジェネラルマネージャーのピーター・デール。授業で万年筆を使う機会はなかったが、万年筆はずっと憧れの存在だったという。
「父は墨絵好きで、そのうえ筆まめ。父が机に向かって手書きする背中を見てきたので、私自身も書くことは好きでした。でも当時の私にとって万年筆は高級品。使ったことすらありませんでしたね」

はじめて万年筆を手に入れたのは、ビジネスをスタートさせてから。ある案件の成功を祝して、取引先の社長からプレゼントされたんだそう。それが写真左上の〈ウォーターマン〉のマエストロ。
「傷だらけでスミマセン(笑)。1994年にいただいたものなので、かれこれ20年以上になりますね。細身のフォルムが私の手にしっくり馴染み、ペン先も私のクセに合わせてちょっと曲がっているんです。さすがにくたびれてきたので、新しく〈パーカー〉の万年筆を買ってからは、思い出とともに保管しています」

では、実際にどんなシーンで万年筆を使っているのだろうか。それを尋ねると、意外な答えが返ってきた。契約書へのサインやビジネスレターといった例外を除き、使うのは主にプライベートだという。
「万年筆で書くことは、私にとってリラックスの時間なんです。デジタルで疲れた脳のリハビリのようなものです(笑)。私は江戸や明治期のアンティークガラスを収集しているのですが、その情報を万年筆で一冊のノートにまとめています。もともと書くことは好きなのですが、万年筆で自分の好きなことについて書いている時間は、本当に心が和みます」

アンティークガラス以外にも、コンテンポラリーの版画なども収集していると話すピーター。万年筆はその対象にならなかったのだろうか?
「確かに、万年筆の世界も魅惑的ですよね。思わずハマってしまいそうなので、あえて目を背けているんですよ(笑)」

愛用の万年筆

アーバン ベイシティブルー/パーカー

自分ではじめて購入したシンプル&スタイリッシュな1本!

男らしく大きな手を持つピーターだが、万年筆はボディもペン先も細いほうが好み。コチラは試し書きをして、即購入を決めた1本。人間工学に基づき美しくシェイプされたボディは、握りやすく書き疲れもしないそう!

マエストロ /ウォーターマン

はじめての万年筆にして18年使い続けたよき相棒

日本では1992~96年頃まで発売されていた絶版モデル。洗練された細身のフォルムとネイビーブルー×ゴールドのカラーリングがお気に入り。今はあまり使わなくなったものの、自宅で大切に保管中とのこと!

万年筆にこれを合わせる!

お気に入りのブルーがコーディネートのポイント!

特に意識はしていないというものの、万年筆は2本ともブルー系。シャツやタイなどもブルー系が圧倒的に多いピーター。仕事中もボトムはほぼ毎日ブルーデニム。カジュアルながらも、ブルーを基調としたコーデがスマートな上品さを漂わせる。ちなみにインクも必ずブルー!


PROFILE

京都生まれ、神戸育ち。14歳のときにNYへ。マサチューセッツ州立大学卒業。在学中にイベントおよび旅行会社を起業し、アメリカと日本を結ぶビジネスをスタート。その後、日本に戻り、グローバルダイレクトセリング業界へ転身。アメリカ、日本、アジア太平洋地域において活躍する。2015年6月に〈ネリウム インターナショナル〉の日本法人立ち上げとともに、ジェネラルマネージャーに就任。現在に至る。


COMPANY DATA

●NERIUM INTERNATIONAL JAPAN[ネリウム インターナショナル ジャパン]
急成長を続ける大人のスキンケアブランド

独自の研究開発から生まれた成分を配合したエイジング&スキンケア製品を提供。2011年にアメリカ・テキサス州で創業し、4年間という短い期間で累積収入10億ドルを達成。その後も業績を更新し続けている。現在では、北米、南米、そしてアジアに展開し、世界中に製品愛用者を増やしている。日本での事業開始は’16年。

雑誌『Safari』2月号 P262・263掲載

『Safari』2月号の購入はコチラ!

写真=川上 守 文=真下武久 photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ