Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.04.16

話題のクルマを品定め!
メルセデス・ベンツ E 220d ステーションワゴン アヴァンギャルド スポーツ

 今、輸入車業界において、ディーゼルエンジン車ブームが来ているの、知ってます? 現在、JAIA(日本自動車輸入組合)調べによれば、実にディーゼル乗用車は年間販売台数の2割を超える。その勢いは破竹といってもイイんです。さてここで、読者諸兄のトリビアネタのために、ちょっと社会派なエピソードを紹介したい。

ディーゼル車が増えている!
 

ほんの数年前まで、日本ではガソリンエンジンの乗用車しか販売が許されていなかったのはご存知のとおり。それはなぜかというと、現在日本に敷かれている排ガス規制が、世界トップクラスの厳しいモノだから。ディーゼルエンジンは構造上、ソレに適合させるのがとても困難だったため、なのだ。

しかし、現在はあらゆる環境対応技術が進化し、まさに黒船がごとく新生代の“クリーンディーゼル”搭載車がどかどかと海を越えてやって来ている。クリーンディーゼル車は、輸入車が必要とするハイオクガソリンよりもはるかに安価な“軽油”が燃料。そんなエコノミーな面と、豊かなトルクからもたらされるガソリン車にはない” 踏み心地“がウケにウケ、瞬く間にインテリジェントな選択肢として普及しているというワケ。

で、当時、時代の先陣を切って黒船となったのが、まさに世界のベンチマークである〈メルセデス・ベンツ〉。以降、同社は魅力的なディーゼル車を多くラインナップさせている。今回はそんな中からの1台をオススメしたい。〈メルセデス・ベンツ〉の中核を担うEクラスのワゴンバージョン、E 220 dステーションワゴンアヴァンギャルドスポーツだ。


 

NEXT ステーションワゴンの魅力とは?

2/2PAGE

 

サーフボードも楽勝で積載可能!

 「あのコンサバなEクラスなんて、『Safari』に似合わないんじゃない⁉」な~んて思うなかれ。セダンこそ、むしろSクラスよりも保守的なEクラスだけど、ステーションワゴンは印象一転。ルックスも、そして使い勝手の面からも断然ワイルドでかっこいいのだ。




〈メルセデス・ベンツ〉ならではの威厳と佇まいは全く犠牲にしていないのに、荷室は広々、シートアレンジも多彩。これなら海に山に、ギア満載で欲張りに出掛けられる。サーフボードだってお手のものだ。Eワゴンでサーフィンなんて、最高にクールじゃない⁉





やっぱり唸るのはEクラスの内装!

かと思えば内装は、「さすがEクラス!」な、硬質な世界観が展開される。最新のインフォテイメントは使い勝手はもちろんのこと、フォントも美しく、デザイン的にも優れている。室内の間接照明は好みの色に変更可能だし、なんと、車内を香りで満たすディフューザーも装備されていて、う〜ん、ロマンティック! 外装のワイルドさ×内装のエレガンス、まさに最高のギャップ萌えなのだ。







そして、なんと言っても最高なのが、ディーゼルエンジンからもたらされる圧巻の走りの楽しさ! 重量のあるボディをディーゼルエンジンのトルクがグイグイと押し出す。
ガソリン車にはない、えもいわれない魅惑的な加速感を是非体感してほしい。また、他メーカーのディーゼルエンジンをご存知の方ならさらに、〈メルセデス・ベンツ〉のディーゼルエンジンの圧巻の静粛性と制振性に驚くはずだ。これなら彼女と思い切って超ロングドライブだって苦じゃない。むしろどこまでも走りたくなっちゃうかも!

Information

●メルセデス・コール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23 NEW

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ