Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第29回】マット・シェクナー[スティルウェル・パートナーズ CEO]

2017.05.26

アイデアはいつも手書きのメモから生まれる!
万年筆を使うことは手触りのあるリアルな体験!
NY、ロンドン、東京、メキシコシティで開催される世界最大級の広告とクリエイティブの祭典“アドバタイジング・ウィーク”。運営する〈スティルウェル・パートナーズ〉CEOのマット・シェクナーも万年筆や手書きを愛するビジネスエリートの1人。デジタルマーケティングのプロともいえるマットが、今でもアナログな手書きにこだわる理由とは? 万年筆ライフの奥に、デキる男の仕事術が見え隠れする!

PROFILE
マット・シェクナー[スティルウェル・パートナーズ CEO]
大学卒業後、スポーツマーケティングに従事。1995年よりNYを拠点とするマーケティングコンサルタント〈エンパイア・スポーツ&エンターテイメント〉の経営に着手。その後、〈ヤフー〉の顧問やトライベッカ映画祭の運営などに参画。2004年に“アドバタイジング・ウィーク”を立ち上げ、運営する〈スティルウェル・パートナーズ〉のCEOに就任。世界最大級の広告イベントに成長させるなど、ビジネスエリートとして知られる。


最愛の人への手紙

ベニー&エリザへ
いつも君たちのことを思っているよ。
パパより


手書きは脳ではなく、ハートに響く!
年間15万人以上が参加する世界最大級の広告とクリエイティブの祭典“アドバタイジング・ウィーク”。運営する〈スティルウェル・パートナーズ〉でCEOを務めているのがマット・シェクナーだ。NY、ロンドン、東京、メキシコシティに加えて、来年以降はオーストラリアでの開催も計画しているため「夏のバカンス以外はほとんど毎日出張中」だと笑う。そんなマットは世界中の旅先から、大切な家族に向けてポストカードを手書きでしたためるんだとか。

「もちろん電話もしますが、それと同時に万年筆でちょっとしたメッセージを書いたりします。誕生日や特別な記念日にも必ず手書きのカードを贈ります。手書きした文字は、きちんと形として残るのがいいですね。記号として脳に伝わるんじゃなくて、相手のハートに直接届くような気がします。でも娘からの返事は、残念ながらいつもメールです(笑)」

ビジネスにおいても万年筆とノートは欠かせないという。ちょっとしたアイデアが頭に浮かんだらメモを取り、考えをまとめるときにも文字やスケッチを手書きする。PCをはじめとしたデジタルデバイスを使うのは、最終段階だ。

「アートとまではいいませんが、クリエイティブワークは今もアナログな行為からはじまると考えています。ラフを手書きする、自分の足で歩いて情報を収集する、というような……。だから、万年筆とノートはいつも持ち歩いていますよ」

広告・クリエイティブ業界の最先端を走る彼にとって、手書きという行為は時代遅れに映らないのだろうか?

「私が出張ばかりしているのは、一緒にビジネスする人に会って、フェイス・トゥ・フェイスで話をしたいからなんです。ただ話すだけなら、ネット会議で十分。でも、そこにリアルはありません。手書きすることも一緒です。たとえ非効率で時代遅れでも、ときには時間をかけることが必要なんです。プライベートにおいても、ビジネスにおいても、ね」


レガシー へリテージ/シェーファー
往年の名作を受け継ぐ男っぽさ満点の1本!
ニクソンやレーガンをはじめアメリカ歴代大統領に愛された〈シェーファー〉。コチラは1930年代の“バランス”や’60年代に流行した“PFM”といった名作モデルのDNAを継承した1本。シガーシェイプの太軸が男っぽさをアゲてくれる!


アンビション ロンバス/ファーバーカステル
ストレートフォルムに際立つ異素材ミックス!
細身のストレートフォルムが印象的な人気の“アンビション”シリーズ。コチラは同軸に菱形パターン入りのブラックレジンを採用した新作モデル。シンプルなスタイルだからこそ、ブラックレジン×クロームメタルの素材感が美しく映える!



万年筆以外の小物アイテムは最近お気に入りの〈シャイノラ・デトロイト〉で!
万年筆にこだわるマットは、小物類にも独自の審美眼が光る。最近のお気に入りはアメリカンブランドの〈シャイノラ・デトロイト〉。ボールペンやカードケース、時計、ベルト、ブリーフケースなどは同ブランドのものを愛用している。古きよきアメリカのクラフツマンシップを引き継ぎながらも、現代人のライフスタイルにフィットしている点がお気に入りの理由。残念ながら、今のところ万年筆は扱っていないんだとか。



COMPANY DATA
STILLWELL PARTNERS LLC[スティルウェル・パートナーズ]

“アドバタイジング・ウィーク”を設立!
アドテク、ブランド&クライアント、クリエイティブ、マーケティング、メディア・エコシステムを繋ぐ世界最大のB to Bプラットフォームである、“アドバタイジング・ウィーク”のオーガナイザー。5月29日~6月1日には“アドバタイジング・ウィークアジア”を開催予定。

 

INFORMATION

雑誌『Safari』7月号 P254・255掲載

写真=川上 守 文=真下武久 photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ