Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2017.08.13

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第31回】最も大切なのは手にしたときのフィーリング! ギターを弾くように万年筆で書く!

若い頃から音楽を愛し、ミュージシャンとして活動した時期もあるフェンダーミュージック代表取締役社長・アジア統括のエドワード・コール。ギターやアンプに負けず劣らず、実は万年筆にも造詣が深いという。ボールペンも含めると、なんと100本近い筆記具を所有するエドワードに、万年筆の魅力と、…

若い頃から音楽を愛し、ミュージシャンとして活動した時期もあるフェンダーミュージック代表取締役社長・アジア統括のエドワード・コール。ギターやアンプに負けず劣らず、実は万年筆にも造詣が深いという。ボールペンも含めると、なんと100本近い筆記具を所有するエドワードに、万年筆の魅力と、長年万年筆を使い続ける理由を聞いた!

エドワード・コール[フェンダーミュージック 代表取締役社長・アジア統括]
PROFILE
アメリカ・シカゴ出身。若い頃はミュージシャンとして精力的に活動する。その後、ライフスタイルブランドやラグジュアリーブランドにおいてビジネスに従事。ラルフ・ローレン ジャパン社長を務めたほか、サンフランシスコ、ロンドン、香港、東京など、約50の国や地域でビジネスに携わる。2014年にフェンダーミュージカルインストゥルメンツコーポレーションに入社し、2015年4月より現職。日本在住歴は14年。

大切な人への手紙



親愛なるアランへ
今回の〈フェンダー〉と〈エス・テー・デュポン〉のエクスクルーシブなコラボレーションモデルは素晴らしいものとなりました。あなたの友情とパートナーシップに感謝します。
̶エドワード・コール


万年筆は自分自身を表現するツール!


その第一印象はビジネスセレブというよりもアーティスト。圧倒的な存在感とともに現れた〈フェンダーミュージック〉代表取締役社長のエドワード・コールは、かつてミュージシャンとして活躍していた時期もあるという。そんなエドワードも実は万年筆好き。ボールペンも含めると、100本近いペンを所有している。「きっかけは父でした。子供の頃に父が万年筆を使っている姿を見て、幼心にも漠然とした憧れを抱きました。父から万年筆を譲り受けてからは、常に万年筆でなにかを書く毎日を送っています」

エドワードは1日に少なくとも1時間は万年筆で手書きする時間を設けている。アイデアを書き記したり、書きながら考えをまとめたり、以前書いたものを見直したりする。そうした秘密のパーソナルノートは100冊以上に及び、日記に関しては40年以上続けているんだそう。

「自らの手を動かし、きちんと時間をかけて書くことが大切なんです。コピペなんてもってのほかです(笑)。万年筆で手書きすることはリアルな体験であり、温かみのある行為です。そこにはある種のスピリッツが宿るはずです」

仕事柄、出張の多いエドワードは、旅先で万年筆を購入することも多いという。では、エドワードが万年筆を選ぶ基準とは一体どんなものなのだろうか?

「まずは万年筆自体の歴史と品質です。どんなブランド哲学があり、どんな職人技が反映されているかが気になります。次に色やデザインなどの見た目です。でも最も重要なのは持ったときのフィーリング。これはギターも同じです」

エドワードによれば、万年筆とギターは非常に似ているという。

「万年筆もギターも自らの手で表現を行うツール。優れた万年筆や優れたギターというのは、使ったときにカラダの一部となり、自分自身をそのまま表現してくれるものだと思います。私にとって万年筆とギターは、自分が自分であることを思い出させてくれる貴重な存在なのです」


愛用の万年筆

アトリエ コレクション
ダークブルー/エス・テー・デュポン





1953年から続く工房で生み出される
職人技の1本!


腕利きの漆職人や金属加工職人を抱えるフランス・サヴォア地方の工房で制作される〈エス・テー・デュポン〉の“アトリエ・コレクション”の万年筆。純正漆を何度も重ね塗りすることで生まれる独特のツヤや深みが印象的。ゴールドとの組み合わせも風格が漂う!

エス・テー・デュポン×フェンダー コラボ限定コレクション
※社長別注品/エス・テー・デュポン





あの名作ギターに捧げる
世界にひとつだけの万年筆!


〈フェンダー〉が生んだ名器“ストラトキャスター”のブラック×イエローのサンバースト加工を、ペンのボディに落としこんだ限定モデル。本来はボールペンだけのラインナップを店頭にも展開中だが、こちらはエドワードの強い希望で万年筆に仕立てた特注品!


重要な手紙や書類には
“C”が刻まれた封蝋を!


すべてにこだわるエドワードにとって、封蝋(シーリングワックス)も自己表現の一部。重要な書類の封筒には、ライターで蝋を溶かし、ファミリーネームの“C”をかたどったオリジナルスタンプを刻印する。愛用のライターは、左下の万年筆同様、エス・テー・デュポン〉との限定コラボモデル!


ビジネス用のレターセットはエドワード自らがデザインしたこだわりのアイテム。文字の色や大きさ、フォント、加工やレイアウト、紙質にまでこだわった自慢のアイテムだ


COMPANY DATA

FENDER MUSIC[フェンダーミュージック]
誰もが一度は憧れた音楽文化の“象徴”!

“テレキャスター”や“ストラトキャスター”をはじめ、名機と称されるギターやアンプで、一流アーティストだけでなくビギナーからも絶大な支持を集める〈フェンダー〉。同社は〈フェンダー〉の日本法人として、2015年4月から日本国内での取り扱いを行っている。

Information

雑誌Safari9月号 P254・255掲載

写真=川上 守 文=真下武久
photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ