Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.06.04

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語 Vol.42
『地下街の人びと』 × SF

地下室や暗いアパートが根城であるところから、“地下の人びと”といわれる人間たち。本作は、そんな彼らを主人公に、1950年代のサンフランシスコを舞台にしたある恋の物語。



酒とドラッグとセックスに酩酊する
男女の刹那的な愛を描くビート小説!


刹那的だけど、情熱的だった恋の炎が消えたときビートジェネレーションの旗手、ジャック・ケルアックの胸に去来した感情とは一体なんだったのだろうか? 躍動する主人公たちの動きに、言葉にそして思考に、当時のSFの街の雰囲気も十分に感じられる作品だ!

自らの放浪紀行でもあり私小説的な側面を持つ『路上』で知られるビートの寵児、ジャック・ケルアック。

よく耳にするワードだが、そもそも“ビート”とはどんな概念なのだろうか?諸説、あるいは解釈の違いこそあるが、1950年代の半ばから既成の社会から酒やドラッグ、音楽の力を借りて解脱するボヘミアン的な生き方、およびその思想とするのが一般的だ。そして、“ビート”の語源は“BEATIFIC”(至福を与える)や、ジャズで用いられる“BEAT”(拍子)と考えられている。  今月紹介する『地下街の人びと』ではまさに、モダンジャズの原型であるビバップスタイルの創世者の1人、チャーリー・パーカーの存在がある。物語の舞台はサンフランシスコ、ノース・ビーチ地区。パーカーのヒップな演奏を聞いた夜に、主人公で作家のレオと黒人女性マードゥの恋が走り出す。「男ってクレイジーね。みんなエッセンスを欲しがるわ。女がそのエッセンスなの」という彼女の言葉とともに。

ただ、その恋路は複雑というよりも整合性がなく、文章的な区切りや物語の起承転結に欠けると切り捨てる評者も存在する。確かに極めて乱暴にいってしまえば、女にフラれる男、というだけの物語で、それをケルアックはよくいえば丁寧に、悪くいえば鈍行で綴っている。

しかし、誤解を恐れずにいえば、恋愛など所詮そんなものではないだろうか?

花束や指輪が登場するトレンディドラマが正しいのか? 恋愛には細密的なリアリティがあり常に文学的なのだろうか?

そう考えると、恋愛の本質は、きれいごとだけでは成立しない、嫉妬や不安や裏切りにまみれたドス黒い奔流である事実を突きつけられることになる。

それよりもこの作品で読み解くべき、堪能したい点は、どこまでも散文的で紡がれる言葉の数々、ラップの源流であるポエトリーリーディングだろう。「偉大な散文は詩だし、偉大な韻文は詩なんだ」

ドラッグでハイになっているのか、それとも正常なのか、読み手の判断は難しいが、それこそが多くのものをミクスチャーしたあの時代の特徴だろう。そして、狂っているといえば誰にも否定はできないが、その一方で、ビバップでヒップな『地下街の人びと』がクールだとされていた当時のサンフランシスコで、狂っていない人間など果たしていたのだろうか? そんな思考こそ、読者にとって最大の収穫のひとつなのかもしれない。

時代は異なるが、似たムーブメントはあらゆるところに存在する。作中を通した独特の倦怠感も共通だ。読みにくいと敬遠する人のために、英国でいうなら映画『トレインスポッティング』、ドラッグこそ登場しないが日本文学でいえば『苦役列車』などが似たような香りを感じる作品。そうたとえれば、これから読み進める一助になるだろうか?

Information

●『地下街の人びと』
ジャック・ケルアック 著 真崎義博 訳 新潮社 490円

雑誌Safari7月号 P199掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ