Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
1着めの長丈コートならシンプル顔のチェスターを!

2017.12.08
ラブレス
LOVELESS

アウターが主役になるこの季節。いつも同じものでは芸がなくてツマラナイ男に見えてしまうかも。そこで〈ラブレス〉のチェスターコート。いつもと違う長丈でも、シンプル顔なら取り入れやすいはず。

スタイリッシュで都会的な印象を演出できるチェスターコートは、街で大人が着るのにちょうどいい。ただ、男っぽいアメカジスタイルが好きな人には、デニムパンツなどに合わせやすい腰丈の武骨なアウターのほうが人気。きっとそんな人には、真面目すぎる印象がある長丈アウターは苦手意識があるのでは? でも、いつものデニムスタイルにも簡単に合わせられるようなチェスターがあれば、普段より大人っぽい雰囲気も出せて着こなしの幅も広がるはず。

そこで、〈ラブレス〉のチェスターコート。テイラードジャケットを長い着丈にしたベーシックなデザインで、王道ともいえる形。長丈コートだと全身のバランスが悪く見えないか心配になるが、ウエストやポケットの位置が高めなので、スタイルをよく見せてくれるのもいいところ。また、見た目がカッチリとしているから合わせにくいのでは? なんて心配も無用。少しドレスアップしたい日はジャケットにデニムなんて着こなしをするはず。それと同じ要領で“こなす”と考えれば大丈夫! カラーはグレーとキャメルの装いに馴染みやすいベーシックな2色。この色ならば装いの邪魔せずに、ワル目立ちすることもない。たとえば、白Tにダメージデニムといったシンプルな着こなしにも、このチェスターならOK。冬アウターの定番ともいえるダウンジャケットでラフなスタイルもいいが、印象を変えたいなら、このチェスターに替えるといい。同じ装いでも簡単にぐっと都会的で大人っぽい印象に仕上げて、スタイルもよくみせてくれるはずだ。

さて、こんな長丈コートでデートに出かけるとする。「今日はなんだかいつもより大人っぽくて素敵♡」と彼女をハッとさせることができるかも。というわけで、はじめてチェスターをワードローブに加えるならシンプル顔がいいってこと。

スタイリッシュな〈ラブレス〉のチェスターコートは、裾にかけてのゆるやかなAラインのシルエットなのが特徴。ラグジュアリーブランドを手掛けるような、テイラードを得意とする工場で仕立てているので、着用した際に着崩れることなく形をそのままに楽しめるはず。
各5万9000円(以上ラブレス/ラブレス プレスルーム)

INFORMATION

雑誌Safari1月号 P294掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ