Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2017.08.26

ジェットセッターたちのとっておきバカンス自慢!
【第92回】釣りを楽しんだ後はたっぷりと日光浴する東海岸流バカンス!

ニューヨークを拠点とするロバートは、週末にはクルージングを楽しむのがお決まり。お気に入りコースは、自分の住んでいるハンプトン・ベイズを出港して、釣りを楽しみ、疲れたら日光浴。船上から夕日を眺めて、家族たちとゆっくりと過ごす。日常的にバカンスを取り入れて、仕事の潤滑油に。そんな魅…

ニューヨークを拠点とするロバートは、週末にはクルージングを楽しむのがお決まり。お気に入りコースは、自分の住んでいるハンプトン・ベイズを出港して、釣りを楽しみ、疲れたら日光浴。船上から夕日を眺めて、家族たちとゆっくりと過ごす。日常的にバカンスを取り入れて、仕事の潤滑油に。そんな魅力的なライフスタイルを送っている。

海にもよく似合う
大人なJKスタイル!


フォーマルウエアの業界でもキャリアを積んできたロバートは、バカンスでも手を抜かず崩しすぎないのがこだわり。サヴィル・ロウにある友人のテイラーで作ったというアンコンジャケットに、ホワイトデニムを合わせて、ビーチリゾートにも似合う雰囲気に。ベルトは自身の手掛ける〈サイコバニー〉で遊びを効かせている。


Profile

〈サイコバニー〉デザイナー

ロバート・ゴドレ
人気ブランド〈サイコバニー〉のデザイナーを務めるロバートは、イギリス生まれだが、NY生活13年超のベテランニューヨーカー。デザインだけでなく、会社経営にも深く関わっているため、平日は昼食を取れないほど多忙。そのうえ定期的に海外出張をこなすというから、まさに大忙し。そんなロバートの毎日を支えているのが、週末のクルージングバカンスだと断言する。
 

「ニューヨークは大好きな街なんだけど、せわしなくてうまくオン・オフを作れなくなっていったんだ。自分が7年前にクルーザーを趣味としてはじめてから、毎週のようにロングアイランドにあるハンプトンに行ってね。美しい海と自然がたくさんあって、青と緑のコントラストにいつも心奪われていた。あまりに通いすぎだから、最近思い切って、引っ越したんだ(笑)。朝は4時に起きて、2~3時間かけてニューヨークのオフィスに行って、夜の7時半には家に戻るような生活をしているよ。それで週末は家族とともにクルージングを楽しんで、シーバスを狙った釣りをするんだ。船長は僕だよ! 沖に16㎞くらい行くだけでクジラやイルカが見れるのも醍醐味だし、ちょっと足を延ばして、マーサズ・ヴィニヤードという島に行ったりもしているよ。朝焼けや夕暮れを海上で見るのも、まさにマジックアワーというか、すべてを忘れるくらい美しい。バカンスに行くのもいいけど、住んでしまうほうが手っ取り早くていいでしょ(笑)」

最近でこそ、週末バカンスを楽しんでいるが、長期休暇は夏が海、冬は雪山でアクティビティを楽しむそう。

「いろんな海に行ったけど、やっぱりカリブ海がきれいだね。特にドミニカかな。独自の文化もあって、なによりも海が美しい。好きなウィンドサーフィンもやりやすいし、美しすぎるビーチにいるだけで満足(笑)。7月と8月がベストシーズンだね。逆に寒い12月と1月は、スノーリゾートに行って、季節を体感するのが好き。やっぱりカナダのウィスラーが格別かな。200を超えるスキーコースがあって、本当に壮大だよ。それなのにバンクーバーからのアクセスがよくて、子供たちと行きやすいのもポイントだね」


旅慣れ大人の必須アイテム Best3!


〈TRAVELING MUST ITEM 1〉〈セントクロイ ロッド〉のロッド
大物が掛かっても安心なヘビーデューティな装備!
船上での楽しみはやっぱり釣り。シーバス用の装備は常備している。
「もちろん他の魚も狙うけど、やっぱりシーバス。スポーツフィッシングだとこれが一番楽しいね。」



〈TRAVELING MUST ITEM 2〉〈ドローム〉のGPS
クルージングにはマストな小型GPSはこれがベスト!
クルーザーを自ら操縦するため、小型GPSは不可欠。
「家族もいるのに遭難なんかできないでしょ? いろいろと試してみたけど、この〈ドローム〉のモデルが一番使いやすい」



〈TRAVELING MUST ITEM 3〉〈コンスデルマール〉のアイウエア
高性能レンズだから船上でも快適に過ごせる!
高機能な偏光レンズを搭載。海からの照り返しがある船上でも快適で、魚影も確認しやすい。
「ティアドロップ型なのがお気に入り。船だけでなく、ビーチでも大活躍してくれてる」



心に残るバカンス BEST3!


〈MY FAVORITE DESTINATION 1〉ハンプトン・ベイズ in USA
ロングアイランドにある、ニューヨーカー定番のバカンス地。「マンハッタンから3時間くらいクルマでかかるんだけど、自然も豊富で、海も美しい。ニューヨーク有数のリゾートだよ」



〈MY FAVORITE DESTINATION 2〉サントドミンゴ in Domini can
東海岸からアクセスもよく、海の美しさで選ぶとカリブ、なかでもドミニカがベスト。
「いくつもビーチリゾートがあって、カイトサーフィンも楽しめるんだ」



〈MY FAVORITE DESTINATION 3〉ウィスラー in CANADA
バンクーバーからもアクセスしやすい、世界有数のスノーリゾート。
「アメリカだとコロラドが素晴らしいけど、雪のクオリティを楽しむなら、断然ウィスラー。コースも充実!」


Information

雑誌『Safari』10月号 P230・231掲載

写真=鈴木規仁 文=佐藤周平 photo : Norihito Suzuki text : Shuhei Sato
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ