Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
大人になった今だからこそ小僧とはひと味違う“柔スタジャン”

2017.09.04
ヒステリックグラマー
HYSTERIC GLAMOUR

スポーティなアウターの代表格といえばスタジャン。カレッジのイメージがあるから、もう少し大人っぽく着こなしたいという人には〈ヒステリックグラマー〉のこちらなんてどう? 単色だからいつものカジュアルスタイルにもすんなり馴染むはず!

大人になると、着こなすアイテムを自分で絞ってしまいがち。デニムにはカジュアルすぎないよう白シャツでなくちゃ!とか、アウターはテイラードジャケットが年相応だし合わせやすいからと無難なスタイルになっていません? だからといって、若造向けのアイテムをそのまま着ると、小僧っぽくなって、痛々しく見えてしまうことも。たとえばスタジャン。海外でも学生が着ているイメージが強いから、上手に着こなすとなると、ハードルが高いのも事実。実際、腕にも生地やカラーが違う切り替えが入っていたりとやんちゃな印象で、カラフルな配色のものが多く、大人が着るとなると難しい。本当は、アメカジ定番アイテムだから、スタイルに馴染むよう取り入ることができれば、着こなしの幅がぐっと広がるはずなのだが。

そこで頼りになるのが〈ヒステリックグラマー〉のコチラ。なにが魅力かというと、全体が単色ということにある。スタジャン特有の肩まわりの切り替え部分も、ラインを引いているだけの、すっきりとしたデザイン。それでいて、筆記体のレタードや絵柄のプリントを配しているから、ちゃんとスタジャンらしさもある。また、生地はとろみのある柔らかい素材を使っているので、肩肘張らないリラックス感がある大人の着こなしができるのもいいところ。

たとえば、休日のリラックスタイム。かっちりとしたジャケットではなく、この黒のスタジャンを着ていくのはどうだろう。クラシックな色だから、街のシーンにも馴染みやすいし、柔らかい生地がリラックスした雰囲気にぴったり。赤のスタジャンはスポーツ観戦に着ていっては? あざやかな色使いなので、スポーティさを強調できるはずだ。このように、着こなしの幅を広げて、休日のコーディネートをアップデイト。大人のリラックスした雰囲気を醸してほしい!


ヴィンテージのスタジャンをもとに、デザインした1着。襟、袖、裾には2本のラインが入ったリブを採用している。左胸、背中にはオールドスクールな雰囲気のモチーフをプリント。
各3万6000円(以上ヒステリックグラマー)

INFORMATION

●ヒステリックグラマー
TEL:03-3478-8471

雑誌Safari10月号 P259掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ