Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
アクティブなシーンにも対応する大人の異素材ライダース!

2017.09.06
タトラス × バンソン
TATRAS X VANSON

男らしさを醸してくれるライダース。パッと思いつくのはレザー素材のものだが、場合によっては動きづらかったりも。そこで〈タトラス〉×〈バンソン〉のジャージ素材に注目。ワイルドさはそのままに、着心地は抜群。見た目も都会的でお洒落!

ライダースといえば、ワイルドな雰囲気が魅力。白Tにデニムといった定番のスタイルにも相性がいいし、バイカーならずとも、男らしいLAカジュアルをするには欠かせないアウターのひとつでもある。ただ、レザー素材のライダースはシーンによっては重苦しい印象になることも。たとえば、自転車に乗ったりするシーン。バイクであればレザーのライダースはサマになるが、自転車となると、その重厚さが動きづらそうで、イマイチ似合ってないように見えることも。そこで、レザー素材だけではなく、スポーティな素材のライダースを持っておくというのもいい。スウェットやジャージ素材のものであれば動きやすく、自転車に乗ってアクティブに動きまわるようなときにだって気軽に着られるし、似合うはず。きっと、ライダースを着るシーンが広がるのでは? とはいえ、ちゃんとライダースの持ち味であるワイルドな雰囲気を保ちつつ、小僧っぽくはならないものがあるのだろうか?

そこで、この〈タトラス〉と〈バンソン〉のコラボライダースを見て。〈バンソン〉は1975年に誕生したアメリカの老舗レザージャケットメーカー。長年にわたり築かれた男らしいイメージとクオリティの高さに定評がある。だから、このジャージ素材のライダースでも見事にワイルドな雰囲気を醸し出している。もちろん、着心地だって申し分ナシ。度詰めのダブルフェイスジャージ素材で、キックバックがよく、アクティブなシーンでもストレスを感じることはない。さらに、シルケット加工により表面がなめらかなので高級感があり、その見た目も大人にぴったり。

このライダースであれば、アクティブなときでも似合うし、小僧っぽくはならない。これなら、男らしいライダースを楽しめるシーンがもっと増えるはずだ。


〈バンソン〉定番のシングルライダースがベース。そのイメージを残すために、太番手のステッチを採用。ただ、襟元やファスナーなどのディテールは〈タトラス〉のリクエストから変更され、都会的に仕上がっている。裏地も〈タトラス〉オリジナルのライニング。
各9万8000円(以上タトラス×バンソン/タトラス ジャパン)

INFORMATION

●タトラス ジャパン
TEL:03-2708-5188

雑誌『Safari』10月号 P256掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ