Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.04.12

この映画にムネアツ!
『パシフィック・リム:アップライジング』/『さよなら、僕のマンハッタン』

セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは?“ジョン・ボイエガがアクション俳優として覚醒‼”
『パシフィック・リム:アップライジング』

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を獲得したギレルモ・デル・トロ監督が、日本の特撮作品への愛をたっぷりと注ぎこんだ『パシフィック・リム』。その続編がいよいよ公開される。今回、デル・トロ自身は製作にまわったものの、怪獣や日本文化へのリスペクトは引き継がれ、前作以上の仕上がりになっている。地球の存亡を賭けて、東京、富士山を舞台にKAIJU対イェーガーの超ヘビー級バトルが勃発する!



前作から10年後を描く本作。主人公は、先の大戦で活躍した英雄ペントコストの息子ジェイク。このジェイクを演じるのが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で名を馳せたジョン・ボイエガだ。まだ26歳の若手俳優で、しかも製作費が1億ドルを超えるビッグバジェット作品の主演は今回がはじめて。しかしながら、臆することなく堂々と演じ切っている。



これまでのジョン・ボイエガといえば、『スター・ウォーズ』シリーズでは並みいるキャラクター陣の後塵を拝し、突出した魅力を発揮できずにいたのだが、今回は大違い! 直情的だが正義感があるジェイク役は、彼の特長を見事に引き出していて、アクション俳優としての才能を覚醒させたといっても過言ではないほど。これまでアクション俳優の若手スターがなかなか出てこなかったハリウッドだが、スクリーンで躍動する彼に、待ちに待ったスターがついに誕生した!と胸躍らせる人も多いはずだ。



さて、本作での日本文化へのリスペクトは演出の面からも感じられる。日本人だからこそ思わずニヤリとしてしまう妙味があるのだ。というのも、日本のアニメや戦隊ヒーローからインスピレーションを得たのではないかと思われるシーンが随所に登場するから。地球侵略を目論むKAIJUと国際防衛組織の人型巨大兵器イェーガーがクライマックスで激突する地は、なんと東京! 巨大ビルが建ち並ぶ近未来の街並みもさることながら、そこではあの“RX₋78₋2ガンダム”が、一瞬だけだが登場するので、そちらにも是非注目してほしい!



●『パシフィック・リム:アップライジング』
製作/ギレルモ・デル・トロ 監督・脚本/スティーヴン・S・デナイト 出演/ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド 配給/東宝東和
2018年/アメリカ/上映時間111分

4月13日より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
 

NEXT お次は『さよなら、僕のマンハッタン』

2/2PAGE


物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは?“年上女子に憧れる男子的共感度が高し!!”
『さよなら、僕のマンハッタン』


なんとなく胸が締めつけられる予感がする、このタイトル。原題の「The Only Living Boy in New York(=ニューヨークの少年)」は、サイモン&ガーファンクルの名曲だ。「サウンド・オブ・サイレンス」「明日に架ける橋」ほどメジャーではないが、彼らのファンなら絶対に愛して止まない切ないメロディの、隠れた名曲だ。今作は、その曲から生まれた脚本を映画化したもの。歌詞とストーリーは一致していないが、主人公の名前=トムは歌詞と同じである。



大学を卒業するも、将来の進路に悩むトーマス(トム)には、想いを寄せる女性がいるが、彼女にはすでに恋人がいる。ある日、トムは父に愛人がいることを知る。その愛人を追いかけるうち、トムも彼女に惹かれていく……。と、なにやら妖しくも危険な香りが立ちこめる展開。若いトムが経験豊富な年上女性に翻弄されつつ、それでも自分を大人っぽく見せようとするプライドなどが描かれ、男子的共感度の高いストーリーになっている。



監督を務めたのは、『(500)日のサマ—』などのマーク・ウェブ。そういえば『(500)日のサマ—』の主人公もトムだった。そしてこの『さよなら〜』の主人公はトーマス・ウェブ。偶然のつながりだが、監督の分身のように感じてしまう。『(500)日のサマ—』や前作の『gifted ギフテッド』もそうだったが、ウェブ監督の作品は、使用楽曲やスコアと、物語、あるいは作品のムードとのリンクを重要視する人。“音楽あるある”ネタで楽しませてきた。今回もサイモン&ガーファンクルや、ボブ・ディラン、ルー・リードなどの曲が使われるのだが、タイトル曲以外は、これみよがしではなくサラッと流れる感じ。そこが妙に心地よい。



全体にストーリーもあっさりとしている。盛り上がりそうで盛り上がらない。ではつまらないかといえば、そうではない。この映画の魅力は“小説”に似ているかもしれない。一度めはなにげなく通りすぎた描写やセリフが、次に観たときには胸に深く突き刺さることがある。好きな小説を読み直したときの“発見”のような感覚……。

主人公を含め、何人かの登場人物が文章に関わる人生を送っているせいか、あちこちに小説的な至言がちりばめられ、それが時間とともに熟成されて胸に迫ってくるのだろう。「人生に身を委ねろ。窓を見つけて、飛び出せ」、「世界で最も長い距離は、現実と理想の間に横たわっている」、などなど。もちろん1回観ただけでも、サラリとした印象が静かに心にしみわたる、不思議なテイストの1作である。



●『さよなら、僕のマンハッタン』
製作総指揮・出演/ジェフ・ブリッジス 監督/マーク・ウェブ 出演/カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン 配給/ロングライド
2017年/アメリカ/上映時間88分

4月14日より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ