Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.02

誰かに話したくなる!北澤豪のW杯とっておきトーク 6回め
決勝トーナメントで加速するスターの世代交代

グループリーグを突破した強豪同士がぶつかり合う決勝トーナメントがスタートしましたね。

なんといってもアルゼンチンVSフランスの試合。これぞワールドクラスという躍動する試合となりました。その中でもフランスFWのムバッペは圧巻でした。現在、世界最高峰の選手のひとり、メッシも2アシストで意地を見せましたが、スターの世代交代を暗示させるような結果になりましたね。またクリスティアーノ・ロナウドもウルグアイの強固なDFに動きを封じられ、本来の活躍ができないまま、大会を去ることになりました。

とてつもないスピードのドリブルで幾度も好機を作ったFWムバッペ。アルゼンチン戦では2得点にPKの獲得と大暴れ。観客に新しいスターの誕生を印象づけた
 

NEXT 僕ならドリブルしていたかも!

2/5PAGE

 
さて、我らが日本代表も予選突破の確率は限りなくゼロに近いといわれながらも、格上のチームを相手にグループリーグを突破しました。大会2カ月前に監督に就任しながらもして、決勝トーナメントに進めたということは、西野監督もよくチームを立て直して、まとめ上げたなと思います。選手の力も大きいと思います。まぁ、ポーランド戦に負けて、勝ち上がり方には賛否両論がありますが、ポジティブに考えていいと思います。コロンビアVSセネガルの結果に運命を委ねるという大きな賭けに勝って、決勝トーナメント進出という成果を上げているわけですから。ただ、会場の大きなブーイングを聞いてもブレなかった西野監督と選手たちも褒めてあげたいですね。僕がもし、試合に出ていたらしびれを切らしてひとりでドリブルしていたと思いますよ(笑)。

今大会から初めて導入された“フェアプレーポイント”で勝ち抜けた日本。イエローカードは1ポイント、イエローカード累積での退場は3ポイント、レッドカード1発退場は4ポイントとされている
 

NEXT “走る冷蔵庫”を抑えろ!

3/5PAGE

 
そしていよいよ、今夜、ベルギーと対戦します。FIFAランキングは第3位で欧州予選を9勝1分け、43得点6失点という圧巻の成績で突破してきた強豪です。キープレーヤーは嫌になるほどたくさんいますね(苦笑)。FWには7カ月前の親善試合でも得点を奪われたマンチェスター・ユナイテッド所属のロメル・ルカク。この選手は身長も高くフィジカルも強いうえにスピードもある、なんでもできる選手。“走る冷蔵庫”といわれるほどなので、とにかく日本のDF陣は、このルカクをどう抑えるかがカギとなってきます。

190cm、94kgと巨漢ながらスピーディな動きができるFWロメル・ルカク。チュニジア戦で足首を痛めて途中交代し、イングランド戦も欠場。マルティネス監督は完全回復をアピールしているが……
 

NEXT アザール!デ・ブライネ!

4/5PAGE

 
そして、中盤にはドリブルで仕掛けられたらやっかいなMFエデン・アザールもいます。彼も自由にすると危険な選手なので、マークを受け渡すなどして、どうにかして抑えてほしいですね。その後ろに控えるのはゲームメーカーとして、プレミアリーグのマンチェスター・シティでも名を馳せるMFケビン・デ・ブライネ。ここから出てくるパスは決定的なものになるので、彼からのパスをどうやって正確に出させないようにプレッシャーをかけるかが重要ですね。しかも、グループリーグ第3戦では彼らを含むレギュラーメンバー9人を休ませながら、イングランドに勝利。フレッシュな状態で日本戦に臨んできますから、ひとりひとりが走り負けないようにすることが大事になりますね。

グループリーグ3試合で9得点をあげたベルギー代表。これは出場国32チーム中最多。ルカクら3戦めを休んだメンバーは中8日をあけて、休養十分で日本戦に挑んでくる
 

NEXT 歴史を変えろ!

5/5PAGE

 
とにかく、日本代表もここまで勝ち上がってきたのですから、歴史を変える覚悟で頑張ってほしいですね。勝敗の予想は2-1で日本といいたいところですが、1-1でPKまでもつれこみそうな感じがします。優勝候補のスペインをPKで破ったロシアを見ても、可能性はゼロではないですから、初のベスト8を目指して死力を尽くしてほしいです。何が起こるかわからない今回のFIFAワールドカップ2018ロシア。日本がまた奇跡を起こしてくれることを信じています!

ドン川の下流に広がる都市ロストフ・ナ・ドヌにあるスタジアム、ロストフ・アレーナが日本VSベルギー戦の舞台。今大会のために建設されたもので、約4万5000人の収容が可能。大会終了後は縮小予定だとか

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ