Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.06.14

誰かに話したくなる!北澤豪のW杯とっておきトーク 第1回
意外と難しいワールドカップの開催事情

本日6月14日の開幕戦から7月15日の決勝翌日まで、10回にわたりワールドカップに関するアレコレを語らせていただきます。これから1カ月間、是非お付き合いください!

さて、FIFAワールドカップといえば、4年に一度行われるサッカーの祭典ということはみなさんもご存じですよね。過去の大会から比べると、今のFIFAワールドカップはいろいろな側面が変わってきています。まず基本的に開催される国の10都市で試合が行われるのですが、その各都市には試合を開催できる規模のスタジアム(4万人以上収容)がちゃんとなければいけません。しかも開幕戦と決勝戦を行うスタジアムは8万人収容じゃないと開催が認められません。だから、実をいうと現状の日本では、1国だけでワールドカップを開催できないんですよね(笑)。

ロシア大会で開幕戦と決勝戦が行われるルジニキ スタジアム

観客数が多そうな埼玉スタジアム2002も6万4000人弱の収容人数だし、2002年のワールドカップ決勝が行われた日本最大級の日産スタジアムも収容人数は7万3000人弱しかありません。また地方の開催都市も4万人を収容できるスタジアムが必須。もちろん、大規模なスタジアムを作るだけでは、開催後に負の遺産として残ってしまうので、課題を残さないようにするなど、開催する国はある程度サッカーが“文化”として根付いていないといけないわけなんです。

もちろん、ワールドカップを開催するにはその国の政府の保証(国家元首の印)がないと開催できません。だから大会としては、実をいうとオリンピックよりも規模が大きいのです。今回の開催国であるロシアは国のステータスを上げようとして、ソチオリンピックとともに国を挙げて誘致しました。そのことからも、国の威信がかかっているのは一目瞭然。たとえば今の日本だと、そういった大規模なスタジアムを作るには、国の予算だけでは難しいですね。一般企業の協力がないと厳しいと思います。

また2022年のカタール大会以降は、出場国が32カ国から48カ国に拡大する方針を打ち出しています。ワールドカップに出場することでその国の経済が動くので、その出場国の経済を豊かにしたいというFIFAの狙いがあるのかもしれませんね。ペレ(ブラジル)やマラドーナ(アルゼンチン)などのスーパースターが生まれるなど熱いドラマが繰り広げられる一方、開催国の経済が大きく発展するワールドカップ。スポーツビジネスという違った側面から観ても面白いのかもしれませんね。

次回は、日本代表の初戦、日本対コロンビア戦に関してアレコレ語って行きたいと思います!

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ