Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

CATCH THE WINTER WAVE
"CATCH THE WINTER WAVE" in California【西海岸取材記 Vol.01】

2017.04.20

 

カリフォルニアは冬も“アツい”!

本年のアカデミー賞で6部門を受賞した映画“ラ・ラ・ランド”。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの2人がタップダンスと歌で綴るラブストーリーだが、舞台となっているのがアメリカ西海岸最大の都市LA。カリフォルニアのメインタウンとして知られ、世界中の人々の憧れを一身にうける魅惑の街だ。太平洋に望む西海岸エリアでは、そこら中に洒落たコーヒーショップやレストランが立ち並び、観光客の視線を集めるウォールアートやショップが多く集まっている。LAなくしてカリフォルニアは語れないが、分かりきった気になるのはまだ早い。イーストサイドに足をのばせば、湖や広大な国立公園が広がり、大自然を満喫できる、まさに楽園が広がっているのだ。
そんなカリフォルニアといえば夏のイメージが先行しがちだが、今回お届けしたいのは冬のカリフォルニア。透き通った空気と青空の下、様々なアクティビティーを楽しめる絶好の季節。冬のカリフォルニアを訪れない手はない!

世界有数とも謳われる絶好のロケーションを誇る、カリフォルニアのビーチタウン。中でも南カリフォルニアのシンボルの一つである、サンタモニカ・ピアを有するサンタモニカはまさに西海岸のイメージを具現化したリゾートタウンだ。1年を通して晴れの日が多く、冬の間でも13℃から21℃の気温だから過ごしやすいのもサンタモニカの特徴。海岸沿いを少し南下すればベニスビーチが広がる。

ベニスビーチにはアーノルド・シュワルツェネッガーがトレーニングしていたことでも有名なボディビル発祥の地マッスルビーチや、ローカルが集まるスケートパーク、個性豊かなショップやウォールアートが連なるボードウォークが広がる。

ここでのオススメはサイクリング。レンタルショップも多くあり、観光客にも人気のアクティビティだ。海岸沿いに舗装されたトレイルがあり、太平洋に臨みながら楽しめるのが最大の魅力。人気ショップが立ち並ぶ、アボットキニー・ブルバードにショッピングで立ち寄るのもおすすめだが、日中を通してビーチ横で行われているバブルサッカーやヨガなどに飛び入り参加してみるのもいいだろう。サンタモニカの南からトーランスのレドンドビーチまで、約35kmにわたって続く西海岸のサイクリングトレイルは、気温も落ち着く冬の季節がまさに絶好の機会といえるだろう。

はたまた海岸沿いを抜け出し、内陸に少し入れば、住宅街をはしる美しいキャナルが顔をだす。ベニスビーチとは打って変わって、そこかしこに豪邸が建ち並び、静けさと品が漂う街並み。というのも、元々イタリアのヴェネツィアを参考に街づくりされたというから納得。幾本もそびえ立つパームツリーや遊び心のあるウォールアートなど、今ではアメリカらしい一面ものぞく。



Vol.2では世界有数の港町やサンタモニカのおすすめレストランの情報をお届け。次回もお見逃しなく!

 

取材協力=カリフォルニア観光局 写真=マックス・ウィットテイカー(Prime Collective)
special thanks:Visit California photo:Max Whittaker(Prime Collective)

BACK TO LIST
ページトップへ