Safari Online

SEARCH

2017.12.02

ビジネスエリートの愛する万年筆!
【第35回】毎日、午後4時からがとっておきの万年筆タイム! 万年筆で自分自身の 気持ちをリセット!

今年8月に〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任したネイザン・クック。一流のホテリエとして、ネイザンにとって万年筆は欠かせないアイテムのひとつだ。幼少期から見よう見まねで万年筆を手に取り、日本留学時代には習字も習っていたというネイザンに、万年筆との関わ…

今年8月に〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任したネイザン・クック。一流のホテリエとして、ネイザンにとって万年筆は欠かせないアイテムのひとつだ。幼少期から見よう見まねで万年筆を手に取り、日本留学時代には習字も習っていたというネイザンに、万年筆との関わりやその魅力を語ってもらった。

ネイザン・クック[ストリングスホテル 東京インターコンチネンタル総支配人]
PROFILE
ニュージーランド出身。〈ヒルトン オークランド〉やニュージーランド観光局でセールス&マーケティングに従事した後、ニュージーランド、イギリスのラグジュアリーホテルでマネジメント職を歴任。2012年に来日し〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉〈ヒルトン東京〉を経て、’17年8月より〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人に就任。高校時代に交換留学生として日本への留学経験がある。


最愛の人への手紙



リオンとチエコへ

最初の赤ちゃんの誕生をお祝いします!
幸せを祈っています。

̶̶ネイザン


文字の流れや擦れ具合が味わい深い!

「実は高校時代に、交換留学生として1年間日本に留学していたんです」と流暢な日本語で話しはじめたのは〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉の総支配人、ネイザン・クック。留学中は漢字を美しく書きたいという一心で、習字教室にも通っていたのだとか。

「習字と万年筆には少し似た部分がありますよね。筆跡の流れや文字の擦れ具合、インク(墨)の濃淡など、どちらも手書きならではの味わいがあると思います。個人的には、あまり崩すことなく、クラシカルな正統派の文字が好みです」

ニュージーランドで生まれ育ったネイザンは、万年筆愛好家だった父の姿を見て、幼い頃から万年筆に慣れ親しんできた。といっても万年筆マニアではなく、あくまでアイテムのひとつとして使用してきた。そしてホテルマンとなってからは、万年筆はより欠かせないものに。

「大切なお客様に手書きのカードやメッセージを贈るのは、総支配人の大切な役目です。ほかの筆記具でも悪くないのですが、やはり万年筆で書いた文字の質感がホテルにはふさわしいと思います。特別な仕事がなければ、毎日午後4時からが万年筆タイム。万年筆を握ると自然と気持ちが引き締まるし、いい気分転換にもなります。忙しい業務の中で、貴重なリセット&リラックスタイムです」

万年筆を選ぶ基準にはそれほどこだわらないというものの、ネイザンの好みはあくまでクラシックスタイル。これに軽さやタフさ、書きやすさといった機能の一貫性を求める。さらにはちょっとした思い出があると、万年筆にさらに愛着が湧いて手放せなくなるという。

「毎日万年筆を使っていると、それぞれに思い出ができます。時間をかけて書いたぶんだけ、相手にも思い出が刻まれるのではないでしょうか。万年筆を使う時間は仕事や生活の中でわずかなものですが、そうした思い出というか手触りのような感覚が、デジタルにはない魅力です。単純に使っていて心地いいんです!」


愛用の万年筆
カスタム74/パイロット





見た目は正統派なのに、
驚くほどタフで使いやすい!


昔の上司からプレゼントされたというコチラは、ネイザンが最も長く愛用している1本。少々乱暴に扱っても、故障やインク漏れもなく、書き味もすこぶる快調とのこと。万年筆の王道を行くようなクラシカルな佇まいも気に入っているそう。ペン先は極太字のBBだ。

ロードスター ドゥ カルティエ
/カルティエ





特別な時間に使用する
お気に入りの1本!


1950 ~ 60年代のカーレースの世界をモチーフにしたシリーズ。ブラックボディにパラジウムでフィニッシュが施されている。ネイザンはキャップトップに配されたブルーサファイアが気に入って自ら購入。契約書へのサインなど、特別なときに使用するとのこと。


服はシックに、
小物で遊ぶのがネイザン流!



ファッションは基本的にブラックスーツ×白シャツ×ブラックタイのモノトーン。そのぶん小物で大人の遊び心を取り入れる。この日のタイはブラック×グレーのバイカラー。カフスはあざやかなマルチカラー。ともに〈ポール・スミス〉。時計は〈ロンジン〉のマスターコレクション。

万年筆のバックアップ用として〈モンブラン〉のボールペンも併用。無駄がなく、クラシカルなデザインの〈モンブラン〉はネイザン好み。ほかに万年筆を2本所有する。


COMPANY DATA

THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO[ストリングスホテル東京インターコンチネンタル]
駅直結の好アクセスと最上級のくつろぎを!
26階ロビーには最上階まで広がる吹き抜けと回廊があり、都会の喧騒からかけ離れた静寂の空間が出迎えてくれる。客室は、東京の景観が楽しめる大きな窓に上質な木材をふんだんに取り入れた優しい造り。日常の緊張感から解放される安らぎのひとときを堪能できる!

Information

雑誌Safari1月号 P276・277掲載

写真=川上 守 文=真下武久 photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
1月15日から22日までの期間限定!〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!
PR
2019.01.15

1月15日から22日までの期間限定!
〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!

1月15日から22日の1週間、阪急メンズ東京1Fのエントランススペースに〈テスラ〉モデル3が展示される。

TAGS:   Cars
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ