Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.05.02

この映画にムネアツ!
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『ホース・ソルジャー』

物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは?“悪女トーニャを好きになる!?”
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

1994年、リレハンメル冬季オリンピックの直前、全世界を騒然とさせたニュースが流れた。フィギュアスケートのアメリカ代表選考を前に、有力選手が何者かにヒザを殴打される。その事件にライバル選手が関わっていた……というのだ。加害者側に立たされたのが、トーニャ・ハーディング選手。あの伊藤みどりに続いて、女子選手として2人めのトリプルアクセル成功者となった実力の持ち主である。事件の顛末とともに、彼女の人生に迫った本作は、観る者に強烈なインパクトを残す。



この作品、登場人物たちはことごとく“問題アリ”なのである。まずトーニャ・ハーディング本人。自分の得点に不満があれば、ジャッジにクレームをつける。フィギュア選手としてありえない行動もへっちゃら。それくらい自己主張が強い。その彼女を育てた母親は文字どおりの“鬼母”(演じたアリソン・ジャネイはアカデミー賞助演女優賞を受賞した)で、何度も別れてはヨリを戻す元夫は、すぐにキレてトーニャに暴力をふるう。その元夫の友人は、「諜報機関の仕事をしている」と平気で嘘をつく、絵に描いたようなダメ男。ライバル選手、ナンシー・ケリガンの襲撃は、元夫とこの友人が発端になるのだが、計画の無茶苦茶さは笑ってしまうほどだ。



ストーリーはシビアなのに、要所で笑いを誘うのが本作の魅力だろう。軽いユーモアからブラックなテイストまで絶妙に盛りこまれ、作品のテンポを加速する。さらに事件から何年も経った後という設定で、トーニャら主要人物が当時を回想するシーンが挟みこまれる。演じているのは各キャストなのだが、まるで本人が語っているかのように演出され、ドキュメンタリーを観ている感覚に陥るのだ。それも本作のマジックのひとつ。



そしてなにより驚かされるのは、トーニャ・ハーディングを演じたマーゴット・ロビーだ。もちろん氷上でのジャンプやスピンなどは映像処理されているが、トーニャの腕の動きや演技後の堂々とした表情を“完コピ”。フィギュアスケートファンも感動させる。マーゴットは映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役でも強烈なキャラに愛らしさを絶妙にまぶしており、事件当時、“悪女”として世界を騒がせたトーニャ・ハーディングに、人間味を与えることに成功した。傲慢で、自分勝手で、気性が荒いという、近くにいてほしくない人物が、映画を観終わった後、ちょっぴり好きになっているはず!



『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
監督/クレイグ・ギレスピー 出演/マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、ジュリアンヌ・ニコルソン 配給/ショウゲート
2017年/アメリカ/上映時間120分

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
©2017 AI Film Entertainment LLC
 

NEXT お次はクリス・ヘムズワースの『ホース・ソルジャー』!

2/2PAGE

 
セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは?“クリス・ヘムズワースに漂う絶対的信頼感”
『ホース・ソルジャー』


映画好きならば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、すでに鑑賞済みか、このGW中に見る予定を立てていることだろう。もはやクリス・ヘムズワース=雷神マイティ・ソーというイメージは確立されていて、そのためソー以外の役柄にも英雄としての絶対的信頼感をついつい感じてしまう。本作ではその印象がさらに強くなることだろう!



2001年9月11日同時多発テロが起こった直後、最初に対テロ戦争の最前線へと向かった12人の米陸軍特殊部隊の活躍を描いたこの作品。2009年に発表されベストセラーとなった同名ノンフィクション小説を映画化したもので、つまりは本作で起こった出来事はすべて実話ということだ。



クリス演じるミッチ・ネルソン大尉は陸軍の内勤への転属が決まっていたところ、テロ勃発により現場復帰を決断。しかも、戦闘の最前線を希望し、アフガニスタンへと飛ぶことになる。現地では、信頼を置けぬ軍閥との共同作戦、険しい山岳地帯であることから不慣れな乗馬での移動、敵タリバンの激しい抵抗……、と苦難が次々と待ち受けることに。



そこに実は、ネルソン大尉は実戦経験がないという、とっても不安になる要素が追加される。こうなると観ているこちら側は、危なっかしいリーダーが率いる部隊の先行きを不安に思いバッドエンディングさえ想像するもの。けれどもクリス=ソーという印象づけがあるから、どんなに窮地に陥っても安心した気持ちで観ることができる。これにより、観客は軍閥が途中で隊を離脱したり、味方に負傷者が出て不利な状況になっても、その後の反撃をひたすら心待ちにすればよいってわけだ。“決してやられない”という、トム・クルーズやシルベスター・スタローンのようなアクションスターには必須の魅力を備えたクリス。ますますヒーローを演じる機会が多くなるに違いない!



『ホース・ソルジャー』
原作/ダグ・スタントン 製作/ジェリー・ブラッカイマー 監督/ニコライ・フルシー 出演/クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ 配給/ギャガ
2018年/アメリカ/上映時間130分

©2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!
PR
2018.05.31

〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!
シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!

着こなしがシンプルになりがちな夏カジュアルは、ロゴアイテムに頼るのもひとつの手。でも、どんなブランドを選んだらいいかわからない、って人も多いはず。そんな悩みも、セレクトショップ〈ティーワイ〉に行けば解消! 新しい価値観でセレクトされたブラ…

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!
PR
2018.05.24

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!
夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!

夏のトビラもすぐそこ。この季節の手元のお洒落にはやっぱり、爽やかさが必要不可欠。

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!
PR
2018.05.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2
彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!

波が落ち着いた午後は、彼女とゆったりSUP(スタンドアップ・パドルボード)をするのも楽しいひととき。パドルを手に歓喜する彼女をしっかりサポート。「海の男は頼れるわ♡」な~んて言わせたら、これほど嬉しいことはない。そんな海好き男を、さらにた…

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!
PR
2018.05.24

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!
爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!

夏のカジュアルをぐっと大人らしく見せたいなら、デザインはもちろん、季節にふさわしい爽やかな素材感にもこだわりたい。

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!
PR
2018.05.24

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?
夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!

サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは男らしさが出ない。サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは…

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる
PR
2018.05.24

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで
大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる

バッグを持つほど荷物がない外出の場合、どうするのが得策なのだろう。まさか上着やパンツのポケットを、パンパンにするわけにもいかない。そこで頼りになるのが、〈グラマス〉のオーガナイザー。財布以上、クラッチバッグ未満の絶妙な収納力が、使い勝手に…

NEWS ニュース

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ