Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

HOTな情報が男心を熱くする! ハートに火をつけて!
【Vol.85】スペイン発の新感覚レストラン!

2017.11.08
エネコ東京
ENEKO TOKYO


わずか35歳にして、ミシュランの三ツ星を獲得した、スペイン・バスク州のビルバオ郊外のレストラン“アスルメンディ”のシェフ、エネコ・アチャ・アスルメンディ。彼が手掛ける、ガストロノミーレストラン“エネコ東京”が、六本木の閑静なエリアに誕生した。

このレストランの最大の特徴は、店に入って、緑の多い“グリーンハウス”でひと息つけるようにと、全コース共通で“ピクニック”という、食前酒と籘のバスケットに入った、一口料理が提供されること。日本では馴染みがないが、欧州、なかでもスペインでは食事がはじまるまでのひとときをリラックスタイムとして大切にするそう。そして、気持ちを切り替えてからダイニングに進み、席に着くと、エネコ自慢のスペシャリテをもとに日本の素材と相性のよい料理の数々がサービスされる。こんなスペインと日本の素敵な融合、体験してみたいでしょ!?

代表的なスペシャリテ“トリュフ風味の卵”。卵黄の中にトリュフの香りのエキスが注入されている。口の中で温かい卵と溶け合う、トリュフの香りが堪らない。



全コースに共通して提供される“ピクニック”。鰻のブリオッシュ、バスクのチャコリのボンボン、ホウレンソウのチーズケーキなどがラインナップ。ランチ5000円~、ディナー9500円~

INFORMATION


●エネコ東京

場所:東京都港区西麻布3-16-28
営業時間:12 : 00~15 : 30、 18: 00~22 : 30(不定休)
TEL:03-3475-4122

雑誌Safari 12月号 P354掲載

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ