Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

ジェットセッターたちのとっておきバカンス自慢!
【第85回】ポール・メイトランド・デイ[モデル・スタイリスト]

2017.01.23

Profile

南カリフォルニア出身で、ロングビーチ在住。以前は家具デザイナーとして活動し、現在はモデルやスタイリスト、アートディレクターとして活躍。米国はもちろん、ヨーロッパにも活動の場を広げ、日本のメディアにも多く登場する。趣味はサーフィン。ミッドセンチュリー家具やレコード、さらに〈ヴェスパ〉の収集家としても有名。

●旅服はパンク&モード!? それもすべてヴィンテージ!

〈トッズ〉のライダースJKにセックスピストルズのバンドT、パンツとベルトは〈ヴィヴィアン・ウェストウッド〉という上品な大人パンク姿。そこに〈イヴ・サンローラン〉のクリーパーシューズと〈ジャックマリーマージュ〉のサングラスをプラス。

セレブが集まる力プリ島で絶景と楽しみながらゆったり時間!

モデルやスタイリストとして、アメリカだけでなくヨーロッバや日本でも活躍するポール。彼はLAサーファーでありながら、英国カルチャーにも造詣が深く、2つをミックスしたスタイルが得意だ。そんな彼の思い出深いバカンスは、絶景を眺めながら一日中リラックスして過ごしたカプリ島だという。

モッズとサーフカルチャーを組み合わせたような、独自のスタイルを貫く、ポール・メイトランド・デイ。家具デザイナーとして活躍後、ファッション好きが高じて現在はモデル、スタイリストと肩書を変更。独自の世界を築き上げ活躍の場を広げた、異例のキャリアの持ち主だ。ミッドセンチュリー家具に囲まれた自宅には、キ—ス・ヘリングがペイントしたサ—フボ—ドがさりげなくディスプレイされていたり、ガレージにはヴィンテージの〈ヴェスパ〉がズラリ並んだりと、まるでギャラリーのよう。そんなお洒落な生活を送る彼のバカンスも、もちろんどれもエッジが効いている。なかでも一番印象に残った場所は、イタリアは、ティレニア海に浮かぶカプリ島でのゆったりバカンス。

「ここは妻のキャサリンと約1週間滞在した、人生最高の旅。景色はもちろん、人々、料理、すべてが美しかったよ。滞在した〈グランドキジサーナ〉は、五ツ星ホテルの中でもホスピタリティから食事のクオリティまで、これまたすべてがバランスよく、素晴らしかったね。日中は目の前に広がるティレニア海でヨットに乗って島巡りをしたり、洞窟を見学したり。僕の趣味であるサーフィンとはひと味違った海遊びを楽しめたよ。夕暮れどきは海辺でカクテル片手に、妻と旅の思い出を語り合ったね。なんともロマンチックなひとときを、抜かりなく演出できたよ(笑)」
2番めに思い出深いのはロンドン。

「スコットランドの血をひく僕にとって、英国文化の影響は避けて通ることができない。なかでもあらゆるカルチャーが生まれるロンドンは毎年のように訪ねているから、第二の故郷といえるかも(笑)。ただ、2015年に行ったときが特に印象的なんだ。コヴェント・ガーデン地区にペントハウスを借りていた友人がたまたまいて、彼を訪ねてカプリ島の前に立ち寄ったんだ。すると別の友人2人も偶然このエリアに滞在していることがわかってさ。偶然の再会に話に花を咲かせてはパブをハシゴしたんだ。ロンドンのパブ文化は、そのとき十分に味わえたかな。あ、もちろん妻も一緒だったよ(笑)」

旅慣れ大人の必須アイテムBEST3!

〈TRAVELING MUST ITEM 1〉 DJグッズ

バカンス先に最適な1枚を見つける達人!?

車での旅に欠かせない一式。旅先に合わせて聴きたいアルバムを選曲し、その旅オリジナルのサウンドトラックも制作!旅先でもレコード店のチェックを欠かさない

〈TRAVELING MUST ITEM 2〉グレースーツ

レストランも街の散策も果てはビーチでも着られる!

どこへ行くにも必ず持参するスーツは〈トム ブラウン〉。「僕の定番色、グレーはファンシーなレストランからビーチまで(!)、シーンを選ばず着こなせる便利な色なんだ」

〈TRAVELING MUST ITEM 3〉〈ルイ・ヴィトン〉のコインケース

チップをすぐ渡せるように旅先の外貨を入れて活用!

限定の“グルームコレクション”のコインケースは、トランクの取っ手に必ず引っ掛けておく。「チップを払うときに便利」という発想は、旅慣れているからこそできる小ワザだ

心に残るバカンスBEST3

〈MY FAVORITE DESTINATION 1〉カプリ in ITALY

滞在したホテルではディナーやバー 堪能。深く青い海と白いギリシャ建築の、美しいコントラストに魅了されたよう。写真の“青の洞窟”では、「コバルトブルーの海を見たら、心が清められたね」

〈MY FAVORITE DESTINATION 2〉ロンドン in UK

ヨーロッパ旅行の際には、ほぼ毎回立ち寄る第二の故郷。たまたまミュージアムで行われていた大好きなローリング・ストーンズのエキシビジョンも、愛妻としっかりチェック

〈MY FAVORITE DESTINATION 3〉セントバーツ島 in FRENCH CARIBBEAN

2016年に奥様と1週間ほど滞在。毎日どこかしらで開かれるパーティ、ほぼすべてに参加したとか。友人でデザイナーのベッツィ・ジョンソンとも一緒に、夜な夜な楽しんだよう

雑誌『Safari』3月号 P206・207掲載

『Safari』3月号の購入はコチラ!

写真=岡積千可 文=高橋百々 photo:Chika Okazumi text : Momo Takahashi

BACK TO LIST
ページトップへ