Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
ダメージ加工に技がある大人のためのダメージデニム!

2017.11.03
ボブソン×ラトルトラップ
BOBSON× RATTLE TRAP

ダメージデニムが大好物! 大人になった今でもデニムがやめられないアラフォー世代には、そんな人が多いかと。ただ、いい年の大人なら肌見せしすぎてみっともなくならないように注意が必要。そこで、工夫のされたコチラはどう!?

男のカジュアルスタイルにおいて必要不可欠なアイテムといえばデニム。いまや種類豊富だが、なかでもついつい頼ってしまうのが、男らしさが魅力のダメデニ。リアルに穿きこんだかのようなダメージ加工で、タフで武骨な男らしさを簡単に手に入れられるのがいいところ。そんなダメデニも、いい年の大人としては少し気になる点がある。それは、パックリと開いたダメージ部分から肌が見えてしまい貧相になってしまう危険性があるということ……。確かに、ダメージ部分から太腿や膝がコンニチワしているとシーンによってはだらしない、と思われてしまう可能性もある。だからといって、すぐにダメデニを卒業するのは早合点。ラフな雰囲気が出せるからLAカジュアルには必要不可欠だし、そもそも大人が臆せず穿けるダメデニだってあるはず。

そこで、おすすめしたいのが〈ボブソン×ラトルトラップ〉のこちらのデニム。もちろん、見た目は加工が激しく入った、ワイルドで男らしい正真正銘のダメージデニム。だが、いざ穿いてみると、なんと肌が見えない! なぜなら、よ~く見るとしっかりとダメージ部分に裏から当て布をしたリペア加工が施されているから。そう、いつも気にして穿いていたダメデニとは違い、肌の露出を気にすることはない。大人としての品をちゃんと保ちながら穿ける配慮がされているというわけ。しかも、日本デニムの名産地である、岡山県生まれの、デニムファッションの先駆けともいえる老舗ブランド〈ボブソン〉とのコラボデニムというのも魅力のひとつ。〈カイハラ〉のデニム生地を使い、ハイクオリティな製法により、1本1本異なる加工を施しているので、ひとつとして同じデニムは存在しないというスペシャル感も楽しめる。つまるところ、デニムを知るいい年の大人にこそぴったりな、こだわりのダメデニってこと!


素材はブルーデニムの分野で国内50%以上、デニムの先進国アメリカへもシェアを広げている老舗メーカー〈カイハラ〉のデニム地を使用。見た目や製法だけでなく、生地もこだわったスリムストレート。色も濃いブルーなので、冬のカジュアルな装いにも合わせやすい。
3万2000円(ボブソン×ラトルトラップ/ラトルトラップ)

INFORMATION

●ラトルトラップ
TEL:03-5428-0376

雑誌Safari 12月号 P360掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ