Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.11

この映画にムネアツ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』『テイク・エブリィ・ウェーブ』

あの恐竜たちが再び大暴れする『ジュラシック・ワールド/炎の王国』と、伝説のサーファー、レイアード・ハミルトンの半生を追ったドキュメンタリー『テイク・エブリィ・ウェーブ』を紹介!

物語で選ぶ編
ムネアツなポイントは?“スペクタクル感が半端ない!”
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

1993年、スティーヴン・スピルバーグ監督による『ジュラシック・パーク』は、CGでリアルな恐竜を描いたことで、映像革命を起こした1作。日本でも年間興行収入No.1を記録した。そして3年前。その新たなシリーズの幕開けとなった『ジュラシック・ワールド』は、またしても日本で年間トップの大ヒット。今作はその続編とあって、夏休み最大の話題作なわけである。


 

NEXT 恐竜島が大噴火!

2/9PAGE

 
前作のラストシーンで、恐竜たちのテーマパークは完全崩壊。パークを訪れる観光客でにぎわったイスラ・ヌブラル島は、恐竜たちが自由に闊歩する世界と化していた。しかしその島で火山が大噴火の兆しを見せる。貴重な恐竜たちを保護するために島に乗りこんだ人間たちは、火山の猛威と恐竜たちの暴走と闘わなくてはならない。しかしその裏では陰謀劇も進んでいて、後半は思いもよらぬ展開が待ち受けることに……。


 

NEXT ジェットコースターのような快感が味わえる!

3/9PAGE

 
テーマパークの残骸も生々しい島で、次々と現れる恐竜たちの攻撃に、人間たちはなす術もない状態。しかし彼らの習性に詳しい恐竜調教師オーウェンらの機転で、ギリギリのサバイバルが続く。このあたりは予想どおりの迫力とジェットコースターのような快感が約束されている。火山の溶岩に近づきすぎるアクションなど、ツッコミどころを忘れさせるほど、とにかくノリは豪快の一言。オーウェンと、前作で恋の予感を漂わせたクレアに、新たな若いメンバーも加わるのだが、彼らのキャラも立っており、合間の軽妙なやりとりも楽しい。


 

NEXT スピルバーグ監督作を思い出す!

4/9PAGE

 
注目してほしいのは、前作とは全く違うスペクタクルの数々だ。冒頭からいきなり海中アクションで驚かせるうえ、遺伝子実験で開発された新種恐竜、インドラプトルが密室空間で人々を追いこむシーンは、前作とは別種のスリルをもたらす。スピルバーグが監督したシリーズの初期作品をも思い起こさせる演出だ。さらに前作と異なるのは、アニマトロニクスの使用。CGではない実物のモデルを操作するこのアナログな手法は、逆にパニック映画の王道を感じさせてくれる。どの恐竜に使われたかは、じっくりと確認してほしい。


 

NEXT クライマックスは驚きの展開に!

5/9PAGE

 
秘密を持った少女がキーポイントになる展開や、恐竜を金儲けに使おうとする者たちの末路、人間と自然の共生といったドラマも盛りこみながら、たどりつく結末には心からびっくり。すでに3作めの製作も決まっているようだが、このラストからどんな物語が作られるのか、早くも気になってしまう!



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
監督/J・A・バヨナ 脚本/デレク・コノリー&コリン・トレボロウ 出演/クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム 配給/東宝東和
2018年/アメリカ・スペイン/上映時間128分

7月13日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©Universal Pictures

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
 

NEXT お次は『テイク・エブリィ・ウェーブ』

6/9PAGE

 
セレブで選ぶ編
ムネアツなポイントは?“革新的サーファー、レイアード・ハミルトンの挑戦する魂に感服!”
『テイク・エブリィ・ウェーブ』



サーフィン好きならご存知のサーファー、レイアード・ハミルトン。本作は、彼の半生を追ったドキュメンタリー作品だ。抜群の腕前を持ちながら審査員にジャッジされるのを嫌がり、コンテストに出場することを拒否。ひたすらビッグウェーブ・サーフィンを求め続ける彼は、まさに命知らずの破天荒者。しかし、その生き様を観ているとその飽くなき挑戦スピリットと遊び心に刺激され、次第にワクワクさせられるはずだ!
 

NEXT 大迫力のビッグウェーブ・サーフィン!

7/9PAGE

 


レイアードが得意とするビッグウェーブ・サーフィンとは、ジェットスキーで沖合まで牽引してもらい、そこで生み出される15m超の大波に挑戦するというもの。誰もいない大海原で、とてつもなく高くて速い波を乗りこなす様は、観ているほうが怖くなるほどの大迫力! もちろん、その波に飲みこまれてしまうと無事では済まされず、大怪我を負ってしまう。映像ではそんな危険なシーンも収められていて、思わず息を呑んでしまうだろう。
 

NEXT 少年時代の体験が根底にある

8/9PAGE

 


ときとしてクレイジーと評される彼だが、その原動力は少年期のイジメ体験。ハワイで育った彼は、当時白人が珍しかったこともあり周囲から辛く当たられることが多かったそう。けれども、海の中では平等に扱われることに気づいたことでサーフィンへと傾倒。大波に挑むことで一目置かれた存在になっていった。今では、サーフボードに水中翼を付けたハイドロフォイルサーフィンに熱中しているのだが、心の奥底には少年時代と同じ思いがあるに違いない。
 

NEXT 誰でも楽しめるドキュメンタリー

9/9PAGE

 


パドリングで英仏海峡を横断するなどレイアードがしてきた無鉄砲な挑戦は、サーフィンと縁遠い人でもバラエティ番組を見るかのようなノリで楽しめるはず。彼の人生を追いながらも、サーフィンの歴史や米国人の価値観の変化などが語られているのも興味深いところだ。

『テイク・エブリィ・ウェーブ』
監督/ロリー・ケネディ 出演/レイアード・ハミルトン、ビル・ハミルトン、ガブリエル・リース、バジー・カーボックス 配給/レイドバック コーポレーション
2017年/アメリカ/上映時間118分

7月14日よりヒューアントラスト シネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
©2017 TAKE EVERY WAVE LLC

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ