Safari Online | サファリオンライン

COLUMN

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
ワイルドなランチコートも 大人の男は上品顔のデザインで!

2017.12.12
メンズビギ
MEN'S BIGI

寒さも厳しくなり、厚手のアウターが欲しくなる頃。アメカジを愛してやまない大人だったら、ランチコートも欲しいアウターのひとつ。ただ、ランチコートはちょっと武骨すぎという人も。そこで〈メンズビギ〉のこの1着に注目!

ランチコートといえば、アメカジアウターの定番。男らしい雰囲気が漂い、防寒性も抜群。そもそもランチコートのランチとは、昼食という意味ではない。ここでいうランチは、大牧場という意味を表すRANCH。つまり、牧場で働くカウボーイたちが防寒用のアウターとして使用していたのが、このコートのネーミングの由来といわれている。だから、当然ワイルド感はたっぷり。だが、このランチコート、あまりに本気のものだと野暮ったく思われることも。その理由は、裏地まで全面にあるモコモコした獣毛感にある。もちろん、そのオーセンティックさは悪いわけではない。それはそれで魅力がある。でも、都会で着るには、少し野生味が強すぎるのかも。それに、ラフでカジュアルな印象が強いだけに、男クサすぎると思われることだってある。だから、王道のものというよりは、都会でも馴染む洗練されたデザインのもので、大人っぽさを感じさせられるものがあればいい。

で、この〈メンズビギ〉のアウター。ランチコートをデザインソースにしたダウンジャケットだ。この表面の素材はウールギャバジンで光沢感がある。それに、前立て&ポケット口には、微光沢が特徴のサウスアフリカ産ラム革を採用している。だから、どこか艶やかで都会的な印象を感じさせる。それに、ご覧のとおり、ブラックのワントーンのカラーリングもぐっと洗練された雰囲気を醸し出している。これであれば、ランチコートならではの男らしさはほどよく残しつつも、野暮ったさは皆無。しかも、重厚な見た目とは裏腹に軽量かつ、保温性が高いという機能面も優れた1着なのだ。

ランチコートベースでほどよいワイルドさを感じさせつつ、ちゃんと品のあるアウター。これなら、都会で着たって馴染むし、大人にふさわしいはず。


ウールギャバジンのアウトシェルに、襟はスペイン産のメリノムートン。前立て&ポケット口はラム革を用いている。武骨な印象になりがちなランチコートを、上質なウール、ムートン、ラムレザー、そしてダウンを使って、ラグジュアリーな雰囲気に仕上げた1着。光沢感があり、艶やか。
8万9000円(メンズビギ)

INFORMATION

雑誌Safari1月号 P298掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ