Safari Online

SEARCH

2017.03.25

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語
【Vol.28】『ターゲット・アメリカ』×サンディエゴ

太平洋に面したカリフォルニア州。サーフカルチャーが花開いたこの地は軍事上の最重要拠点のひとつという顔も持つ。本書は特に海軍基地があるサンディエゴを舞台に、テロリストとの戦闘や仕掛けられた核爆弾の捜索をスリリングに描いた。著者の1人は過去にアカデミー賞にノミネートされ…

太平洋に面したカリフォルニア州。サーフカルチャーが花開いたこの地は軍事上の最重要拠点のひとつという顔も持つ。本書は特に海軍基地があるサンディエゴを舞台に、テロリストとの戦闘や仕掛けられた核爆弾の捜索をスリリングに描いた。著者の1人は過去にアカデミー賞にノミネートされた『アメリカン・スナイパー』の原作者にも名を連ねた人物。手に汗握る展開と、カリフォルニアのまた違った一面を垣間見られるはず!

凶悪なテロリストとの戦いの行方は!? 海軍基地の町を舞台にしたアクション小説!

カリフォルニアで国境の町といえばサンディエゴ。すぐ南のメキシコ・ティファナには、ビザなしでアメリカ入国を目指す中南米の人々が集まる。こうした移民たちを閉め出そうと主張する人がアメリカ大統領になったことで、今再び注目を集める地域である。その国境を越えてテロリストがアメリカ国内に核兵器を持ちこんだらどうなるか――を想像した小説がこの『ターゲット・アメリカ』だ。旧ソ連のスーツケース型核爆弾2個がチェチェン人テロ組織の手に渡り、彼らはそれをアメリカ国内に持ちこんで爆発させようと計画する。ところが、1個はメキシコからニューメキシコ州に繋がる密入国トンネルで、捜査官に見つかってしまって爆発。もうひとつはどこにあるのか? アメリカには厳戒態勢が敷かれる。

その行方を追うのが、CIAの特殊活動部からの任務を受けた凄腕のスナイパー、ギル・シャノンである。前作の『スナイパー・エリート』ではアフガニスタンで活躍したが、その結果、テロ組織によってその首に賞金がかけられ、追われるようになっている。彼の命を狙ったテロリストたちがモンタナのギルの牧場を襲い、ギルの留守を守る妻との間でスリリングな死闘が繰り広げられる。助けに向かったギルは妻を救出してテロリストを拷問し、核爆弾がサンディエゴに仕掛けられたことを突き止める。

サンディエゴは基地の町でもある。なかでもサンディエゴ湾にあるノースアイランド海軍航空基地は太平洋艦隊の本拠地だ。作品中では原子力空母が2隻停泊。テロ組織はそこに目をつけて、サンディエゴを核攻撃の標的にしたという恐ろしいストーリーが描かれていく。核爆弾はサンディエゴのコロナド島に持ちこまれており、それをわずか2時間足らずの間に撤去しなければならないのだ。コロナド島はサンディエゴでも有数のリゾート。セレブ御用達のホテル デル・コロナドでもよく知られている。

「この六百八十室を擁する、ほぼ全体が木造のビーチフロントの豪華な宿泊施設は、1888年に一般に公開されたときには、世界最大のリゾート・ホテルだった。それ以来、このデル・コロナドは、マリリン・モンロー主演の『お熱いのがお好き』など、さまざまな映画の舞台に使われてきた」(P512)

このホテルにはたまたま海軍の兵士たちが何人か宿泊しており、彼らが核爆弾の捜査に駆り出される。爆弾はどこにあるのか。そして、爆発までに処理できるのか。ぎりぎりの攻防が続き、最後まで決して退屈させることはない。

それにしても、人がたくさん死ぬ、暴力的かつ好戦的な話である。CIAや軍の戦いが(拷問も含めて)正義として無条件に肯定される一方、チェチェンやアラブの事情は全く考慮されない。アメリカはなぜ戦争をし続けてしまうのか。それも見えてくるのかもしれない。

●『ターゲット・アメリカ』
スコット・マキューエン、トマス・コールネー 著
公手成幸 訳 早川書房 1100円


雑誌『Safari』5月号 P295掲載

『Safari』5月号の購入はコチラ!

文=上岡伸雄 text:Nobuo Kamioka
今こそ〈チャップアップ〉で理想のヘアを手に入れる!アクティブ男は髪までヘルシーが常識
PR
2018.09.26 NEW

今こそ〈チャップアップ〉で理想のヘアを手に入れる!
アクティブ男は髪までヘルシーが常識

シンプルでラクチンな格好でもサマになった季節にさよならを告げ、ますますお洒落に気合いが入る季節が到来。となれば、お洒落に敏感な人はすでに衣替えも終わったのでは?

TAGS:   Health&Beauty
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈CK カルバン・クライン〉× 『Safari』のスペシャルイベントを阪急メンズ大阪で開催!スペシャルゲストによるトークセッションなど豪華なイベントに10組20名様をご招待!
PR
2018.09.22

〈CK カルバン・クライン〉× 『Safari』のスペシャルイベントを阪急メンズ大阪で開催!
スペシャルゲストによるトークセッションなど豪華なイベントに10組20名様をご招待!

大人の魅力を存分に発揮してくれるのは、やはりシンプルでさりげないお洒落。シンプルになりがちな秋冬のファッションにもどこかに遊びがあってこそ大人の男というもの。そんな時にぴったりなのが〈CK カルバン・クライン〉! そんな〈CK カルバン・…

TAGS:   Fashion
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25 NEW

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25 NEW

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ