Safari Lounge
2017.03.05

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト GUESS[ゲス]

'90年へ回帰したデザインのクラシックロゴTシャツ。オーバーめなサイズとシルエット、そしてこの大胆なブランドロゴが懐かしくも新鮮。ビビッドなボディカラーながら、褪せ感があるのでこなれて着こなせる。阪急メンズ大阪でのポップアップ限定商品で、期間は3月1日から14日まで。各6900円(以上ゲス/ゲス コールセンター)

“脱・マンネリ”を目指すなら“味あり”の色Tで!

いつものTシャツ姿に新鮮さを出すなら、無難なベーシックカラーではなく、カラフルなモノを選んでみるというのも手。そこで限定で登場した〈ゲス〉のカラーT。レトロな顔つきのプリントと、味のあるかすれ加工が大人にもぴったり!

大人のTシャツといえば、やはり無地Tが定番。年を重ねると、よりシンプルなものを好む傾向が強くなる。ワードローブの中には、ベーシックな白、黒、グレー、ネイビーといった定番色のTシャツが多いのでは? もちろん、それは間違いではない。大人っぽい落ち着いた印象になるし、コーデを考えても、ワントーンコーデなどするにも使い勝手がいい。とはいえ、シンプルなものばかりでは、着こなしに幅が出ないし、マンネリになってしまう。定番色だけでなく、派手な色モノのTシャツもワードローブにはやっぱり必要だ。だったら、大人が色Tを着る場合、どんなものが似合うか? ただ派手なだけでは浮いてしまうのは明白。だからそんなときは、味ありの色Tを選ぶといい。年齢を重ねるとともに、ヴィンテージ感のあるものが肌にしっくりくる。さらにプリントものなら、ちゃんとこだわりを持つべき。自分のスタイルに合ったものを選ぶと着こなしにすんなりと馴染むはずだ。

で、〈ゲス〉のアニバーサリーコレクションのTシャツ。〈ゲス〉が今年35周年を迎えたのを記念し、そのルーツである'80年代に帰ったデザインが施されている。このコレクションではデニムのアイテムも豊富で、創始者のマルシアーノ兄弟によって開発された独自のストーンウォッシュやハンド加工を用いられている。そのこだわりは、このTシャツにも生かされていて、大人が着てもしっくり。それに〈ゲス〉といえば、もともとLA発のデニムメーカー。そんな背景やこだわりをもつブランドなら、大人の西海岸スタイルにハマる。さらに、阪急メンズ大阪でのポップアップ限定品。だから人とカブることも少ないのもいいところ。

大人の西海岸カジュアルにぴったりハマる、味ありのこんな色Tで“脱・マンネリ”を試みてはいかが!?

●ゲス コールセンター
TEL:0120-82-3788


雑誌『Safari』4月号 P284

『Safari』4月号の購入はコチラ!

Latest

MORE