Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
RED CARD[レッドカード]

2017.03.01

〈レッドカード〉が得意なヴィンテージ加工を存分に楽しめる1本。腿から膝にかけて、擦りの入った部分と、洗いで色落ちしている部分の境界をグラデーション加工。わざとらしくないリアルさが表現されている。腰や膝など立体感のあるシワ加工も特徴。右:2万4000円 左:1万9000円(以上レッドカード/ゲストリスト)

春に穿きたいデニムは味ありのクロップド!

これからやってくる春に穿くデニムとしてうってつけなのがクロップド。丈が短く足首が見えるので、すっきりと軽やかな印象。そこでおすすめしたいのが〈レッドカード〉。新しく登場したヴィンテージ加工のクロップドデニムは、きっと使えるはず!

徐々に暖かくなってくる季節。デニム姿も季節に合わせて、軽やかなものにしたいところ。それには淡い色を選んだりといった方法もあるが、シルエットもその印象を左右する。たとえば、丈を短くするというのもひとつの手。足首を見せることで、当然すっきりとした軽やかな印象になる。ただ、ロールアップをして足首を出すと、足元にボリュームが出来てしまうため、すっきりとした印象にならないことも。そこで“クロップド”のパンツ。フルレングスよりも短い丈で、ロールアップをしなくても、足首が出る丈のもの。そんなすっきりとしたクロップドはこれからの季節にうってつけだ。とはいえ、素足でレザーの短靴を合わせて、まるでイタリアオヤジのように小ぎれいに穿いてしまうと、いつものLAカジュアルとは違うものと感じてしまうかも。そうならないよう、選ぶときに注意したいのは、その“味”。あまり小ぎれいなものよりも、味のあるダメージ加工の効いたデニム素材だと、西海岸らしい男っぽい格好に合うはずだ。
 
そこで〈レッドカード〉のクロップドデニムパンツ。このデニムは〈レッドカード〉のNo.1人気であるテイパードデニム“リズム”から新登場したクロップドモデル。ほどよい丈感と、足首にかけてすっきりしたシルエットなのが特徴。だから、軽やかで、これからの季節にも最適。それに、このダメージ加工なら、男らしい西海岸スタイルにもハマるでしょ? そもそも〈レッドカード〉はリアルなヴィンテージ加工を得意とするデニムブランド。素材の選びはもちろん、世界屈指のデニムウォッシュ工場で絶妙な洗いをかけ、リアルに穿きこんだような加工を表現している。だから、すっきりしていても男っぽい印象がある。このクロップドで、軽やかな春のデニム姿をイチ早く取り入れてみては?

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670


雑誌『Safari』4月号 P280掲載

『Safari』4月号の購入はコチラ!

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ