Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
優男にならず、海男に似合うビーズ付きポロが新鮮!

2017.06.01
PROJECT E
[プロジェクトイー]

夏の着こなしというと、シンプルゆえにマンネリ化してしまうことも。そこでこの〈プロジェクトイー〉のポロシャツ。そのデザインはレトロでいて、どこか男らしさが漂う。個性的な海カジュアルにはもってこいのアイテムだ。


夏の定番の服といって、思いつくのはTシャツ。暑い夏には気軽だし、海へ行くときにもそのカジュアル感はぴったり。けど、いつもTシャツばかりに頼っていては、やはりマンネリになることも。そこで、ときにはポロシャツという手もありかと。ポロシャツといえば、もともとテニスやゴルフなどで着られていて、スポーティさと爽やかな印象を与えられるアイテム。さらに、襟が付いている形状はきちんと感があり、だらしなくなりがちな夏のコーデにおいては助かるわけで。ただ、ポロシャツをあまり着ないという人もいる。おそらく、どこかオヤジっぽく思われそうというのが理由なのかも。それに、トラッドで品があるから、それが海へサーフィンなどに行くようなシーンだと、ちょっと気取っていて、優男っぽいと感じたり。でも、海へも着ていけるカジュアルなポロシャツがあれば、Tシャツばかりの夏の着こなしにバリエーションも広がるはず。

そこで〈プロジェクトイー〉のポロシャツ。ご覧のとおり、刺繍やビーズがあしらわれ、ヴィンテージ感漂うレトロな仕上がりが特徴。まるで長年使ってきたようなウォッシュやダメージ加工が男らしく、西海岸のサーファーっぽい雰囲気だ。〈プロジェクトイー〉はアメリカはジョージア州アトランタで生まれたブランド。1997年に打ち出されたポロシャツは刺繍で表された“XX”マークがアイコン。フェード感のある見た目や風合いを得意とし、男らしいヴィンテージ感がアメリカで人気を集めている。そう、こんなポロシャツなら、海へ行くときもぴったりでしょ? もともとポロシャツの持つ、品と爽やかさ、それに反して優男には思われないこの加工が抜群のバランス。

この刺繍入りのポロシャツを夏のワードローブに加えれば、いつもと違った新鮮な着こなしができるはず!


鹿の子のポロシャツに民族調のカラフルなビーズを使った人気モデル。さりげなくも、そのポップなあしらいが個性的。生地自体には強度なウォッシュ加工と、ダメージ加工がなされ、そこに施された大胆なステッチワークがヴィンテージ感やフェード感を醸し出している。
各1万5800円(以上プロジェクトイー/WAKO&CO)

INFORMATION

●WAKO&CO
TEL:06-6263-8188

雑誌『Safari』7月号 P274掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ