Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
MESSAGERIE[メッサジェリエ]

2017.03.02

M-65ジャケットを味のあるストーンウォッシュデニムで爽やかに仕上げたアウター。随所にあしらった金色のジッパーがアクセントとなり、よりスタイリッシュな印象。ファッションの本場イタリアで高い人気を誇るブランドだけに、洗練された大人カジュアルを醸すにはぴったり。7万4520円(メッサジェリエ/WAKO&CO)

デニム使いのミリジャケなら“精悍”も“爽やか”もお手のもの!

ミリタリーテイストは、男らしいスタイルを作る必須要素。とはいえ、ミリタリー感が強すぎては無粋というもの。この〈メッサジェリエ〉の1着なら、ほどよくこなれていて精悍さも◎。一歩上行くお洒落を狙うにはうってつけだ!

1着羽織るだけで、カジュアルな装いを一瞬にして男らしく仕上げてくれるアイテムといえば、ミリタリージャケットもそのひとつだ。数あるミリジャケの中でも、フロントに4つの大きなポケットを備えたM-65ジャケットは、普段のコーデに取り入れやすいデザインで人気が高い。羽織るだけで簡単にワイルドな印象を出せるうえに、季節を問わず活躍してくれる点も魅力。しかしながら、そんな万能アイテムにも難点がある。女性から見ると、ミリタリー感が強すぎると、ときとして少し近寄りがたい印象を与えてしまう恐れがあることだ。
 
そこで注目したいのが、〈メッサジェリエ〉のデニム地のアウターだ。ベースのデザインはM-65ジャケットだが、生地はデニム地を使用。そうすることで、ミリジャケでよく使われるようなハードな肌触りのコットンに比べて、コワモテ感が格段に薄まっているのがわかるはず。使用しているデニムの表情もまた格別。これは、ストーンウォッシュ加工だからこそ表現できた味わい。デニムならではの爽やかさと、まるで何年も着こんだかのようなこなれ感を演出してくれる。とはいえ、通常のデニムジャケットに比べて丈が長いだけに、デニムのゴワついた着心地が気になる人もいるかもしれない。でもご安心を。柔らかなストレッチ素材を使用しているから、着用感は優しくソフト。見た目はハードな印象ながら、インナーのシャツやTシャツを気にすることなく、快適な着心地で過ごせる。

M-65ジャケットの男らしさはそのままに、味デニムならではのこなれたカジュアル感で、ミリタリーっぽさを中和してくれるこのアウター。これなら女性に引かれることもないし、両方の利点を両取りしたことでお洒落感もアップ。いつものミリジャケやデニジャケにひと味加えたい人にもうってつけの仕上がりだ。

●WAKO&CO
TEL:06-6263-8188


雑誌『Safari』4月 P281掲載

『Safari』4月号の購入はコチラ!

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ