Safari Online

SEARCH

2017.12.02

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第35回】毎日、午後4時からがとっておきの万年筆タイム! 万年筆で自分自身の 気持ちをリセット!

今年8月に〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任したネイザン・クック。一流のホテリエとして、ネイザンにとって万年筆は欠かせないアイテムのひとつだ。幼少期から見よう見まねで万年筆を手に取り、日本留学時代には習字も習っていたというネイザンに、万年筆との関わ…

今年8月に〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任したネイザン・クック。一流のホテリエとして、ネイザンにとって万年筆は欠かせないアイテムのひとつだ。幼少期から見よう見まねで万年筆を手に取り、日本留学時代には習字も習っていたというネイザンに、万年筆との関わりやその魅力を語ってもらった。

ネイザン・クック[ストリングスホテル 東京インターコンチネンタル総支配人]
PROFILE
ニュージーランド出身。〈ヒルトン オークランド〉やニュージーランド観光局でセールス&マーケティングに従事した後、ニュージーランド、イギリスのラグジュアリーホテルでマネジメント職を歴任。2012年に来日し〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉〈ヒルトン東京〉を経て、’17年8月より〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任。高校時代に交換留学生として日本への留学経験がある。


最愛の人への手紙



リオンとチエコへ

最初の赤ちゃんの誕生をお祝いします!
幸せを祈っています。

̶̶ネイザン


文字の流れや擦れ具合が味わい深い!

「実は高校時代に、交換留学生として1年間日本に留学していたんです」と流暢な日本語で話しはじめたのは〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人、ネイザン・クック。留学中は漢字を美しく書きたいという一心で、習字教室にも通っていたのだとか。

「習字と万年筆には少し似た部分がありますよね。筆跡の流れや文字の擦れ具合、インク(墨)の濃淡など、どちらも手書きならではの味わいがあると思います。個人的には、あまり崩すことなく、クラシカルな正統派の文字が好みです」

ニュージーランドで生まれ育ったネイザンは、万年筆愛好家だった父の姿を見て、幼い頃から万年筆に慣れ親しんできた。といっても万年筆マニアではなく、あくまでアイテムのひとつとして使用してきた。そしてホテルマンとなってからは、万年筆はより欠かせないものに。

「大切なお客様に手書きのカードやメッセージを贈るのは、総支配人の大切な役目です。ほかの筆記具でも悪くないのですが、やはり万年筆で書いた文字の質感がホテルにはふさわしいと思います。特別な仕事がなければ、毎日午後4時からが万年筆タイム。万年筆を握ると自然と気持ちが引き締まるし、いい気分転換にもなります。忙しい業務の中で、貴重なリセット&リラックスタイムです」

万年筆を選ぶ基準にはそれほどこだわらないというものの、ネイザンの好みはあくまでクラシックスタイル。これに軽さやタフさ、書きやすさといった機能の一貫性を求める。さらにはちょっとした思い出があると、万年筆にさらに愛着が湧いて手放せなくなるという。

「毎日万年筆を使っていると、それぞれに思い出ができます。時間をかけて書いたぶんだけ、相手にも思い出が刻まれるのではないでしょうか。万年筆を使う時間は仕事や生活の中でわずかなものですが、そうした思い出というか手触りのような感覚が、デジタルにはない魅力です。単純に使っていて心地いいんです!」


愛用の万年筆
カスタム74/パイロット





見た目は正統派なのに、
驚くほどタフで使いやすい!


昔の上司からプレゼントされたというコチラは、ネイザンが最も長く愛用している1本。少々乱暴に扱っても、故障やインク漏れもなく、書き味もすこぶる快調とのこと。万年筆の王道を行くようなクラシカルな佇まいも気に入っているそう。ペン先は極太字のBBだ。

ロードスター ドゥ カルティエ
/カルティエ





特別な時間に使用する
お気に入りの1本!


1950 ~ 60年代のカーレースの世界をモチーフにしたシリーズ。ブラックボディにパラジウムでフィニッシュが施されている。ネイザンはキャップトップに配されたブルーサファイアが気に入って自ら購入。契約書へのサインなど、特別なときに使用するとのこと。


服はシックに、
小物で遊ぶのがネイザン流!



ファッションは基本的にブラックスーツ×白シャツ×ブラックタイのモノトーン。そのぶん小物で大人の遊び心を取り入れる。この日のタイはブラック×グレーのバイカラー。カフスはあざやかなマルチカラー。ともに〈ポール・スミス〉。時計は〈ロンジン〉のマスターコレクション。

万年筆のバックアップ用として〈モンブラン〉のボールペンも併用。無駄がなく、クラシカルなデザインの〈モンブラン〉はネイザン好み。ほかに万年筆を2本所有する。


COMPANY DATA

THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO[ストリングスホテル東京インターコンチネンタル]
駅直結の好アクセスと最上級のくつろぎを!
26階ロビーには最上階まで広がる吹き抜けと回廊があり、都会の喧騒からかけ離れた静寂の空間が出迎えてくれる。客室は、東京の景観が楽しめる大きな窓に上質な木材をふんだんに取り入れた優しい造り。日常の緊張感から解放される安らぎのひとときを堪能できる!

Information

雑誌Safari1月号 P276・277掲載

写真=川上 守 文=真下武久 photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ