Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
ドレスアップするときにも使える“艶黒”ブーツを1足持っている!?

2017.12.09
タトラス
TATRAS

誰もが1足は持っているであろうレザーブーツ。新たにワードローブに加えるのであれば、いつもの“味茶”ではなく“艶黒”なんてどう? ほどよく艶がある〈タトラス〉のこのブーツならきっと頼れる存在に!

男らしさを追い求めてしまうときには、どうしても武骨な味わいのレザーに頼りがち。たとえば、洋服でいうとレザーライダース、靴ならがっちりとしたフォルムのレースアップブーツがそう。お気に入りのデニムパンツにTシャツのシンプルな着こなしに、レザーアイテムを合わせると断然男っぷりが上がるのは想像せずともわかるはず。で、今回はブーツについて考えてみよう。いつものブルーデニムに合わせるとなると、やっぱり相性がいいのは味茶ブーツ。タフな印象があるので頼れる存在だ。ただ、味茶ブーツだと、ホテルのレストランへ彼女をエスコートするようなシーンでは浮いてしまうこともある。男らしいのはいいのだが、シチュエーション次第ではワイルドすぎて、男クサすぎるのがデメリットとなってしまうことも。というわけで、そんなときの救世主となってくれるブーツをここでご紹介。

それが〈タトラス〉のレザーブーツ。そう、“味茶”じゃなくて“艶黒”をワードローブに揃えてみては? という提案。ドレスシューズのような光沢感のあるガラスレザーを使用しているのでラグジュアリー感があるのが特徴。だから、いつものデニムに合わせてもドレスアップしたかのような印象になってくれ、ちゃんとした場所でも浮くことはない。しかも、黒スウェードをミックスしたデザインなので、デニムとの馴染みがいいし、男らしさもある。ただ単純に艶っぽいギラギラな黒ブーツだと、どこか夜っぽい印象になってしまいそうだけど、このブーツのようにマットなスウェードが部分的に入ることで、男らしさと品が、ちょうどいい塩梅になっているのがいい。

こんなほどよい“艶黒”ならいつもの“味茶”よりぐっとシックにキメる日に活躍してくれるのは言わずもがな。さて、週末はこの“艶黒”ブーツでどこへ行く?


内側にはジップが付いており、ブーツにありがちな面倒な着脱も楽ちんなのがいいところ。しかも、そのジップにもこだわりがあり、1936年にスイスで創業したジップメーカー“リリ社”の高品質なものを使用している。細部までこだわっているブーツは長く愛用できる1足になるはず。
8万7000円(タトラス/タトラス ジャパン)

INFORMATION

雑誌Safari1月号 P295掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ