Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
冬のドライブの相棒を探すなら運転しやすいブーツはいかが!?

2017.10.10
トッズ
TOD’S

秋冬のドライブシーンの足元。夏のように、素足履きのドラシューでOKとはいかない。そこでおすすめなのが〈トッズ〉のコチラ。冬の装いにも合うし、ドライブもしやすいブーツなら文句なしでしょ!

 ドライブで履く靴といえば、ドライビングシューズが最適。ブレーキやアクセルを踏んでも滑らず、快適に運転できるから、長時間運転しても疲れにくいのがいい。ただクルマの中にいるだけならいいが、ドライブに行ったからには食事やショッピングなどのアクティビティはつきもの。そんなときは、ただのドライビングシューズでは心許ないこともある。たとえば、これからの冬の季節、アウターやトップにボリュームのあるものを着て、彼女を連れてドライブに行くなんてシーン。アウターやトップの冬仕様の厚着に比べて、一般的なドライビングシューズだと薄い作りなので足元だけが寒々しい印象になってしまうかも。装いは完璧なのに、足元のせいで彼女に「靴だけ寒そうで、バランスが悪いわ」なんて思われてしまう可能性もある。そうならないために、冬の装いにふさわしい1足を選びたいわけで……。

 で、この〈トッズ〉のチャッカブーツ。ブーツなのにドライブしやすい靴なのか? と思った人もいるだろう。一見は普通のチャッカブーツだが、ちゃんとドラシューとしての機能が備わっている。これ実は、〈トッズ〉のアイコンシューズ“ゴンミーニ”をもとに作られていて、ソール部分に100個以上のラバー・ぺブルをはめ込んでいる。なので、普通のブーツに比べてドライブのしやすさは申し分なし。しかも、カーフスウェード素材で温かみあるブーツだから、足首が見えるようなスリッポンタイプよりも冬のコーディネートに合わせやすいのだ。

 というわけで、これがあれば彼女とのドライブも万全。しかも、見た目は普通のチャッカブーツなので、ドライビングシューズには見えない。だから、クルマを降りたときも「ブーツなのに運転もスマートなんて、ドライブ慣れした頼もしい人ね♡」と惚れ直させる可能性も!?


チャッカブーツのボディサイドには〈トッズ〉のロゴ、ソールのサイドにもブランドネームが刻まれている。柔らかな印象のブラウンとシックなブラックがあるので、自分の好みの装いに合わせて色を選ぶことができる。
各5万7000円(以上トッズ/トッズ・ジャパン)

INFORMATION

●トッズ・ジャパン
TEL:0120-102-578

雑誌Safari11月号 P350掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ